温かくなってくると、赤ちゃんとおでかけする機会が増えてきます。

 

おでかけの時に、紫外線や日焼けについて気になったりしませんか?

 

紫外線は「夏になると強くなる」イメージがありますが、紫外線は冬の寒い季節でも降り注いでいます。

 

紫外線を多く浴びると、赤ちゃんのお肌トラブルになったりしますので、赤ちゃんの肌を守るためにも日焼け止めを塗って、紫外線を予防したいところですよね。

 

また、赤ちゃんの皮膚はデリケートなので、どんな日焼け止めを選ぼうか悩んたりもします。

 

そこで今回は、赤ちゃんの日焼け止めについて色々調べてみましたので、紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要?

赤ちゃん用の日焼け止めがドラックストアでも手軽に売られていますが、

 

「いつから日焼け止めを塗ったほうがいいの?」

「肌が荒れたりしないの?」

 

と疑問に思われるかたも多いかと思います。

 

赤ちゃんの肌は大人の肌よりも柔らかく、皮膚の厚さも薄いので、紫外線の影響を受けやすいです。

 

そのため、日焼け止めを塗ってあげないと、大人と同じようにシミやそばかすなどの皮膚トラブルや炎症が起きてしまいます。

 

なので、赤ちゃんとおでかけできるようになった時から、紫外線が強い日は日焼け止めを塗ったほうが良いです!

日焼け止めは冬でも必要なの?

紫外線は1年中降り注いでいますので、冬でも紫外線対策は必要です。

 

紫外線の量は5月頃から夏にかけて増えていき、寒くなるにつれて紫外線は少なくなってきます。

 

そのため、5月頃から9月頃までは、とくに紫外線に気を付けたほうが良い時期になります((+_+))

 

紫外線の多い時期は、帽子や羽織りものを一緒にお出かけ時に持っていくと重宝しますよ!

 

とくに頭皮は無防備な部分ですので、日焼け対策は重要です。

 

冬の寒い季節は長袖を着たり、帽子をかぶって防寒するので、長時間外にいる場合でなければ日焼け止めを塗らなくても良いかなと思います。

 

日焼け止めで肌が赤くなったりしたらイヤですからね・・・

 

面倒っていうのもありますけど(笑)

 

日焼け止めを塗る箇所は顔だけだと思いますので、日焼け止めを塗る場合は赤ちゃん用の日焼けでも成分の弱い日焼け止めを塗るぐらいで良いかと思います。

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶポイント

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶポイントというのをいくつかまとめてみました。

 

石鹸で落ちやすいもの

赤ちゃん用の日焼け止めに、「お湯で落ちやすい」などと書かれているものを選ぶと、肌への負担も少なく赤ちゃんにもオススメです。

 

「SPF」と「PA」の低いもの

「SPF」は紫外線による日焼けの炎症を防ぎ、「PA」は肌の老化の原因の紫外線を防ぐ効果があります。

 

これらは高い値であるほど紫外線防止の効果が高いのですが、その分肌への負担も大きくなっていきます。

 

また、汗などの水分に弱い性質があるので、適度に塗りなおさなくてはいけないというデメリットもあります(´・ω・`)

 

こまめに塗りなおせば、SPFやPAが高いものでなくても効果はあるので、低いからと言って「効果が薄いのでは?」と心配しなくても大丈夫です。

 

そのため、赤ちゃんには「SPF10~20」や「PA+」ぐらいの低めの値の日焼け止めを選ぶんだほうが良いですね。

 

余計な添加物が含まれていないもの

大人用の日焼け止めにはいろんなものが入っていたりします。

 

赤ちゃん用の日焼け止めとしては、アルコールフリー、防腐剤フリー、無香料、無着色などの表示記載がある日焼け止めを選べば、赤ちゃんの肌でも長い時間塗っておいても負担が少ないです。

 

虫除け成分も入っているもの

夏の暑い時期は日焼け止めと一緒に、虫刺され対策もしないといけません。

 

日焼け止めと虫刺されの薬が別々だと塗るのも大変なので、日焼け止めと虫除けの成分がどっちも含まれている日焼け止めを選ぶと便利ですよ。

 

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めは少しべた付くくらいにしっかりと塗ったほうが良いです。

 

薄く塗るとその分効果も少なく、汗ですぐに流れ落ちてしまいます。

 

また、日焼け止めは適度に塗りなおした方が効果が高いので、外にいる時間が長い場合は携帯用の日焼け止めで適宜塗りなおしてあげてくださいね!(^^)!

 

日焼け止めを塗った日は、成分を肌に残さないようにお風呂で石鹸を使ってよく流してあげてください。

 

肌に成分が残ってしまうと、肌に負担がかかり赤く荒れてしまいますので、とくに関節部分や脇、首元など成分が残りやすい部位は入念に洗ってあげてください。

 

それと、どんなに評判が良い日焼け止めでも相性がありますので、初めて日焼け止めを塗る時は少しだけ塗ってみて、赤くならないかどうか確かめておくことをオススメします。

日焼けで肌トラブルが起きてしまったら?

日焼け止めを塗っていても紫外線が強く、肌が真っ赤になってしまった・・・ということもあります。

 

日焼けするのは肌に炎症が起きていることが主な原因なので、少し肌を冷やすことで肌への火照り感やヒリヒリ感を和らげることができます。

 

しかし、これらはあくまで応急処置的な対応なので、日焼けが重度で水疱が出来てしまったりしたら、すぐに皮膚科を受診することをオススメします。

ポンプ式の日焼け止めが使いやすくてオススメ!

オムツ替えのときもそうですが、赤ちゃんに日焼け止めを塗ろうとすると、動き回ってなかなか日焼け止めを塗れないことが多いです。

 

日焼け止めが目や口に入ると大慌てです・・・

 

そんな時には、片手でも日焼け止めを出すことができる、ポンプ型の日焼け止めがとても便利です。

 

また、プッシュ型と違って最後まで使い切ることができるのも良いですね(*’ω’*)

 

自宅で日焼け止めを塗る時はポンプ式で、お出かけで持ち運びする時はチューブの日焼け止めというふうに使い分けると良いですよ。

 

 

日光浴しないと『くる病』になる?

日光を浴びること自体は、ビタミンDなどを体のなかで作ることを促す働きもあるので、とても良いことになります。

 

「くる病」という病気は、赤ちゃんの成長段階でカルシウムを骨にうまく使えなく骨が柔らかくなり、変形してO脚のような足になってしまう病気のことを言います。

 

かかとをつけてまっすぐ立ってみて、ヒザとヒザの間が3㎝以上あいていると「くる病」の疑いがあるそうです。

 

主な原因としては、

 

  • 母乳にビタミンDが少なく赤ちゃんに必要なビタミンDが不足している
  • 赤ちゃんのカラダの中でうまくビタミンDを作ることができない
  • 腎尿細管という組織に障害がある

 

と、さまざまです。

 

対策としては、適度な日光浴になるのですが、紫外線の量は昼間がピークなので、午前中におでかけすると良いですね。

 

夕方はちょっと日差しが弱いので、あまり日光浴ができないかと思います。

 

また、魚や卵には多くのビタミンDが含まれているので、アレルギーがなければビタミンDが豊富に含まれている食べ物を食べさせるのも良いですね。

 

くる病になってしまうと、長い時間をかけて治していくそうです。

 

なので、早期の発見・処置が大切になります。

 

偏ったものを食べさせていたり、あまりおでかけをされない方は、ちょっと注意したほうが良いですね。

 

病院に行く場合は、骨のことなので外科病院に行くと良いですよ。

まとめ

  1. 赤ちゃんも外出する場合は日焼け止めが必要
  2. 赤ちゃん用の日焼け止めは肌に負担が少なく洗い流しやすいものを選ぶ
  3. 日焼け止め効果を高めるために適宜塗り直すことが必要
  4. 自宅用は片手で出せるポンプ式がオススメ!
  5. 重度の日焼けトラブルは、皮膚科の受診を!
  6. 日光浴はビタミンDを作るのに必要。くる病にも気をつけて

 

紫外線は皮膚の弱い赤ちゃんには大敵です。

 

皮膚が大人と比べて薄いので、赤くなりやすく肌トラブルの原因になってしまいます。

 

日焼けを予防するためには、日焼け止めだけではなく、帽子や羽織りものなどと併用していくことにより効果を高めることが出来ますよ(*’ω’*)

 

また、しっかりと日焼け予防をした後は、きちんと洗い流すことも忘れないようにしてくださいね!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの日焼け止めで虫除け効果もあるおすすめのはコレ!

赤ちゃんの熱中症で注意する症状とは!水分/塩分補給やグッズで予防対策!

赤ちゃんが日焼けでほっぺが赤く!ぶつぶつ/発疹は正しい対処で戻る!

赤ちゃんが日焼けして肌が黒い!赤い肌より危険?日焼け対策は万全に!

Sponsored Links
Sponsored Links