歩き始めた赤ちゃんにファーストシューズをプレゼント!

 

けれど…「嫌がって履いてくれない」「靴が合っていないのかも?」こんなお悩みをお持ちのママはいらっしゃいませんか?

 

実は靴を嫌がる赤ちゃんというのは意外と多いので、心配しないでくださいね。

 

ここでは赤ちゃんが靴を履いて歩いてくれるようになるためのコツをまとめてみました。

 

あわせて靴を選ぶ際のポイントも紹介していますので、今まさにお悩み中、そしてこれから靴デビュー!というママ、ぜひ読んでみてくださいね!

Sponsored Links

 

赤ちゃんが靴を嫌がるのはなぜ?

赤ちゃんはどうして靴を嫌がるのでしょうか?。

 

難しく考える必要はなく、赤ちゃんの立場になって考えてみるとヒントが見えてきます。

 

今までは部屋の中で裸足(もしくは靴下)で快適に過ごしていた赤ちゃん。

 

それが突然、足に重い物体(=靴)をはめられたらどうでしょう。

 

足を突っ込まれて、さらに固定されて、自分の足が自由に動かない!

 

なんだか怖いと思いませんか?

 

赤ちゃんにとって、初めての靴は得体のしれない怖いものなんですね。

 

ですので、赤ちゃんが靴を嫌がってしまう場合は「大丈夫だよ。怖くないよ。」ということをしっかり伝えてあげましょう。

 

具体的には、いきなり靴を履かせるのではなくて、遊びの要素を取り入れて靴と触れ合ってもらうんです。

 

「いないいないばぁ!」などの楽しい声かけをしながら、赤ちゃんの足を靴に入れたり出したり。

 

そんな些細なことで大丈夫です。

 

靴を履くのは楽しいこと、という気持ちを覚えてもらいましょう。

 

ママが靴を履くところを見せてあげるのもいいですね。

 

大好きなママと一緒!と思うと、赤ちゃんも嬉しくなって靴に興味を示してくれるかもしれません。

赤ちゃんに靴を履かせるのはいつから?

赤ちゃんに靴を履かせる時期はいつからが良いのでしょうか。

 

これについては、あまり歩けないうちから無理に靴を履かせようとすると、赤ちゃんが靴自体を拒んでしまうこともありますので、ある程度しっかり歩けるようになってからがいいと思います。

 

部屋の広さにもよるので一概には言えませんが、だいたい部屋の端から端までを歩けるようになったら大丈夫かと思います。

 

ちょうど1歳頃になるかと思いますが、個人差があるのであまり月齢は気にしなくて良いと思います。

 

赤ちゃんの成長具合をしっかり見てから判断してあげてくださいね。

室内で練習して靴に慣れよう

1歳頃になるとある程度好き嫌いの意思表示ができるようになってきます。

 

そうなるとママの頑張りもむなしく靴に拒否反応を示してしまう赤ちゃんもいます。

 

それが心配な場合は、室内練習用の靴というものがありますので、本物の靴を履かせる前にそういったもので慣らしてあげるのもいいですね。

 

練習用の靴といってもいろいろな種類があって、我が家では“Baby feet”という底にラバーが付いた靴下タイプのものを使用したことがあります。

 

全体的に柔らかいため靴下の延長という感覚だったのか、嫌がらずに履いてくれましたよ。

 

そして、しばらく室内用の靴をを履いて練習したためか、本物の靴への移行もスムーズに行うことができました。

 

Baby feet が気になった方は見てみてください。

 

赤ちゃんが靴を履いて歩いてくれないのはどうして?

靴はなんとか嫌がらずに履いてくれけど、歩いてくれないんだよね…。

 

靴を嫌がることに次いでこんな悩みもよく聞きます。

 

先程と同様に赤ちゃんの気持ちになってみると、もしかして怖いのかな?という気がしますね。

 

靴に慣れていないため、靴を履いた状態で動いたらどうなるか分からない!という不安や戸惑いがあるのかもしれません。

 

そういう場合は靴という存在そのものに慣れさせてあげる必要があるので、しばらく靴を履かせたままおもちゃで遊んでみたり、お母さんが抱っこしてあげてお散歩したりしてみましょう。

 

目の前のことに夢中になると靴のことをすっかり忘れて、すんなり歩いてくれるかもしれません。

 

また、靴が重すぎるという可能性も考えられます。

 

赤ちゃんは私たち大人に比べて身体が小さいので、同じものでも重く感じてしまうんです。

 

靴が重くて足を上げられないのかもしれないので、もし心当たりがあるママは1度軽い靴でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

靴選びは必ず試し履きをしてサイズ確認

赤ちゃんの靴選びで重さとともに大切なポイントになるのが、しっかりフィットしたサイズを選ぶことです。

 

小さすぎると窮屈で痛く、赤ちゃんは嫌がってしまいます。

 

逆に大きすぎるとずれやすく、しっかり踏ん張ることができません。

 

必ず試し履きをして、赤ちゃんのその時の足の大きさに合ったサイズを選んであげましょう。

 

それと、赤ちゃんが大きくなるのはあっという間なので、早い段階から靴を準備しておくのはオススメできません

 

いざ履かせるとなった時にサイズが合わなかった…という体験談をよく耳にしますからね。(私もその1人です笑)

赤ちゃんの靴はどこで買う?専門店がおすすめ!

ファーストシューズを買うなら、できれば赤ちゃん・こども用の靴を専門に取り扱っているお店が良いです。

 

そういったところの店員さんは赤ちゃんの靴についての知識が豊富なことが多いので、正しいサイズの測り方やそれぞれの靴の特徴などを分かりやすく教えてくれますよ。

 

自分の赤ちゃんに合う靴はどれか、いろいろと相談に乗ってもらいましょう。

 

もちろん試し履きも忘れずに!

 

近くに専門店がないという方やネット通販で購入されるという方は、事前にしっかりと赤ちゃんの足のサイズを測っておきましょう。

赤ちゃんの足のサイズの測り方

自分で赤ちゃんの足のサイズを測ってみるという方のために、測り方のポイントをまとめました。

 

赤ちゃんを立たせる

座った状態と立った状態では足のサイズが大きく変わってきます。

 

必ず赤ちゃんを立たせて、足に体重が乗った状態でサイズを測るようにしましょう。

 

かかとを0に合わせる

メジャーとかで測る時は、かかと側に0(ゼロ)の目盛りがくるようにします。

 

かかとの先をしっかり0に合わせましょう。

 

足の1番長いところまでを測る

足の指で1番長いところまでの長さを測ります。

 

このとき、赤ちゃんの足が動いてしまわないように、手で軽く固定しながら測るようにしましょう。

 

ママとパパ2人ですると測りやすいですね。

 

また、足の指がしっかり開いているか(伸びているか)もチェックしてください。

 

このようにして足のサイズを測ったら、それに5mm~7mm程度プラスしたサイズが、今の赤ちゃんに適した靴のサイズの目安となります。

 

5mm~7mm長くするのは、つま先を自由に動かせるよう若干の余裕を持たせる必要があるためです。

 

目安として、月齢ごとの赤ちゃんの靴のサイズの平均はこちらになります。

 

  • 6ヶ月~1歳半:11~13cm
  • 1歳半~2歳:12~14cm
  • 2歳~3歳:13~15cm

 

ただし、赤ちゃんには個人差が大きいことと、同じサイズでもメーカーやブランドによって違いがあることにご注意ください。

赤ちゃんの靴の人気ブランドを紹介!

人気が高いファーストシューズをいくつか紹介します。

 

まずは言わずと知れたミキハウス

 

こども向けのブランドなので、可愛らしいデザインの靴が揃っています。

 

もちろん見た目だけなく性能もばっちりで、赤ちゃんが歩きやすい工夫がたくさん詰まっています!

 

 

次に、スポーツブランドとして人気のアシックスも赤ちゃんのファーストシューズを展開しています。

 

一流メーカーとして築き上げてきたスニーカー等の開発技術が、赤ちゃんの靴にも存分に発揮されています。

 

赤ちゃんの初めての靴を安心して任せられますね。

 

 

最後は、おしゃれさんに人気のニューバランスです。

 

もともと抜群の歩きやすさから若い世代を中心に注目を集めるようになったブランドで、それ赤ちゃんのファーストシューズも例外ではありません。

 

脱ぎ履きもさせやすいので、こどもたちの靴はニューバランスにしている方も多いです。

 

大人用の靴も豊富ですので、親子でおそろいの靴にしたりできますね。

 

 

これまでご紹介した3メーカー以外にもたくさんのブランドから赤ちゃんのファーストシューズが発売されています。

 

赤ちゃんの靴の選び方のコツは、デザインだけでなく性能もしっかり検討することです!

 

ぜひ赤ちゃんに合った素敵な1足を見つけてあげてくださいね。

 

まとめ

  1. しっかり歩けるようになってから靴を履かせてみる
  2. 靴を履くのは楽しいことだと教えてあげる
  3. 室内用の靴で慣らしてみるのもOK
  4. 重さとサイズが重要!試し履きは必ず行う
  5. 赤ちゃんの靴は専門店で買うのがおすすめ
  6. 足のサイズに5mm~7mmプラスした靴がジャストサイズ
  7. デザインと性能の両方から購入を考えてみる

 

赤ちゃんの靴で悩んでいるママにお伝えしたいのは、「今は嫌がっていても、靴を履いて歩いてくれる日は必ずやってくる!」ということです。

 

当たり前のことですが切羽詰まってしまうとついつい忘れてしまいますよね。

 

焦らず考えすぎず、ママも一緒になって楽しく靴デビューに取り組んでみてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんが歩くようになるのが遅いのはなぜ?早い子との違いとは!

赤ちゃんに靴下いつから?室内でも必要?サイズ違いで脱げる時の対処法とは!

Sponsored Links
Sponsored Links