赤ちゃんと一緒におでかけする時に、どうやって連れて行っていますか?

 

近い場所におでかけするときはベビーカーや抱っこ紐を使ったりしますが、少し遠いけど電車に乗るほどではない場合、自転車を利用している方もいるのではないでしょうか?

 

もちろん自転車に子ども用の椅子を装着して乗せることは可能ですが、あくまでそれはお座りができるようになってからが目安です。

 

まだお座りができない赤ちゃんはおんぶをしたりして自転車に乗らなくてはいけませんが、赤ちゃんにとっては安全とは言えません。

 

でも、どうしても自転車じゃないとダメい・・・ということもありますよね。

 

そこで今回は、赤ちゃんをおんぶして自転車を乗る危険性や正しいやり方について紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんをおんぶして自転車に乗っていいの?

実は自治体によって自転車のルールは違ってくるので、一概に「おんぶして自転車に乗ってはダメ」というわけではありません。

 

また、いつから乗って良いのかというのもありません。

 

各自治体の道路交通法施行細則を確認することになるのですが、OKな場合は「運転者は子守バンド等を装着し運転可能」などと書かれていたりします。

 

OKな場合でも、赤ちゃんをおんぶしたり抱っこしながら運転する自転車の事故が多いのも事実なので、できるだけ赤ちゃんをおんぶや抱っこして自転車に乗るのは控えたほうが良いです・・・

赤ちゃんをおんぶして自転車に乗っているとどんな危険がある?

赤ちゃんをおんぶしたり抱っこしながら自転車に乗った時の危険性についていくつか紹介します。

 

赤ちゃんの状態が分からない

胸の前で抱っこする場合であれば赤ちゃんの様子を確認することができますですが、おんぶだとイマイチ赤ちゃんの様子を把握することが難しいですよね?

 

泣いてくれれば良いですが、赤ちゃんは自分で「苦しい」「痛い」などを伝えることができません。

 

なので、万が一赤ちゃんの状態が悪くなっていたとしても気が付かないという危険性があります。

 

転落する危険がある

おんぶや抱っこをしているときに赤ちゃんの機嫌が悪いと、反り返って嫌がることがあると思います。

 

私もわが子が7ヶ月頃の時に、抱っこを嫌がって危うく抱っこ紐から落ちてしまいそうになってヒヤっとした経験があります。

 

おんぶも同じように、自転車を乗っている最中に反り返って嫌がりだしたら、バランスを崩してママも転倒したり、赤ちゃん自身が落っこちてしまう可能性もあるため注意が必要です。

できるだけ安全に赤ちゃんと自転車に乗るためには?

どうしても赤ちゃんを乗せて自転車に乗らなければいけない場面もあるかと思います。

 

その時に、できるだけ安全に赤ちゃんを乗せて自転車に乗るためのポイントを紹介します。

 

おんぶもできる抱っこ紐を使用する

昔ながらの紐型のだっこ紐は簡単なつくりになっていて持ち運びにはとても便利ですが、赤ちゃんをしっかり支える力が少し弱いです。

 

街なかで抱っこ紐をしている人の抱っこ紐メーカーを見てみると、エルゴの抱っこ紐が多いです。

 

中でも利点は男女兼用できるくらいの大きさと頑丈さです。

 

エルゴの抱っこ紐じゃないといけないというわけではないのですが、リュックのように赤ちゃんを包み込むことができるタイプの抱っこ紐はしっかりと赤ちゃんを支えることができるのでオススメです。

 

このような抱っこ紐は肩の紐部分が太いので、食い込みにくく肩が疲れにくいです。(赤ちゃんが大きくなると腰に負担がかかってきます)

 

ヘルメットを着用

首がまだ座っていない赤ちゃんにヘルメットを着けると首への負荷をかけてしまうので、ヘルメットは首が座ってからになります。

 

自転車に取り付ける専用の幼児椅子に座っている子どもも、自転車が倒れた時に備えてヘルメットは着用したほうが良いです。

 

赤ちゃんと一緒に自転車に乗るためのグッズを紹介

自転車の安全グッズも色々ありますので、オススメのものを紹介します。

 

0~4歳向けヘルメット

このヘルメットは綿でできていて軽いので0歳から着用できます。

 

プラスチック製に比べると少し柔らかいですが、首の負担が掛かりにくいので、小さい赤ちゃんをおんぶして自転車に乗る時は着用しておいたほうが良いですね。

 

 

ブリジストン製ヘルメット

一般財団法人製品安全協会がお墨付きのSGマーク認定されている日本製のヘルメットで、しっかりとカバーしてくれるので安全性が高いです。

 

首が座っておすわりできるようになったら、コチラのヘルメットを使われるのが良いですね。

 

 

エルゴの抱っこ紐

ホールド力や肩への食い込み防止は断トツでエルゴが一番優秀かと思います。

 

 

Napnapの抱っこ紐

エルゴよりも少しコンパクトな感じの抱っこ紐ですが、落下防止のバンドが付いていたりと安全性を意識した抱っこ紐です。

 

もちろんおんぶも可能です。

 

 

まとめ

  1. 赤ちゃんをおんぶして自転車に乗ることを許可している自治体もある
  2. 赤ちゃんをおんぶして自転車に乗ると転倒や転落の危険が高い
  3. できるだけ自転車は赤ちゃんと乗らないほうが良い
  4. やむおえなく自転車を乗る場合はヘルメットを着用する

 

やむおえず赤ちゃんをおんぶしながら自転車に乗らなくてはいけないときは、転倒や転落の危険に気をつけて運転してくださいね。

 

また、万が一のためにヘルメットを必ず着用して赤ちゃんの頭を守ってあげられるようにしてくださいね!(^^)!

 

今回はここまでになります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの電車デビューはいつから?泣かれた時に使える効果的な対処法とは!

ベビーカーで迷惑にならない電車の乗り方・マナー!抱っこ紐もあると便利!

赤ちゃんと車で長距離移動中の抱っこは危険!チャイルドシートで泣く時の対策とは!

赤ちゃんを抱っこして車に乗せたら違反?違反にならない時とは?

車に赤ちゃんステッカーを貼る本当の意味!吸盤タイプのマイメロステッカーが可愛い!

Sponsored Links
Sponsored Links