無事赤ちゃんを出産して、私が退院後初めて直面した悩みは、

 

ミルクを飲んだ後にげっぷをしない!出してあげたいのに出ない!どうしよう!ということでした。

 

退院してしまったので、頼みの綱の助産師さんが近くにいない!と焦ってしまい、あれこれ調べたり、最終的には病院に電話して聞いたりもしました。

 

そもそもげっぷっていつまでさせてあげるの?

ミルクを吐いてしまったときはどうすればいい?

 

など赤ちゃんのげっぷにまつわることもお伝えしたいと思います!これで赤ちゃんのげっぷのお悩みともおさらばです!

Sponsored Links
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Sponsored Links

げっぷをさせてあげるのはなぜ?

 まだ首の座っていない赤ちゃんは、げっぷを自力ですることができません。

 

ですが、赤ちゃんはミルクを飲むときに空気も一緒に飲み込んでしまっています。

 

これは、母乳・ミルク問わずです。

 

空気を飲み込んだまま寝かせてしまうと、寝ている間にげっぷがでてしまいます。

 

赤ちゃんの胃は大人とは違ってまっすぐな筒状に近い形をしているので、寝かせた時にげっぷをしてしまうとミルクも一緒に吐いてしまうのです。

 

また、吐いたミルクによって窒息したり突然死といった怖いこともあるようです。

 

自力でげっぷができない赤ちゃんのためにげっぷはさせてあげましょうね。

赤ちゃんが上手にげっぷできる姿勢や出し方は?

自力でげっぷができない赤ちゃんにげっぷをさせてあげるコツを紹介したいと思います。

 

よく見聞きする方法は、赤ちゃんを抱きかかえ自分の肩に赤ちゃんのあごを乗せて、背中をトントントン...と叩いてあげる方法です。

 

私が出産した病院で習った方法は、上記のものとは少し違っていました。

 

まず、赤ちゃんを自分の太ももの上に座らせます。

 

このとき自分の左腕を赤ちゃんの脇の下に通します。

 

大人の腕に赤ちゃんの上半身をもたれかからせてあげるような姿勢にすると、赤ちゃんは楽なようです。

 

こちらの写真のようなイメージですね。

 

このとき赤ちゃんの口の下にガーゼを挟んであげると、吐いてしまったときの処理も簡単に早く済みます。

 

そして、右手で赤ちゃんの背中を優しく優しくトントントン...と叩いてあげます。

 

叩くときの手の形も重要なんです。

 

手はパーではなく、卵をそっとつかんだ時のように若干丸めます。

 

トントントンというより、コンコンコンのほうが近いのかもしれません。

 

あくまでも優しくしてあげてくださいね。

 

手の動かし方は、赤ちゃんの胃にある空気を上にあげてあげるイメージで、おなかの下の方から首の下あたりまでを目安に叩く位置を上げていくとげっぷが出やすいようです。

それでもげっぷしない・出ないときの方法は?

それでもげっぷをしない・出ないときは、もう少し根気よく背中を叩いてあげたり、さすってあげたりします。

 

でも「まだ出ない…!!」というときは、そっと赤ちゃんを一度寝かせてあげます。

 

寝かせたら吐いちゃうよ!!と思われると思いますが、すぐにまたそっと起こしてあげます。

 

そして、また寝かせる→起こしてあげるを何回か繰り返します。

 

この動作をしている間に、胃の中の空気が動いていきます。

 

そして、先ほどのげっぷをさせてあげるコツの態勢に戻し、また背中を叩いてあげましょう。

 

すると結構げっぷがでやすくなりますよ!

ミルクを吐いちゃった!そんなときは?

げっぷで赤ちゃんがミルクを吐いちゃったときは、すみやかに処理してあげましょう。

 

吐いてしまったミルクはどんどん冷たくなって、赤ちゃんが寒い思いをします。

 

また、吐いたミルクをそのまま放置してしまうと、服のシミとなってしまいます、

 

これがなかなかとれないんですよね。。。

 

おすすめは「ウタマロせっけん」です。

 

汚れがよく落ちますので、服のシミで困ったら使ってみてください。

 

また、ミルクを吐いた後は、しばらく静かに休ませてあげたほうがいいです。

 

赤ちゃんの様子を見つつ、1時間ほど休ませてあげた後に授乳や水分補給をしてあげてください。

いつまでげっぷをさせてあげたらいい?

げっぷは、寝返りをしたり座ったりすることで空気が自然と出るようになるみたいです。

 

首が座る頃になると胃の形が大人と近くなってきます。

 

また、ミルクの飲み方も上手になって、母乳やミルクと一緒に空気をのみこんでしまうことが減ってくるそうです。

 

わが子の場合ですが、首や腰が安定して座れるようなった時には、げっぷをさせてあげなくても大丈夫になりました。

 

「げふっ!」というげっぷはしていなくても、首が完全にすわるようになると、自然と胃の中に入ってしまった空気は口から抜けていっているようです。

 

目安として生後4,5か月ころまでは、げっぷをさせてあげると間違いないかと思います。

 

また、げっぷがでなくてもオナラとして出す赤ちゃんもいるそうですよ。

 

げっぷが出たのに寝かせると泣くという時は、まだおなかの中に空気があって気持ち悪いというサインかもしれません。

 

その時は、念のためにもう一度げっぷをさせてあげてみるといいかもしれませんね。

まとめ

  1. 赤ちゃんは自力でげっぷができないので、4,5か月ころまではげっぷを出させてあげてください
  2. 赤ちゃんを横向きに座らせ、背中を優しく叩いてあげましょう
  3. げっぷをしないときは、そっと寝かせて起こしてを何度か繰り返してすると出る場合も
  4. げっぷでミルクを吐いてしまったときは、速やかに着替えさせてあげましょう
  5. ミルクを吐いてしまったあとは、すぐにミルクをあげずに様子を見て休ませてあげましょう。

 

母乳やミルクをあげるたびにげっぷをさせないといけないので大変かと思います。

 

しかし、赤ちゃんが苦しい顔をしている時もありますので、しっかりげっぷを出させてあげてくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのげっぷで吐くのは飲み過ぎ?苦しそうな時の対処法とは!

赤ちゃんのしゃっくりが多い原因は?泣いて困った時の上手な止め方とは??

赤ちゃんのお腹が出てる・パンパンに張れる・ゴロゴロするのなぜ?ガスが原因?

赤ちゃんがげっぷしないで寝てしまうけど問題ナシ?多いのも大丈夫?

Sponsored Links
Sponsored Links