赤ちゃんがうつ伏せで寝ていると、ちゃんと息をして寝ているか心配になって何度も確かめたりしませんか?

 

少しの寝息で赤ちゃんがビクッとしたりと、心配になりますよね。

 

赤ちゃんも大人と同じでいびきをすることがあります。

 

そこで今回は赤ちゃんのいびきについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんがいびきをする原因とは?

赤ちゃんがスヤスヤ寝ているのを見ると、すごく癒されますよね。

 

「かわいい♪」と思いながら赤ちゃんの寝顔を見ていると、突然いびきのような音が聞こえるとびっくりしますよね。

 

実は赤ちゃんの半数近くは、いびきをかいて眠るんだそうです。

 

そもそも、いびきは息が喉を通るときの振動音になります。

 

何らかの理由で息の通り道である気道が狭くなったり、喉の粘膜が震えたりするといびきが出ます。

 

赤ちゃんはまだ気道が未発達なので、珍しいことではないそうですよ。

 

そして、いびきをする原因の多くは鼻づまりが原因と考えられています。

 

赤ちゃんはまだ色んな器官が未発達です。

 

喉もその1つで、赤ちゃんは鼻呼吸がメインなので鼻息が荒くなりがちですが、これは生理的なものなので喉が成長するにつれて治っていくそうです。

 

継続的にいびきが続いて、寝ている時に息苦しそうにしていないのなら、しばらく様子をみていても問題ないかもしれないですね。

 

「フガフガ」「ズルズル」と鼻をすすりあげるような音がするいびきは鼻づまりが原因の可能性が高いです。

 

また、アレルギー性鼻炎副鼻腔炎といった鼻疾患や風邪で鼻水が出ると、口呼吸をするようになって気道がさらに狭くなっていきます。

 

他にも、いびきで咳をする赤ちゃんもいます。

 

咳がでる主な原因は、「鼻水・痰」と「防御反応」の2つが主な原因と言われています。

 

赤ちゃんは、まだ鼻水や痰を上手に出すことができません。

 

そのせいで、鼻の奥に鼻水や痰が固まって鼻づまりになることがよくあります。

 

そうなると、鼻にたまっている鼻水や痰が喉に下がってきて、炎症を起こして咳が出てしまうそうです。

 

とくに風邪や副鼻腔炎になってしまうと、鼻づまりになりやすくなりますので気をつけてくださいね。

 

症状がひどいときは、小児科や耳鼻科を受診することをオススメします。

 

防御反応で出る咳は、乾燥や痰が絡んだときにでる咳、布団などに潜んだダニやホコリによってでる咳などがあります。

 

加湿器で湿度を上げたり、こまめに部屋を掃除しないといけないので、大変ですね・・・

危ないいびきの見分け方とは?

いびきの中でも安全ないびき危険ないびきがあります。

 

「クークー」や「スースー」といった寝息のようないびきなら全然問題ありません。

 

寝返りをして体勢が変わったらいびきをしなくなった、ということはしょっちゅうあります。

 

それとは別に、さきほど紹介した「フガフガ」「ズルズル」のような鼻をすすったり気道の通りが悪いような音がするいびきは鼻づまりが原因です。

 

鼻がつまると呼吸がしづらく泣き出す子もいるので、夜泣きの原因にもなってしまいます・・・

 

鼻の奥に鼻水が溜まっていると目に見えないときもあるので要注意です。

 

睡眠不足で余計に機嫌が悪くなって盛大に泣くこともありますので、耳鼻科で鼻水を吸ってもらったりしてくださいね。

 

そして、危険と言われるいびきは、風邪などで鼻がつまっていないのに大きないびきをかいているときです。

 

扁桃腺アデノイド肥大睡眠時無呼吸症候群といった病気の疑いがあります。

 

扁桃腺やアデノイド肥大は、先天的な疾患や障害が主な原因と言われています。

 

とくに生後間もない赤ちゃんがいびきをかいている時には、扁桃腺やアデノイド肥大になっている可能性があるそうです。

 

扁桃腺やアデノイド肥大は、成長していくにつれt自然に治る場合もあるみたいです。

 

そして、睡眠時無呼吸症候群については、大人特有の病気だと私は思っていました・・・

 

無呼吸になると脳や臓器に酸素が十分に届けられなくなるので、赤ちゃんの身体の発達にも影響を及ぼすこともあります。

 

無呼吸なのかどうかは、ティッシュを鼻に近づけてティッシュが動いているどうかで確認することができます。

 

いびきのせいで眠りが妨げられたり、呼吸が苦しそうな場合はなるべく早めに病院へ受診したほうがいいですね。

いびきとダウン症の関係について

ダウン症の赤ちゃんはいびきをかきやすいと言われています。

 

ダウン症の人がいびきをかきやすいのは、上顎の発達が不十分で大きくならず、その分舌が大きくなるため、上咽頭と呼ばれるのどちんこの裏側が狭くなるからなんだそうです。

 

また、扁桃腺が大きくなりやすいこともいびきの原因とされています。

 

いびきはかなり大きく、唸っているように聞こえるそうです。

 

ダウン症の赤ちゃんは睡眠時無呼吸症候群などの呼吸障害にもなりやすいので、注意が必要ですね。

いびきの対処法とは?

いびきの対処法をいくつか紹介したいと思います。

横向きに寝かせてあげる

眠っている赤ちゃんを横向きに寝かせてあげると、気道の位置が変わって空気の通り道が広がり、いびきが解消されることがあります。

 

とくにうつ伏せになってしまうと呼吸がしづらくなってしまうので、クッションや丸めたバスタオルなどを使って安全な体勢にしてあげるといいですね。

部屋の掃除、空気の入れ替え、湿度を上げる

部屋が乾燥したり風邪になったりすると、鼻づまりになりやすくなります。

 

赤ちゃんと過ごす環境はある程度清潔に保つことが大事ですね。

こまめに鼻水をとってあげる

こまめに赤ちゃんの鼻水をとってあげることも重要です。

 

奥のほうに詰まってしまった鼻水は耳鼻科に行った方がいいですが、目に見える鼻水はとってあげてくださいね。

 

昔は口で吸ってあげていたそうですが、ママが風邪をもらっても困るので、ティッシュやスポイトなどの便利グッズを使うのが無難かなぁと思います。

 

最初は嫌がるかもしれませんが、無理のない程度に少しずつでも取ってあげてくださいね。

 

こちらのyoutube動画では、鼻づまりの解消法について紹介されていますので、ぜひ参考に!

 

まとめ

  1. いびきの原因は鼻づまりであることが多い
  2. 鼻づまりが原因で咳が出てしまう赤ちゃんもいる
  3. 睡眠時無呼吸症候群などの場合はすぐに病院へ
  4. ダウン症の赤ちゃんは特徴的ないびきをかく
  5. 寝る向きを変えてあげたりするといびきをしなくなるようになるかも

 

睡眠不足で眠たいのは、赤ちゃんだけではなくママもです。

 

しっかり赤ちゃんを見守って、ちょっとした寝息の違いに気づければ、すぐに対処できるかと思います。

 

今回はここまになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんがいびきするのは鼻づまりが原因なの?対処法・予防策はある?

赤ちゃんの鼻水を吸引する頻度はどれぐらい?嫌がる時の対処法とは!

赤ちゃんの鼻水を口で上手に取る吸い方とは!吸引器のおすすめはコレ!

赤ちゃんの咳止めに市販薬は効かない?眠気が出るって本当?

Sponsored Links
Sponsored Links