赤ちゃんの柔らかい餅のようなお肌、いつまでも守ってあげたいですよね。

 

赤ちゃんが乾燥肌になって肌がカサカサにならないようにするためには、新生児からしっかりとケアをして肌を守ってあげないといけません

 

そこで今回は、赤ちゃんの乾燥肌について、ケアやおすすめの薬・入浴剤・洗剤についてお伝えしたいと思います!

Sponsored Links

 

新生児からケアをして赤ちゃんの乾燥肌を予防!

私の息子が産まれた産院の小児科医よると。

 

赤ちゃんは思春期までは自分で油分を分泌することができないのだそうです。

 

それは知らなかった!

 

ビックリですね。

 

新生児の頃はまだおなかの中にいた時の『胎脂』に守られていて、特別なケアはしなくても大丈夫なんだそうです。

 

でも、生後1カ月頃からはしっかり保湿をしてあげないと、乾燥肌になってしまうとのことです。

 

もちろん新生児の頃からケアができていれば、さらにいいと思います。

 

また、乾燥肌が引き起こすのは、ガサガサだけではないんです。

 

赤いブツブツができて、乾燥性湿疹、アトピー性皮膚炎、アレルギー要因にもなってしまうと、小児科医に教えてくれました。

 

乾燥肌になってしまうと、皮膚に間に小さな亀裂ができます。

 

その間から、卵・牛乳・小麦粉だけではなくて、ハウスダストなどの細かい粒子が入り込んでいってしまうことで、アレルギー反応を引き起こすという研究結果もあるとのことです。

 

小児科医は、とにもかくにもできれば生後1歳を迎えるまで毎日保湿をしてあげてほしいと言っていました。

 

そして小児科医おすすめの保湿剤を処方してもらい、いまでもほぼ毎日お風呂上がりに保湿ケアを続けています。

 

ちなみに、保湿を続けているからか、あせもとオムツかぶれができるぐらいで他の皮膚炎などは経験していません。

 

いつまで保湿を続けるべきかと悩んだこともありましたが、小児科医がオススメしていた1歳までの保湿は完了しているので、この後は無理のない範囲で保湿を続けていけたらいいなと思っています。

おすすめの薬・入浴剤・洗剤を紹介!

赤ちゃんが乾燥肌にならないようにするための、オススメの薬・入浴剤・洗剤を紹介していきたいと思います!

「薬」

私が紹介する薬は、どれも処方薬ばかりになります。

 

やはり赤ちゃんの肌は敏感なので、肌荒れをこじらせてしまうと長引いて可哀想なことに…

 

肌荒れがひどいときは、なるべく小児科を受診して先生に診てもらってくださいね。

 

私が実際に今も使っている保湿剤はこちらです。

 

【日医工】 ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%

出典:http://www.nichiiko.co.jp

 

以前は、ビーソフテン外用スプレー0.3%という名称でしたが、2015年6月から変わったようです。

ベタつかないのに使用後はとてもしっとりとして乾燥しにくいです。

 

お風呂上がりの時間のない時に私も顔につけていますが、これ一本で他のお手入れがいらないくらいしっとり潤います!

 

ちなみに息子はヘパリン類似物質のスプレーで保湿をしたあとに、「キュレル 薬用 ローション(乳液タイプ)」を更につけています。

 

さらにもっちり肌になります♪

 

 

肌トラブルで処方される薬として有名な薬といえばこちらですね。

 

【ヒルロイド】

私の子の場合は、今まで処方してもらったことはありませんが、私の母が小さな頃から重度のアトピー性皮膚炎で、現在は少し落ち着きましたが季節の変わり目でアトピー性皮膚炎が重症化したら皮膚科へ行っています。

 

その際に処方されるのが、ヒルロイドになります。

 

こちらもヘパリン類似物質が入っているようですね。

 

安心・安全なもので赤ちゃんの肌を保湿したいという時はこちらです。

 

【プロペト】

プロペトは息子のあせもが悪化してしまったときに、プロペトとステロイドを混ぜ合わせたものを処方されたことがあります

 

使用感はねっとりベタベタですが、乾燥することなくしっかりと肌を保湿してくれましたよ。

 

プロペトとは「純度の高いワセリン」のことになります。

 

プロペトより純度が高いワセリンに「サンホワイト」というものもあります。

 

日焼け止めの商品名みたいですよね(笑)

 

また、「白色ワセリン」とい名前でプロペトより少し精製度の低いものがドラッグストアで売っていたりもします。

 

白色ワセリンを塗っておくと、よだれかぶれの時によだれをはじいて保護するのでおすすめと保健師さんに教えてもらいました。

 

 

Vaseline」は、白色ワセリンよりもさらに精製度の低い黄色ワセリンのことだそうです。

間違えやすいので気をつけてくださいね。

 

「入浴剤」

入浴剤を入れるとお風呂のお湯がまろやかになります。

 

赤ちゃんの柔らかい肌に合わせて、お湯も柔らかくしてあげたいですね。

 

乾燥も防げるので一石二鳥です☆

 

キュレル 薬用 入浴剤

私の子どもが保湿で使っている「キュレル」に入浴剤があります。

 

キュレルで肌荒れをしたことがないので、私的に絶大な信頼を寄せています!

 

弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリーです。

 

無臭で使いやすく、肌もしっとりするので赤ちゃんにおすすめですよ。

 

 

ツムラ ソフレベビーバスエッセンス

こちらの入浴剤を私は使用したことがないのですが、大人用は使用したことがあるので、「ツムラ」の入浴剤はお気に入りです。

 

私の母もツムラの入浴剤を愛用していて、重度のアトピー性皮膚炎になっている私の母の肌でもしっかり潤っていて、肌を荒れさせませんでした。

 

こちらはベビー用に作られているので、もっと気をつかって作られているんだろうなと感じました。

 

ツムラといえば漢方などで有名なので、それなりに信頼できるメーカーだと思います。

 

 

アトピタ 薬用入浴剤 ボトルタイプ

2014年のマザーズセレクション大賞で受賞された入浴剤なんだそうです。

 

アトピタの商品は口コミも良くて、多くのママと赤ちゃんから愛されています。

 

入浴剤はもちろん、石けん、全身泡ソープ、保湿ローション、ベビークリームも評価が高いので、ぜひチェックしてみてください。

 

私もアトピタのものを使ってみようと思っていたりもします。

 

「洗剤」

洗濯洗剤については、赤ちゃん用の洗剤を使ったり、赤ちゃん用と大人用で別で洗ったりしている方も多いかと思います。

 

赤ちゃんが大きくなったら通常の洗剤で洗っても良いかと思いますが、まだ月齢が低い場合はまだまだ赤ちゃんの肌はデリケートなので赤ちゃん専用の洗剤を使用したほうが良いかもしれません。

 

赤ちゃん本舗  ベビー用洗たく洗剤6つの無添加

無石油系界面活性剤・無合成香料・無着色料・無蛍光増白剤・無漂白剤・無リンの6つの無添加洗剤になります。

赤ちゃんの肌にやさしいということで、私がすぐに購入した商品になります。

 

「ベビー用洗たく洗剤6つの無添加」についてはこちら

 

P&G さらさ

スーパーでも売っている無添加の洗剤になります。

 

「ふんわりさらさ」という柔軟剤もあるので、一緒に買われている方も多いかと思います。

 

口コミの評価も良いので、スーパーで手軽に買える方はオススメです。

 

「石けん」

私は赤ちゃんの体を洗うときは、ポンプタイプのベビーソープよりも「石けん」をおすすめします!

 

まだ子どもが新生児だったころ、泡ポンプタイプのベビーソープを使用していたのですが、なぜか荒れてしまったのです。

 

使うたびに日に日に肌が荒れていったので、一度知り合いの看護師さんに相談したことがあります。

 

すると、「泡ポンプタイプのベビーソープには石けんよりも色々な成分が多く入っているから、石けんに変えると良い」とおすすめされました。

 

それと、「石けんを泡立てネットでふかふかにして洗ってあげるといいよ!」と。

 

実際に石けんの成分を見てみると、泡ポンプタイプのベビーソープには石けんよりも多くの成分が表示されていました。

 

泡ポンプタイプのベビーソープで肌が荒れてしまう赤ちゃんが結構多いと聞いて、我が家も石けんに切り替えると今までの肌荒れや乳児湿疹も不思議と治まっていきました

 

泡ポンプタイプのベビーソープで肌に異常が出てきてしまったという赤ちゃんをお持ちのママは、ぜひ石けんに切り替えてみてください☆

 

石けんだと泡ポンプタイプのベビーソープより手間がかかって大変なので、赤ちゃんが大きくなって肌が強くなっていたら、泡ポンプタイプに切り替えても良いかと思います。

 

泡ポンプタイプのベビーソープが悪いわけではないのですが、まだ月齢の低いうちは石けんの方をオススメします!

 

ピジョン ベビーソープ

石けんに切り替えることをおすすめしてくれた看護師さんが実際に娘さんに使っていると教えてくれたのがこちらでした。

 

なので、私もずっとこれを使っていました。

 

使用後にひどく荒れたこともなく、乾燥しすぎたこともなかったです。

 

コストパフォーマンスもいいと思うので、おすすめですよ☆

 

 

シャボン玉石けん 浴用

無添加のシャボン玉石けんで、洗い心地も洗いあがった後もスッキリとしているのに乾燥している感覚がなくて不思議です。

 

なかなか石けんの減りも遅いので、家族みんなで使うのにもおすすめですよ☆

 

ちなみにベビーソープ固形タイプもあって、こちらは使用したことがないので何とも言えないのですが、シャボン玉石けんはおすすめなので、こちらもきっといい商品だと勝手に信じています(笑)

 

初めての方限定で、シャボン玉石けんのHPで無料サンプルを配布しているので是非チェックしてみて下さい☆

 

 

 

 

 →「シャボン玉石けん」の無料サンプルセットプレゼントはこちら

 

キューピー ベビー石けん

牛乳石鹸のキューピーベビー石けんです。

 

私が小さいころ、この石けんを使っていたので超ロングセラー商品ですね!

 

それだけ愛され続けている石けんということで、愛用しているママも多いみたいです☆

 

 

アトピタ 保湿全身石けん

ママの口コミでいつも評価の高いアトピタの固形石けんです。

 

こちらはヨモギエキス入りということで、もしかしたら合う合わないがあるのかも…と思いますが、評価の高い商品です。

 

 

 

まとめ

  1. 生後一カ月(できれば新生児期)から保湿をしてあげましょう☆
  2. 乾燥肌はアトピー性皮膚炎やアレルギーを引き起こしてしまう原因にも…
  3. 赤ちゃんの肌の保湿は最低1歳までは続けてあげると良い
  4. 肌が荒れたりした場合はひどくなる前に小児科を受診しよう
  5. 乾燥肌ケアに専用の薬や入浴剤・洗剤もおすすめ☆
  6. 月齢の低い赤ちゃんには泡ポンプタイプの洗剤よりも石けんがオススメ!

 

生まれたばかりの赤ちゃんは肌が「ほわほわ」して気持ちいいですよね。

 

その分、敏感な肌は意外とすぐに荒れてしまったりもします。

 

乳児湿疹、よだれかぶれ、おむつかぶれ、あせも…

 

肌が潤っていると、治りも早いものです。

 

ママと赤ちゃんのコミュニケーションの一環として、ぜひお風呂上がりの保湿をしてあげてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

ベビー服の洗濯は専用洗剤がいい?上手な干し方や方法とは?カビにも注意!

赤ちゃんの頭のフケは乾燥が原因なの?かさぶたは取っていい?対処法を紹介!

赤ちゃんの頭にできたあせもの治し方!薬で保湿・予防していいのかな?

赤ちゃんのほっぺが片方だけ赤いのはなぜ?カサカサ乾燥肌には馬油がオススメ!

赤ちゃんのほっぺがぷくぷくで落ちそうなのは太りすぎが原因なの?

Sponsored Links
Sponsored Links