沐浴について、病院でざっと教えてくれたけど、怖いし難しい!

 

なんて方も多いのではないのでしょうか?

 

そこで今回は、赤ちゃんの沐浴について、沐浴の仕方やおすすめのグッズなどをを紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

沐浴はいつまで毎日する?

沐浴とは、生まれたばかりの新生児の赤ちゃんをお風呂に入れてあげることです。

 

一番の目的は「皮膚を清潔に保つため」になります。

 

とくに赤ちゃんは新陳代謝がいいので、大人の何倍も汗をかいてしまいます。

 

そして、赤ちゃんのお肌は「超」が付くほどデリケート。

 

なので、毎日沐浴をしてあげることが大切です。

 

また、新生児期(生後1ヶ月まで)はまだ抵抗力が弱くて細菌などに感染しやすいので、大人とは別にお風呂に入ったほうが良いです。

 

少なくても、新生児期(生後1~2ヶ月まで)は毎日沐浴したほうが良いかと思います。

 

そして、どこで沐浴をしようかと考えた時、浴槽で沐浴をするのは産後で腰が痛くなって大変です。

 

今はベビーバスの種類がたくさんあるので、私はベビーバスを使って沐浴することをオススメします!

 

昔はプラスチックで出来たベビーバスが主流だったみたいですが、今はビニールプールみたいに空気で膨らますベビーバスもあります。

 

プラスチックタイプのベビーバスは、要らなくなったら置き場所が困っちゃいます。

 

でも、膨らますタイプのベビーバスなら置き場所にも困りません!

 

穴が空いてしまえば空気が漏れてしまって使えませんが、2000円前後でたくさんの種類があるので、消耗品と思って購入しても良いかと思います。

 

ベビーバスを使った沐浴は、キッチンや洗面所が広かったらシンクにベビーバスを置いてすることができます。

 

キッチンや洗面所が狭い場合は、台の上にベビーバスを置いても良いですよね。

 

腰が痛くならないように、ある程度高さのあるところで沐浴するのがポイントです。

 

ベビーバスは1人でお風呂に入る時も大活躍でした。

 

旦那は夜遅くまで仕事だったので、1人でお風呂に入れていました。

 

赤ちゃんをお風呂に入れたら、脱衣所でオムツだけ履かせてバスタオルでぐるぐる巻きにして待機させておいて、その後に私は急いでカラダを洗っていました。

 

赤ちゃんをバスタオルでくるんでいるとはいえ、フローリングに直接寝かせるのは冷たいかも…と思って、使わなくなったベビーバスの上に寝かせるようにしてました。

沐浴のやり方を紹介!

沐浴をする時、お湯の温度は夏場は38度前後。冬場は40度前後が適温になります。

 

きっちり測りたい方は、温度計で測って入れてあげるといいですね。

 

お湯が熱すぎたり冷たすぎたり、または雑に入れてしまうと、赤ちゃんが恐がってお風呂が嫌いな子になる可能性もあります。

 

なので、赤ちゃんが気持ちいいと思える温度で、声かけをしたりして赤ちゃんが怖がらないように入れてあげるといいですね。

 

沐浴のやり方について、文章で書くとわかりにくいので、こちらのyoutube動画を見るとすごく分かりやすいですよ。

 

準備するものも紹介されているので、動画通りにやってみると上手く出来るかと思います。

沐浴の最後には、上がり湯をしてあげることをオススメします。

 

ベビーバスで沐浴をすると、石けんとお湯が一緒になってしまうので、最後に上がり湯で流してあげると石鹸の残りカスなども洗い流せます。

 

それと、少し温かめのお湯を体にかけてあげることで、急に湯船から出ても寒さで身体が冷えないようにする目的もあります。

 

上がり湯をしてあげると、風邪をひきにくいかもしれません。

背中を上手に洗う方法とは!

沐浴をする時、すごい背中が洗いにくいです・・・

 

新生児のころはまだ首もすわってないし、初めての赤ちゃんの場合はママも恐る恐る沐浴をしているので、なおさら不安になっちゃいます。

 

「せめて首がすわった状態で産まれてきてくれたらいいのに」と何度思ったことか 笑

 

仰向けのまま首を少し持ち上げて洗うか、カラダをひっくり返しておなかを下にして洗うか、迷ったりしませんか?

 

仰向けの状態で背中を洗う時は、まだ沐浴に慣れていない時や時間がない時にオススメです。

 

仰向けだと背中が見えないので、背中に湿疹が出ていないかなどを手でチェックしてくださいね。

 

その点、カラダをひっくり返して背中を洗う場合は、目で赤ちゃんのお肌の状態を確認できるので、赤ちゃんの変化に気付きやすいです。

 

ひっくり返して背中を洗うと母乳やミルクを吐き戻しやすいので、授乳してから1時間は空けてあげるといいですね。

 

うつぶせにするときは、赤ちゃんの両腕をしっかり自分の腕に乗せてあげると、ずり落ちる心配もないですよ。

 

言葉で説明するとイメージしにくいかと思いますので、うつぶせにさせて背中を洗う沐浴の仕方を紹介しているyoutube動画がありますので、ぜひこちらを参考にしてみてください。

 

あとは、実践を重ねて慣れるだけですね!

沐浴で使える便利グッズを紹介!

毎日のことになるので、やはり便利グッズは大助かりです。

 

とことん活用して、できるだけストレスを減らしていきましょう!
ベビーバス

先ほども紹介しましたが、ベビーバスは本当に便利です。

 

冬場は温かい部屋で沐浴できるので、湯冷めの心配もありません。

 

 

 

沐浴マット

ベビーバスを使わずに、直に洗面台で沐浴するのはちょっと…という方にオススメです。

 

スポンジ素材のマットがほとんどなので、沐浴をしなくなった後も赤ちゃん用のバスマットとして使えるのでとても便利です。

 

スイマーバ

こちらは今とても人気ですよね。

 

首がすわる前から使えるので、自分が体を洗っている間にスイマーバで赤ちゃんを湯船に入れて体を温めることができるのでとっても楽です。

 

でもこれは、沐浴というよりお風呂に入る時に使う便利グッズですね・・・

 

バスローブ

沐浴やお風呂が終わった後にサッと着せておける赤ちゃん用のバスローブです。

 

湯冷めをしないのでママもゆっくり服を着ることができます。

 

大きめのバスローブだと、赤ちゃんが大きくなっても使えるので重宝すると思いますよ。

 

沐浴をする時間で夜泣き防止!

沐浴をする時間によって夜泣きを防止できるかもしれないって知っていましたか?

 

もしかしたら、ちょっとした工夫で夜泣きが減るかも…

 

基本的には「朝と昼は明るく賑やかで、夜は暗くて静か」と習慣つけることが大切です。

 

パパにも赤ちゃんとスキンシップをとってもらいたいからといって、仕事で遅くなったあとに沐浴(お風呂)なんでもってのほかです。

 

赤ちゃんの体内時計が崩れてしまいます。

 

赤ちゃんの体内時計が崩れてしまうと、眠りが浅くなったり、昼寝もまとめて長くとれなくなったりします。

 

沐浴(お風呂)と睡眠は無関係ではないんです。

 

大人だけではなく、赤ちゃんも眠りに入る前に体温が急激に下がります。

 

夕方の6時ぐらいに沐浴(お風呂)に入れてあげると、徐々に体温が下がっていって夜の8時ぐらいから眠くなってきます。

 

それから寝かしつけをスタートすれば、早い子だと30分もかからず、すんなり寝てくれます。

 

今思えば、沐浴の時間のおかげで夜泣きが少なかったんじゃないかなぁと思いますので、夜泣きに悩んでるママは実践してみてもいいかもしれませんね。

 

夜泣きの原因は色々とありますが、夜泣きを防ぐ習慣づけとして、

 

  • 朝8時には起こしてあげて、必ず朝日を浴びさせる
  • 昼寝をさせすぎない(とくに3時以降)
  • 散歩に連れていって五感を刺激する
  • 食事や入浴の時間を決める

 

などが大事になります。

 

朝は起こしてもすぐに寝てしまう子も多いとは思いますが、寝ているからといって部屋を暗くしたりするのも逆効果のようです。

 

日中はカーテンを開けたままで大丈夫。

 

「朝・昼は明るいんだよ」とカラダで覚えさせてくださいね。

 

そうすることで体内時計がリセットされます。

 

昼寝をしすぎると、夜は寝れなくなるので注意です。

 

夕方以降はまとめて寝かせないほうがいいかもしれませんね。

 

そして、毎日とは言いませんがお天気のいい日はお散歩も大切です。

 

夏場は暑くなる前の午前中に。

 

冬場は日が暖かくなる午後にするといいですね。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

まとめ

  1. 生後1~2ヶ月までは毎日沐浴する
  2. 沐浴で腰を痛めないように注意する
  3. 沐浴でベビーバスを使うのがオススメ!
  4. 沐浴の温度は夏場は38度前後。冬場は40度前後が適温
  5. 沐浴の最後に上がり湯をして余分なものを洗い流す
  6. 背中の洗い残しに注意
  7. グッズを使って沐浴をもっと楽に
  8. 沐浴の時間で夜泣きを防げるかも

 

初めのうちは、沐浴ってすっごい怖いんですよね。

 

とくにうつぶせにひっくり返すときなんてたまったもんじゃないです 笑

 

でも、コツを掴んで繰り返していくうちに慣れてきて段々平気になってきます。

 

沐浴の時間を決めてあげることで夜泣き防止にもつながるので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのお風呂はいつまで毎日入れる?時間帯・温度や泣く時の対策とは!

赤ちゃんのお風呂の入れ方にコツはある?便利グッズ(椅子・浮き輪)があれば楽!

沐浴で耳に水が入ると危ない?耳栓は必要?押さえ方や水抜きに注意!

赤ちゃんのバスチェアは必要?使い方や口コミでおすすめのブランドを紹介!

Sponsored Links
Sponsored Links