赤ちゃんの頭蓋骨は、大人と違って柔らかく生まれてからも形が変化します。

 

それは、「大泉門」と「小泉門」という空洞があるからで、徐々にそれらの穴は骨がくっつくことで閉じていきます。

 

骨自体が柔らかいので、頭の形を整えたいのなら生まれた頃が一番ベストな時期になります。

 

枕で赤ちゃん寝かせると頭の絶壁を防ぐことがある程度できるみたいなのですが、窒息してしまうことなどを考えると少しどうしようか悩んでしまいますよね。

 

今回は、赤ちゃんに枕を使う時期や、頭の形を整えることのできるおすすめな王冠枕という枕について紹介します!

Sponsored Links

 

赤ちゃんに枕は必要?いつから使えるの?

赤ちゃんの枕といったら「ドーナツ枕」のイメージがあります。

 

ドーナツ枕は真ん中に穴があることで頭の向き癖を予防し、頭の形を左右対称にしてくれます。

 

赤ちゃんが生まれた時からすぐ使うことができるので、頭の形を整えておきたいというときは便利なグッズですね。

 

しかし。ドーナツ枕で赤ちゃんの頭の絶壁については完全に防げるものではないので、必ずしもドーナツ枕は必要というわけではありません。

 

私は妊娠中からドーナツ枕にもなる抱きまくらを使っていました。

 

授乳クッションにもなるので、ドーナツ枕はあったほうが便利かと思いますよ。

バスタオルで代用もおすすめ!

赤ちゃん用のドーナツ枕もいいのですが、せっかくの可愛いドーナツ枕もミルクや母乳を吐いてしまって、スグに洗濯・・・なんてこともあります。

 

ドーナツ枕にこだわらないのであれば、バスタオルを枕にするのもおすすめです。

 

とくに母乳やミルクの後に寝かせてあげると、げっぷと一緒に「溢乳(いつにゅう)」といって、少量の母乳やミルクを吐いてしまうことが新生児ではよくあります。

 

バスタオルだとすぐに拭き取ることができるので、とても便利ですよ。

 

バスタオルは何枚かあると思いますので、予備として交換できるのも良いですね(*’ω’*)

バスタオルで枕を作る方法

バスタオルで赤ちゃん用の枕の作り方を紹介します。

 

バスタオルの素材は、汗を吸収しやすいパイル素材や綿素材のものが良いです。

 

一度洗って水通しをしているものを使ってくだささい。

 

赤ちゃんが使う枕の高さは、大人のように高くしてしまうと首が曲がって苦しくなってしまいますので、バスタオルを2回折りたたむ程度にします。

 

母乳やミルクが少し口から出ても下に流れるように、枕に少し傾斜をつけておきます。

 

その場合、赤ちゃんの頭から腰にかけて緩やかな傾斜を作ります。

 

平らにしても特に問題はないので、これは赤ちゃんとママのお好みで大丈夫です。

 

産院でも少し赤ちゃんの頭を高くしているところがあります。

 

それは生まれたての赤ちゃんはまだ胃が発達していないので、母乳やミルクが空気と一緒に出てきてしまうからなんです(*’ω’*)

 

バスタオルで傾斜を作るのが難しい場合は、枕に傾斜を作るグッズがありますので、それをカバーとして使うのもいいですね。

 

柄がすごい可愛いです。

 

赤ちゃんの頭の形を整える「王冠枕」とは!

赤ちゃんの頭の絶壁予防など、頭の形を整える赤ちゃん用枕で「王冠枕」というものがあります。

 

その名の通り王冠の形をしていて、機能的でしかも可愛くい枕になります。

 

人気の王冠枕をいくつか紹介します。

ナオミイトウ

王冠枕といったら「ナオミイトウ」というぐらい有名なブランドになります。

 

コットン100%の日本製で、しっかりとした作りになっています。

 

淡い色合いが男女問わず、おすすめですね。

 

KEMAN

オーガニックコットン綿100%で素材にこだわった絶壁防止用枕です。

 

通気性・吸水性に優れていて、くぼんだところが口になっていたりして可愛いですね。

 

「KEHAN」の枕についてはこちら

 

王冠枕を手作りしている方もいるみたいです。

 

手作りだとより愛着がわいてきますよね。

 

私は出産祝いで「ナオミイトウ」の王冠枕を頂きました。

 

王冠枕を使って寝かせてあげると、赤ちゃんの王様のようですごい可愛かったですよ。

 

とくに男の子の赤ちゃんにおすすめですね。

 

枕だけでは汚れてしまうので、カバーとして薄めのタオルを枕の上にかけていました。

ふわふわ枕は危険がいっぱい!

大人と違って、赤ちゃんはまだ首がすわっていません。

 

そのため、枕を高くして寝かせてしまうと首に負担がかかるだけでなく、窒息の危険性もあります。

 

また、枕だけでなくぬいぐるみも同じで、赤ちゃんが顔をうずめて窒息してしまうケースもあります!

 

そうならないためにも、少し固めになっている枕に使ったり、まわりに危険なものが置いていないかを確認してから、寝かせてあげることが大切です。

 

まとめ

  1. ドーナツ枕は頭の形を整えるのに役に立つ
  2. 赤ちゃん用の枕を使っても100%絶壁を予防できるというわけではない
  3. バスタオルを赤ちゃん用の枕として代用可能
  4. フワフワ枕の窒息に注意!

 

赤ちゃん用のドーナツ枕は、絶壁が完全に予防できるものではありませんが、向き癖をある程度予防することで頭の形を整えることができます。

 

母乳やミルクをげっぷと一緒に吐いてしまうことが多いので、バスタオルでカバーすると良いですね。

 

王冠枕は、寝かせた時に赤ちゃんが王冠をかぶったように見えてなんとも愛らしいです。

 

可愛い赤ちゃんの写真をとりたいときにも、おすすめの枕ですね。(*’ω’*)

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの枕はタオルで代用OK?窒息・嘔吐を防ぐ傾斜のあるおすすめ枕も紹介!

赤ちゃんの夜泣きはいつから?放置していいの?原因と対策を紹介!

赤ちゃんの夜泣きにツボや薬・音楽は効くの?しない子の特徴とは?

赤ちゃんを腕枕して寝る時は注意して!上手に添い寝する方法とは!

Sponsored Links
Sponsored Links