赤ちゃんを連れて、家族みんなで外出するのは楽しいですよね。

 

車を持っている方は、ちょっとした買い物や遠いところに行ったりることも多いのではないでしょうか。

 

また、「チャイルドシート買ったけど、赤ちゃんがぐずって泣いてしまう・・・」なんて方もいるかもしれませんね。

 

でも、赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるからって、抱っこするのはとても危険です。

 

今回は、赤ちゃんを車に乗せるときの注意点や、チャイルドシートで泣いてしまった時の対策について紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんを抱っこして車に乗せるのは危険!

昔はチャイルドシートの使用は義務ではありませんでした。

 

平成12年4月に、6歳未満の乳幼児を車に乗せるときにはチャイルドシートを使用することが義務化されました。

 

おそらく、義務化されるまでに痛ましい事故がたくさんあったからだと思います。

 

チャイルドシートやシートベルトをせずに車に乗り、車が衝突事故を起こしたその衝撃で赤ちゃんが窓ガラスを突き破って外に投げ出される。という事故もありましたね。

 

私自身も、大きな事故ではありませんでしたが車事故の経験者なんです。

 

まだ私が赤ちゃんの頃、母は私をチャイルドシートではなく座席に寝かせていたそうです。

 

そして、急に飛び出してきた子供に驚いた母が急ブレーキをかけ、私は座席の下に勢いよく転がり落ちてケガをしてしまいました。

 

幸いにも飛び出した子供は無傷で私は軽いケガだったので良かったのですが、今思うととてもヒヤッとする出来事です。

 

チャイルドシートがあれば絶対安全とまではいきませんが、チャイルドシートがないよりは少なくともゲガや致死率はグンと下がります。

 

チャイルドシートでしっかりとベルトをしておけば、車の外に投げ出されることや車内で強く体を打ち付けることも低くなります。

 

また、車に強い衝撃が起きてもチャイルドシートによって赤ちゃんにかかる衝撃は減ります。

 

長距離での移動中で、特に高速道路を走るときには車もスピードを出しますよね。

 

スピードが出ていればいるほど事故の危険が高まりますので、長距離移動の際には絶対にチャイルドシートを使用してくださいね!

 

長距離移動の時だけでなく、「ちょっとそこまで」も絶対ダメです。

 

いつ何が起きるかわからないのが事故なんです。

 

自分は大丈夫は絶対にないんですよね・・・

 

また、「BABY IN CAR」といったステッカーを貼っている車をよく見かけることがあります。

 

直訳すると「赤ちゃんが車に乗っています」という意味なのですが、他にも意味があることを知っていますでしょうか?

 

それは、「もしもこの車両が事故を起こした場合、真っ先に子供を助けてほしい」というメッセージが込められているんです!

 

昔に起きた事故で、事故を起こした車内にいた小さな子供に誰も気づけず、処置が遅れてしまい命を落としてしまったということがあったからだそうです。

 

車をお持ちの方は、万が一のためにステッカーを貼っておいたほうが良いですね。

 

自家用車でのチャイルドシートの使用は義務化されていますが、タクシーでは義務化されておらず、抱っこして乗ることができます。

 

タクシーで長距離移動することがないので、ずっと抱っこすることはあまりないかと思いますが、タクシーだから安全っていうわけではないので、気をつけてくださいね。

チャイルドシートで赤ちゃんが泣くときの対策とは!

泣いている赤ちゃんをあやすには、やはりおもちゃに頼ってみましょう!

 

「おなかが空いた」「抱っこしてほしい」など、赤ちゃんがぐずって泣いている理由はその時々で違います。

 

ですが、車の中でできることは限られてしまいます。

 

どうしようもないぐらい泣く場合は、一度車を止めて対処したほうと良いですが、まずはおもちゃで気をそらしたり、赤ちゃんが退屈しないように工夫してみてください。

 

こちらのグッズのような、車のなかで遊べるおもちゃがおすすめです。

 

 

赤ちゃんの座席近くにおもちゃを引っ掛けておいて、にぎにぎしたり引っ張って遊べます。

 

引っ張って離すとブルブル振動しながら縮んでいくというものもありますよ。

 

 

 

我が子は、この引っ張れるタイプのおもちゃが大好きです。

 

おもちゃの他にも、車での移動中は赤ちゃんの好きなDVDを持ち込んで、いざという時に見せるようにもしています。

 

DVDやTVが見られる機能の付いたカーナビがあるととても便利ですよ。

 

運転中の大人はよそ見をしないように気を付けてくださいね(笑)

 

カーナビによっては車が動いている間はDVDやTVが見られないというものもあります。

 

途中で見られなくなるとぐずってしまうので、その時はなんとか我慢させています。

 

けっこうDVD作戦もおすすめです。

 

ポータブルDVDプレーヤーあると便利かもしれませんね。

 

それから、赤ちゃんの様子が見られるように、ミラーをつけておくのもおすすめです。

 

チャイルドシートは、後部座席につけるのが基本だと思います。

 

運転しながら赤ちゃんの様子を見ようと振り向くのは危険ですよね。

 

そこでこちのようなミラーを車に取り付けておけば、振り向かずに赤ちゃんの様子を確認することができます。

 

 

このような車内で使える便利グッズは、西松屋や赤ちゃん本舗、ベビザラスなどの赤ちゃん用品店や、オートバックスなどの車用品店にも売られているので、ぜひ足を運んでみてください。

 

まとめ

  1. ずっと抱っこして車に乗るのは危険!
  2. チャイルドシートの使用は義務!
  3. 万が一に備えて「BABY IN CAR」のステッカーを貼っておく
  4. 車内で泣いてしまう時はまずはおもちゃで気を引かせてみる
  5. DVDやTVを見させるのもおすすめ

 

大事な我が子の命を守るため、交通ルールはしっかり守って、必ずチャイルドシートを使用するようにしてくださいね。

 

タクシーの乗る時もシートベルトを締めて、自分の安全にも気をつけてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんを抱っこして車に乗せたら違反?違反にならない時とは?

車に赤ちゃんステッカーを貼る本当の意味!吸盤タイプのマイメロステッカーが可愛い!

赤ちゃんの電車デビューはいつから?泣かれた時に使える効果的な対処法とは!

ベビーカーで迷惑にならない電車の乗り方・マナー!抱っこ紐もあると便利!

赤ちゃんと旅行はいつからできる?おすすめの宿・ホテルと持ち物リスト紹介!

赤ちゃんと飛行機でいつから海外に行ける?持ち物/耳抜き/座席選び

赤ちゃんと温泉旅行はいつから?おすすめの泉質や入る時の注意点とは!

飛行機に離乳食の持ち込みは可能なの?温められるってホント?!

飛行機内にベビーカーは持ち込みできる?手荷物なら別料金がかかるの?

赤ちゃんをおんぶして自転車に乗るのは危険!正しいやり方を紹介!

Sponsored Links
Sponsored Links