赤ちゃんの耳の中は小さくて見えにくいので、耳垢がどの程度溜まっているのか分かりにくいことが多いです。

 

実は、赤ちゃんの病気の中で多いものは、意外にも耳の病気ってことを知っていますか?

 

耳の病気は症状が悪化すると痛みや発熱を伴うことが多いので、早めの発見が肝心になります。

 

今回は、赤ちゃんの耳垢について、耳垢でベタベタしたり、耳だれが黄色い・臭い原因や対策方法について、お伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんの耳垢の種類

赤ちゃんの耳垢は、どちらかというと水分が多くベタベタしていることが特徴です。

 

そのため、ベタベタしていること自体は病的ではありません。

 

ベタベタしていると耳垢で耳の穴が塞がってしまうのではないかと心配してしまいますが、自然と塊になって外に排出されていくので、耳掃除をしなくても耳の穴が塞がるようなことはありません。

赤ちゃんの耳掃除は必要?

赤ちゃんの耳掃除は綿棒で優しく」というフレーズを育児本などでも見かけますが、赤ちゃんの耳掃除はあくまで耳の表面を清潔に保つことが目的になります。

 

赤ちゃんの耳を正面からまっすぐ見て、見える範囲を優しくベビーオイルをつけた綿棒で汚れを拭き取ることが自宅ケアの方法としてオススメです。

 

とくにお風呂上りは汚れが浮きあがりやすいので、軽く綿棒で掃除しながら耳の様子を観察してみると良いですよ(*’ω’*)

 

赤ちゃんの耳は穴の入り口から鼓膜までの距離が短いので、耳穴に綿棒は入れないようにしてくださいね。

 

私も産婦人科でこの方法や注意事項を教わって耳掃除をしてみましたが、耳のまわりだけでも意外に綿棒で優しくこするだけでごっそりと耳垢が取れるので驚きました。

耳の病気の兆候をチェックして対策!!

耳の病気の兆候としてはこんなことがあげられます。

 

・耳垂れがある

耳の中から黄色い液が出ていると、耳の中に炎症があることが多いです。

 

炎症で鼓膜がパンパンになると自然に鼓膜に穴が開き、膿が排出される液体が耳垂れになります。

 

この場合は中耳炎なっている可能性があって、おもに風邪などのウイルスや細菌が鼻水より耳へ流れこむことが原因になります。

 

耳垂れは黄色いので、気が付くとベビー服や耳のまわりが黄色く汚れているので気が付きやすいです。

 

・耳が臭い

耳垂れは耳に炎症が起きて、悪化すると膿がたまってしまいます。

 

膿は菌の温床になるので、黄色く耳の中は生臭いようなにおいがすることが特徴です。

 

・耳を痛がる

耳に膿が溜まってしまうと鼓膜がパンパンに張れてしまい、痛みや発熱を伴うことがあります。

 

耳を頻繁に気にする様子がある場合は耳の病気で痛いというサインかもしれないので、注意が必要です。

 

赤ちゃんの耳が臭ったり、耳垂れなどの症状がある時は、対策として自宅ケアではどうにもなりません。

 

そのため、早めに耳鼻科で診てもらうのが一番早く完治する近道だと言えます。

 

耳の疾患は悪化すると発熱や激しい痛みを伴うことで、赤ちゃんは食事を摂れなくなってしまうこともあるので気をつけてくださいね(*’ω’*)

 

早めの対処で赤ちゃんを楽にしてあげましょう!

赤ちゃんに優しい耳のお掃除用品を紹介!

赤ちゃんが中耳炎になった場合は耳鼻科での治療が必須ですが、赤ちゃんの耳に異常がないか観察することは自宅でも可能です。

 

耳の疾患を早期発見するためにも、耳を清潔にしながら観察することが大切です。

 

大人と違って赤ちゃんの皮膚は柔らかくてデリケートなので、耳掃除をするための製品も赤ちゃんに優しい物を選んだほうが良いです。

 

・フィットライフ二段綿球シャワー綿棒

こちらの綿棒はコットンが2重構造になっているので、耳の穴に深く挿入できないようになっていて安心です。

100%天然の綿花で作られているのでm赤ちゃんの耳のケアに最適です。

・ピジョンベビークリアオイル

こちらのオイルは、無着色・無香料・パラペンフリーで作られた保湿オイルです。

全身に使用可能で、耳掃除の後などの保湿にもとってもオススメの逸品です。

 

まとめ

  1. 赤ちゃんの耳垢は水分量が多いので少しベタベタしている
  2. 赤ちゃんの耳は鼓膜が耳穴の近くにあるので穴の中まで耳掃除はしない
  3. 耳垢は溜まってくると自然に穴の外へ排出される
  4. 赤ちゃんの耳掃除は目の見える表面を優しく綿棒などでケアする
  5. 耳垂れや耳が臭うなどの耳の症状がある時は早めに耳鼻科の受診を
  6. 赤ちゃんの皮膚はデリケートなので耳掃除グッズも赤ちゃんにあったものを選ぶ

 

耳の病気は悪化すると痛みや発熱を伴うことが多いので、完治に時間がかかってしまうこともあります。

 

なので、少し様子を見るのではなく、気になった症状があった場合は耳鼻科を受診して耳の中に異常がないか観察してもらうことで、早期に対策をうつことができます。

 

耳のケアについては、耳の穴の奥まで自分で行おうとしてしまうと赤ちゃんが急に動いて思わぬトラブルを引き起こしてしまう危険性があるので、耳の表面を清潔に保つだけで十分です(*’ω’*)

 

赤ちゃんの耳をケアしながら観察することが重要ですね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんが中耳炎になったらお風呂はダメ?原因・症状・見分け方とは!

赤ちゃんの耳掃除を耳鼻科でできるのはいつから?頻度はどのぐらい?

赤ちゃんの耳かきはいつから?ピンセットでとるのは鼓膜に危険!?

赤ちゃんが耳掃除で泣く/嫌がる時の対策!血が出てきたらどうするの?

Sponsored Links
Sponsored Links