赤ちゃんが寝返りをしてうつぶせができるようになると、頭を上げてかわいい笑顔を見せてくれます。

 

そして、ずりばいでちょっとだけ進んだりしはじめると、今度はいつお座りをするようになるかな?と気になりますよね。

 

今回は赤ちゃんのお座りについて、紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんがお座りする時期はいつごろ?

赤ちゃんがお座りする時期の目安は、およそ6~7ヶ月頃です。

 

最初はカラダを丸めて腕で支えるような不安定な座り方で、すぐにフラフラします。

 

お座りをしようとしてカラダを起こそうとしたらコロンと倒れてしまったりして、キョトンとした表情がすごくかわいいです。

 

その反面、赤ちゃんが倒れるのを見て、私はハラハラしてもいました。

 

8~9ヶ月頃になると、しっかり腰も座ってきて安定して座れるようになります。

 

座ったまま両手を上げることもできるようになって、パチパチと手をたたいたりできるようになります。

 

9ヶ月になってもお座りをしないと遅いのかな?というと、必ずしもそういうわけではなくて、赤ちゃんの成長は個人差が大きいです。

 

友人の赤ちゃんは、お座りをしないのにつかまり立ちができるようになったと言っていたので、発達の順番も赤ちゃんによってそれぞれですね。

 

もし心配になったら、健診のときなど聞いてみると相談にのってもらえますよ。

どうやって頭を打つ・倒れるのを防ぐ?

お座りを始めたばかりの赤ちゃんはまだ上手に座れないので、前につぶれたり後ろにひっくり返ることがよくあります。

 

手を放してお座りできるようになっても、喜んで笑ったり、びっくりしたりすると、その勢いで倒れてしまうことも。

 

倒れたときに頭を打つと痛くて泣いてしまうだけでなく、ケガの心配もあります。

 

赤ちゃんが機嫌よく遊んでいられるように、倒れて頭を打つのを防ぐポイントをまとめてみました。

 

  • 赤ちゃんのまわりに物を置かないようにする
  • 床にやわらかいマットや厚めのじゅうたんを敷く
  • テーブルなどの角にカバーをつけておく
  • 赤ちゃんが座るまわりにクッションを置いてあげる

 

私は家にあまりクッションがなかったので、授乳のときに使っていた三日月型のクッションを赤ちゃんの背中から囲むように置いて使っていました

 

赤ちゃんの背中をちょっと支えつつ、横に倒れても頭を打たずにキャッチできるのでオススメですよ!

お座りできないときは練習したほうがいいの?

お座りする時期の目安である6~7ヶ月頃を過ぎても赤ちゃんがしっかりお座りできていないと、まわりの子と比べてしまって不安になりますよね。

 

気になるときは、かかりつけのお医者さんや市の保健師さんなどの専門家に相談してみましょう

 

もし赤ちゃんが上手にハイハイしたりして腰が座っているのなら、練習をしてみると案外簡単にできるようになることもあります。

 

練習の仕方は簡単で、赤ちゃんの後ろに座って両脇を支えてお座りの姿勢をとらせてあげて、手を離してつぶれたり倒れたりしそうになったらまた支えてあげます

 

いきなり長時間続けると赤ちゃんに負担がかかりますので、少しずつ慣れるようにするのがコツです。

 

私は赤ちゃんが好きに動けるようにしておいてあげたかったので、練習はしていませんでした。

 

ただ、体を起こして抱っこしてあげると機嫌が良さそうだったのを見て、首が座ったら使える赤ちゃん用の椅子を買ってあげてときどき座らせたことはありました。

 

お座りの練習ではありませんが、しっかり支えてくれて倒れることもない椅子でお座りの感覚を少しつかんでいたのかもしれません。

 

気がついたら上手にお座りできるようになっていましたよ。

 

まとめ

  1. 赤ちゃんがお座りする時期の目安は6~7ヶ月頃
  2. 赤ちゃんがお座りする時期にはまわりに物を置かない
  3. 床や家具で頭を打つのを防ぐためにやわらかいものを敷いたりカバーをつける
  4. 赤ちゃんのまわりにクッションを置いてあげる
  5. お座りができないときは腰が座っていたら練習でできるようになることも

 

赤ちゃんがお座りできるようになるのは、お座りできるほどカラダが発達したからになります。

 

お座りがまだできないときはまだカラダの成長が追いついていない可能性があるので、無理に練習はせずに、個人差があると割り切って成長を見守ってあげたいところです。

 

赤ちゃんがお座りを始めたら、まわりを整えてそっとサポートしてあげてくださいね。

 

また、心配ごとは周りの人や専門家に相談してみるだけでも、色んなケースを聞くことができて安心につながります。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

キャリフリーチェアベルトのメリットとは!使い方を動画で紹介!

赤ちゃん用椅子で人気のバンボとカリブの違い!食事の時にローチェアは必要?

赤ちゃんがお座りしない・できない・遅いのなぜ?オススメのクッションや椅子はある?

寝返りとお座りの順番はどっちが先?逆/しない/遅い時は練習必要?

赤ちゃんが歩くようになるのが遅いのはなぜ?早い子との違いとは!

赤ちゃんが食事中に椅子に座らない!ベルトを使って手軽に対処!

Sponsored Links
Sponsored Links