妊娠が分かってから、急に便秘がひどくなったと感じる女性は多くいます。

 

私も便秘がひどくなった一人です(^^;)

 

いきんだり、気張ったりしてお腹の赤ちゃんは大丈夫なの?

 

もしかして、赤ちゃんに負担がかかって苦しむかな?

 

今回は、妊娠中のひどい便秘について、気になることを調べてみました!

Sponsored Links

 

妊娠すると便秘になる理由

妊娠初期は、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが増加することで、大腸の蠕動運動を低下させてしまいます。

 

これにより便が腸内に滞り、また滞っている間に便の中の水分が吸収されてしまうので、より便が硬くなって出にくくなってしまいます。

 

元々、女性は便秘になりやすいですが、妊娠することで更にひどくなってしまう場合が多いです。

 

しかし、プロゲステロンは流産を防ぐのに大事なホルモンなので、便秘は正常な症状とも言えるので安心してくださいね☆

妊娠中の便秘の解消法

妊娠初期は排便時に普通にいきんだり、気張ったりするぐらいでは流産することは殆どありませんが、強くいきむとお腹に必要以上に負荷がかかり、流産の危険性が全く無いとは言い切れません。

 

また、無理やり便を出そうとすると、肛門が切れて痔になってしまい、出血する場合もあります。

 

出来る限りいきんだり、気張ったりすることなく、便秘を解消することが大切だと言えますね。

 

便秘を解消する方法をいくつか紹介します。

運動

体に負担の無い範囲で行える運動を取り入れます。

 

赤ちゃんがお腹にいるだけでもママには大きな負担となっているので、少しでも違和感があればすぐに中止するようにしてください。

 

ウォーキングといった軽い運動をするだけでも腸を刺激して腹筋も鍛えられるので、血行を良くして便秘を解消することが出来ます。

 

出産時に必要な下半身の筋力も鍛えられるので、意識的に身体を動かすようにすると良いですね。

 

また、お腹の上から腸をマッサージして刺激してあげるのも効果的です。

 

「の」の字を書くように、ゆっくりと手の平で優しくマッサージしてあげると良いですよ☆

食事と水分補給

食物繊維が豊富な野菜や大豆製品、ヨーグルトや納豆といった発酵食品を取り入れることで、便のかさが増えて便意が促されたり、乳酸菌によって腸内環境を整える効果があります。

 

また、お腹を冷やすことで血流が悪くなり便秘になることもあるので、温かい飲み物やスープも積極的に飲むと良いですよ。

 

野菜と一緒に水分も摂れるので、更に便を柔らかくして出やすくなります。

ストレスを溜めない

ストレスは血行を悪くする働きがあるので、便秘を悪化させる場合があります。

 

リラックス出来るような音楽を聞いたり、自分の趣味の時間を楽しみながら過ごすことも大切です。

 

神経質になり過ぎないように、毎日楽しめるように心がけて過ごしてくださいね。

便秘薬として利用されている薬

基本的に妊娠中は薬を避けるべきだと言われています。

 

これは、胎盤を通じて赤ちゃんに薬の成分が入ってしまうためだと言われています。

 

しかし、あまりにも便秘がひどい場合、産婦人科医に相談すれば赤ちゃんに悪影響を与えない便秘薬を処方してもらえます。

 

その中の1つにマグミットがあります。

 

マグミットは昔から処方されているものなので安全性が高い薬で、便秘の人や胃の調子が良くない人へよく処方されます。

 

主成分の酸化マグネシウムは腸内の水分を引き寄せることで便を柔らかくし、便通を良くする働きがあります。

 

腸自体を刺激する薬ではないので便秘解消に時間はかかることはありますが、必要な分しか吸収されないため赤ちゃんへの悪影響はあまりないとのことです。

 

ですが、なかなか便秘が解消されないからと言って、勝手にマグミットを増やすことは非常に危険です。

 

副作用は少ないですが、飲み過ぎると高マグネシウム血症となり、腎不全などの腎機能が低下している人は最悪死に至る場合もあるそうです。

 

自己判断で飲む量を増やさずに、必ず主治医に相談するようにしてくださいね。

 

まとめ

  1. 普通にいきんだり、気張ったりする程度では流産の危険性は低い
  2. 便秘解消のために無理のない範囲で運動を取り入れる
  3. 食事は食物繊維の豊富な野菜や発酵食品を積極的に摂るようにする
  4. 便秘が解消されない時は、産婦人科で薬を処方してもらう

 

妊娠初期の便秘はいつまでも続くわけではなく、ホルモンバランスが安定してくると解消されることがほとんどです。

 

私は、妊娠5ヶ月頃になって気張ることなくコロコロっと出てきた時には、すごく嬉しかったです(笑)

 

妊娠後期になると、次は赤ちゃんが大きくなってお腹が圧迫されて、また便秘になりやすくなる場合もあります。

 

その時も妊娠初期と同じような対処法で解消出来るので、早め早めに対策をしてみてくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

妊娠超初期症状の兆候とは?鼻水/くしゃみ/喉の痛み/頻尿/イライラ/高熱

妊娠初期症状は風邪に似てる?鼻水・咳・熱・頭痛・喉の痛みはいつから出てくる?

妊娠初期のつわりはいつから?しない人はなぜ?ピークや症状について!

出産の入院日数・期間はどれぐらい?準備でパジャマは何枚必要?メイクはすべき?

マタニティヨガはいつまで可能?自宅でできる効果バツグンのポーズとは!(動画付き)

つわりが夜にひどくなる原因は何?吐き気/ムカムカで眠れない時の対策とは!

つわりで入院する基準や目安は何?入院費用は医療保険が適用される?

つわりでつらい時は仕事は休む?ピークを軽減する方法や薬はある?

食べつわりが辛い!太る/吐き気を防ぐ方法とは?空腹や虫歯に要注意!

Sponsored Links
Sponsored Links