赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートで、環境の変化などさまざまな要因で皮膚状況が左右されてしまいます。

 

頭のフケもそのひとつで、頭の皮膚がはがれ落ちて新しい皮膚に入れ替わります。

 

少しずつ頭の皮膚がポロポロとはがれ落ちていくので、

 

「見た目がちょっとなぁ・・・」

 

と気にする方も多くいますが、無理にはがしてしまうと皮膚トラブルの原因になってしまうので、注意が必要です。

 

今回は、赤ちゃんの頭にできるフケの原因や、かさぶたの取り方、オススメのシャンプーについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんの頭にフケができる原因とは?

赤ちゃんの頭にフケができてしまうのには、いくつかの原因があります。

 

考えられる理由をいくつか紹介します。

脂漏性(しろうせい)皮膚炎

赤ちゃんが生まれてから1か月頃に、顔や頭に湿疹やかさつきが出ることがよくあります。

 

程度に差があるので、顔に少し湿疹が出るだけだったり、頭のほうまで湿疹が広がる赤ちゃんもいたりします。

 

この症状はホルモンバランスがおかしくなることが原因でよく起こるそうで、数か月したらホルモンバランスが安定していくので、徐々に皮膚状況も改善していきます。

 

基本的には、薬などは使わず清潔にしておけば大丈夫ですね。

 

わが子も新生児のときに脂漏性湿疹から皮膚炎にまで悪化してしまい、頬が真っ赤になってカサカサになっていました。

 

乳児検診のときに「清潔に保つことと。顔を枕やベッドにすらないように」と指導されて、徐々に改善していきました。

乾燥性湿疹

赤ちゃんが産まれると外気にさらされてしまうので、皮膚が乾燥しがちになります。

 

また、皮膚の脂があまり多く出ないので、皮膚がカサついて頭の部分はフケになって、ボロボロと皮膚がはがれ落ちてしまいます。

 

市販の保湿クリームで対応するのも良いですが、あまりにもカサつきがひどい場合は、病院で保湿クリームを処方してもらったりするのも良いですよ。

アトピー性皮膚炎

脂漏性皮膚炎や乾燥性湿疹の場合は、皮膚を清潔にして保湿してあげると時間とともに改善されていくことが多いです。

 

それでも症状が変わらない場合は、アトピー性の皮膚炎の可能性も考えられます(´・ω・`)

 

その場合は、頭だけではなく手足などの関節部分もカサついている場合があるので、よく観察してみてください。

 

あまりにも症状がひどい場合は、医療機関へ一度受診するといいですよ。

頭にできたかさぶたはとっても大丈夫?

頭の皮膚もほかの皮膚と同じように、少しずつはがれ落ちていきます。

 

顔や耳などの皮膚ははがれ落ちてもあまり目立ちませんが、頭皮は髪の毛があるので、はがれた頭皮がふけとして大量に髪の毛にこびりついてしまうんです。

 

見た目も汚らしく見えてしまうこともあります(´・ω・`)

 

かさぶたになってまだ頭皮にこびりついているものは、無理に剥がそうとすると皮膚トラブルになります。

 

フケのケアとしては、まずは髪の毛についているものをとってあげます。

 

そのときに無理にひっぱらずにやさしく取ってあげてくださいね。

 

髪の毛についたフケの取り方の一例を紹介します。

 

【髪の毛についたフケの取り方】

  1. 赤ちゃん用のベビーコームで髪をとかす
  2. 湿らせたタオルでフケを取りのぞく

 

お風呂の時に一緒にしてあげると良いかと思います。

 

おでかけのときはちょっと見た目を気にしてしまいますので、時間がないときは帽子をかぶせるのもアリです。

 

その場合は、頭が蒸れたりするのを予防するため、通気性のよい帽子をかぶせてあげてくださいね。

フケを綺麗に落とす頭の洗い方のコツとは?

頭を洗うときに、頭についたフケを上手に洗い落とすコツがあるので紹介します。

 

【頭の洗い方のコツ】

  1. シャンプーの前に蒸しタオルをあてたり少しシャワーをして頭皮を湿らせる
  2. ゴシゴシ洗おうとしない
  3. よく泡立てて洗う
  4. 頭についた石けんはよく洗い流す

 

フケがすごいと「きれいに洗わなくては!」と思ってゴシゴシ洗おうとしてしまいがちになります。

 

頭をゴシゴシ洗おうのは逆効果で、余分な皮脂まで落としてしまいます。

 

泡に洗浄効果があるので、泡立ててから頭や髪の毛につけることが皮膚に負担をかけないコツですよ(*’ω’*)

 

また、頭に石けんが残っていると、余計にフケができたり、頭に炎症が起きてしまうこともありますので、石鹸はしっかり流してあげてくださいね。

オススメのシャンプーを紹介!

石けんが刺激となってトラブルが起きているいる場合は、低刺激のシャンプーもおすすめです。

 

赤ちゃん用の低刺激シャンプーをいくつか紹介します。

【和光堂】ミルふわシャンプー

母乳の成分をお手本にした保湿成分たっぷりのシャンプーです。

 

泡タイプなので手軽に使えるのが特徴です。

 

【アトピタ】保湿頭皮シャンプー

シャンプーの泡が頭に残りくいので、洗い残しによる皮膚トラブルが軽減できるというのが特徴です。

 

保湿配合なので洗った後もしっとりツルツルです。

 

【ピジョン】全身泡ソープ

こちらはシャンプーではなく、全身に使用できる低刺激のソープです。

 

これ1本で全身使えて便利なので、私はこれを愛用していました。

 

出産した産院でも使用していたというのも選んだ決め手でした(*’ω’*)

 

 

調べてみるとたくさんの種類のシャンプーがありますが、泡タイプは片手でプッシュできて楽なので、個人的にもオススメです。

保湿はしたほうが良い?

乾燥によってフケができているのであれば、保湿は必須です。

 

しかし、個人の判断で市販の保湿液などをたくさん塗ってしまうと、皮膚が保湿液で詰まってしまって余計に悪化してしまう場合もあります。

 

やはり、皮膚トラブルはデリケートな問題ですので、小児科か皮膚科に一度相談したほうが適切な処置ができると思います。

 

医師に相談してみると、医師から皮膚を清潔に保つ方法を教えてもらったりできますので、自宅ケアに取り入れてくださいね!

 

まとめ

  1. 赤ちゃんのフケは乾燥性と脂漏性がある
  2. 頭のかさぶたは無理に剥がそうとしない
  3. フケはブラシや湿らせたタオルで優しく取り除いてあげる
  4. シャンプーは低刺激で泡タイプのものがオススメ
  5. 保湿は自己判断ではなく病院で診てもらったほうが良い

 

赤ちゃんの皮膚はデリケートで、ちょっとの刺激でも悪化してしまう場合があります。

 

また、一回の診察ではなかなか原因が特定できず、処方される薬を少し変えながら経過を見ていくこともよくあります。

 

基本的なケアはどれもさほど変わらないので、紹介したやり方できれいにフケをとってあげてくださいね!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの頭にできたあせもの治し方!薬で保湿・予防していいのかな?

赤ちゃんの乾燥肌は新生児からのケアが大事!おすすめの薬・入浴剤・洗剤を紹介!

赤ちゃんのほっぺが片方だけ赤いのはなぜ?カサカサ乾燥肌には馬油がオススメ!

Sponsored Links
Sponsored Links