産まれた時から髪の毛が多い赤ちゃん、少ない赤ちゃん。色んな赤ちゃんがいます

 

いつの間にか前髪が目にかかりそうってなることが多いんですよね。

 

でも、髪を切ってあげたいけど、どうやったら上手く切れるのか困る・・・なんて思ったりもします。

 

そこで今回は赤ちゃんの髪を上手にカットするコツや髪型アレンジついて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんの髪を上手にカットする切り方やコツとは?

赤ちゃんの髪を初めてカットするのみは、親にとっては大切なイベントの1つです。

 

赤ちゃんの髪を初めてカットするのはいつ頃かというと、髪の量や長さに個人差がありますが、1歳までにはカットするという方が大半のようです。

 

私の場合はわが子が6ヶ月頃になると、前髪が目に入りそうだったのでバッサリ切りました!

 

初めてのカットは、もちろんと言っていいほど変な髪型になりました(笑)

 

しかも、床に髪を敷いて寝かせて、右側を向かせて左側の髪を切り、そして左側を向かせ右側を切るという荒技でした(笑)

 

動き回るのでかなり怖かったです・・・

 

今考えてみると恐怖ですね(汗)

 

髪をカットするときに失敗してケガするのが怖いという方は、赤ちゃん用のバリカンを使ってみると良いですよ。

 

 

バリカンというと「丸坊主」のイメージですが、刃型を変えればアレンジ自在です!

 

前髪だけにでも使えるので女の子でも使えますよ。

 

それでは、お家で簡単にできるカットの方法を紹介していきます。

準備するもの

 

  • 散髪バサミ
  • すきバサミ(量が少ない子はいらない子も)
  • バリカン(はさみを使わない方に)
  • くし
  • ケープ(大きなビニール袋をくり抜いて代用可能!)
  • 霧吹き(髪の量が多い子に)
  • 新聞紙(床にひくために)
  • ベビーチェア

 

はさみ、バリカン、くしなどは先が丸い赤ちゃん専用のものが安全ですよ。

髪の毛をカットする方法

霧吹きで髪の毛を濡らす

とくに髪の毛が多い子には必要な作業になります。

 

髪の毛が乾くと短くなるので、それを想定してカットすることがコツです。

 

くせっ毛や髪の毛が揃ってない子、髪の毛の量が少ない子は乾いた状態でのカットがしやすいそうです。

 

顔周りからカット

全体のバランスを見ながら顔周りの髪の毛をカットしていきます。

 

すきたい部分をカット

髪の毛の量が多い子はすきバサミで好きたい部分をカットします。

 

くしで整えて仕上がり確認

くしを通してあげて、仕上がりを確認します。

 

少し短くしたい場合はもう一度カットしていきます。

 

切った髪を取ってあげる

ドライヤーの強さを弱風にして顔周りについた髪の毛を取ってあげたり、お風呂に入れてあげます。

 

髪の毛がチクチクするだけで肌が荒れる場合もあるので、なるべく早めに取り除いてあげてください。

 

以上が髪の毛をカットしていく手順になります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

文章だけだとわかりにくいですよね(汗)

 

こちらの動画ではプロの美容師さんが赤ちゃんの髪の毛を上手にカットするコツを、わかりやすく説明してくれています。

 

もし、赤ちゃんがカットを嫌がるようであれば、日にちを分けて少しずつ切るのも1つの手ですね。

 

他にもおもちゃを使ったり、DVDなどを見せたりしてじっとさせる方法もオススメです。

 

もし、わが子にどうしてもさせたい髪型があるけど自分ではなかなか出来ないという方は、やはりキッズ専用の美容室でプロの美容師さんに切ってもらうほうが良いですね。

 

そのときには、カタログや画像などを見せると美容師さんも想像しやすいですよ。

 

キッズ専用の美容室はイスが乗り物になっていたりして、赤ちゃんもママも飽きなくて楽しいです☆

赤ちゃんに人気の髪型を紹介!

女の子は前髪だけをカットすることが多いですが、男の子はサイドの髪もカットしたりします。

 

ちょっと男の子中心にはなってしまいますが、人気のある髪型を紹介します。

 

ソフトモヒカン

サイドを短くし、トップにボリュームがあるソフトモヒカン。

 

髪の毛を切らなくてもモヒカンになってるっていうのが多いですね。

 

前髪ぱっつん

赤ちゃんの時期によくするのが前髪ぱっつん。

 

簡単にできるのも人気がある理由かもしれませんね。

 

とくに女の子は大きくなってくると自分のしたい髪型をしたくなるので、自分が好きな髪型に出来るのは赤ちゃんの時だけかも。

 

前髪だけをカットしたいときは、こちらの動画が参考になりますよ☆

 

七三分け

かっこよく決めたい赤ちゃんや、フォーマルな場所で七三分けはとっても人気です。

 

また、カットしなくても出来る髪型なのも人気の理由です。

 

赤ちゃんのスキンケア用ミルクやオイルなどでスタイリングができるので簡単ですよ。

 

ツーブロックヘア

ツーブロックヘアは両サイドと襟足をバリカンで刈り上げ、トップにボリュームを残す髪型です。

 

トップの長さを長めにすると、お兄ちゃん風になります。

 

短めにするとやんちゃなイメージにする事ができるので、1つの髪型で2つのイメージを持たせることができるのも人気の理由ですね。

 

この動画はかなりリアルだと思います(笑)

 

子どもはこんな風にジッとしてくれないんですよね(汗)

 

髪を切る側も一苦労ですね・・・

ヘアアレンジ術を紹介!

髪の毛が長くなってきたら、男の子はカットして短くしますが、女の子はヘアゴムなどでアレンジするととっても可愛いですよね。

 

少しの髪の毛をちょこんと結ぶだけでとっても可愛いです。

 

すぐに使えそうなヘアアレンジ術を紹介していきます。

 

ヘアバンド

短い髪の毛や髪の量が少なくても、1番手っ取り早く可愛く出来るのがヘアバンド。

 

ネットやフリマアプリなどで可愛いヘアバンドがたくさん売られています。

 

大きなお花がついていたり、リボンがついていたりバリエーションも豊か。

 

0歳児からすぐ使えるので、1つは持っておきたいアイテムですね。

 

 

ヘアピン

髪の毛が少ない赤ちゃんはちょっと難しいかもしれませんが、ヘアピンでも簡単にアレンジ可能です。

 

顔周りの髪の毛をヘアピンでまとめるだけで、髪の毛もかからないし可愛いし一石二鳥。

 

赤ちゃんの髪の毛はとても柔らかいので、滑りにくい商品を選ぶのがポイントですね。

 

 

ヘアゴム

髪の毛の量が少なくても長くなってきたら簡単アレンジ出来るのが、ヘアゴムです。

 

耳の上でツインテールにしたり、ツインテールをお団子にしてくまさんの耳みたいにしたり、ポーニーテールなどとっても可愛い髪型にアレンジできます!

 

私が好きな髪型はくまさんの耳みたいにする髪型です。

 

友達の赤ちゃんがいつもその髪型でとっても可愛いんですよね。

 

ヘアアレンジ中にジッとしてくれず、上手く出来ないって方も多いみたいです。

 

そんな時は、寝ている時やテレビなどに集中している時などを狙ってすると上手く行く確率がアップしますよ。

 

嫌がっているのに無理やりしてはダメですよ。

 

赤ちゃんの肌や髪の毛はとってもデリケートで柔らかいため、無理にひっぱったりキツく縛ったりしないことが大事です。

 

赤ちゃんの嫌がらない範囲内でヘアアレンジを楽しんでくださいね。

 

 

こちらは、伸ばしかけの前髪のヘアアレンジを紹介してくれている動画になります。

 

私が学生の頃にすっごく流行りだした前髪くるりんぱです。

 

髪の毛の量や長さが無くてもとても簡単に出来るヘアアレンジです。

 

そしてこちらの動画は赤ちゃんというよりもう少し大きくなってからですが、簡単に編み込みできるやり方を説明してくれています。

 

編み込みって聞くだけですごく難しそうに思うのですが、やり方とコツを掴めば意外と簡単にできそうな感じです。

 

まとめ

  1. 初めて髪の毛を切るのは個人差はあるが1歳前後までに切る方が多い
  2. 道具を揃えて、安全にカット!
  3. 人気の髪型は芸能人の髪型を参考に
  4. 女の子はヘアアレンジが自由自在!TPOに合わせていろんなアレンジを楽しんで。

 

「髪の毛を伸ばして筆にしたい」っていう方も多いのではないでしょうか?

 

私もわが子の髪の毛を筆にしたかったのですが、それなりの値段するのと作ってもあまり使い道がないので、今のところ筆は作らないと旦那と決めています。

 

自分で切ってしまうとガタガタになってしまうので、人見知りが落ち着いてすぐにぐずったりしなくなればキッズ専用の美容室に行こうかと思います☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links