赤ちゃんがミルクや母乳を飲んだ後、赤ちゃんの背中をトントンしてげっぷさせようとしますよね。

 

でも、ミルクや母乳を飲んでいる途中で眠ってしまう場合も多かったりして、寝ている時にげっぷをしてミルクや母乳を吐いてしまって咳き込むこともあります。

 

今回は、赤ちゃんのげっぷについて、げっぷで苦しそうな時の対処法などをお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Sponsored Links

げっぷと一緒に吐くのはよくあること?

赤ちゃんは哺乳瓶でミルクや母乳を飲む時に、哺乳類に入っている空気も一緒に飲み込んでしまうことがあるので、よくげっぷをします。

 

そもそも赤ちゃんの胃の構造は大人と違ってあまり曲がっていないので、少し吐きやすい構造になっています。

 

そのため、げっぷが出る時に少しミルクや母乳を吐いてしまうことはよくあることなので心配はいりません。

 

げっぷは出してあげたほうが赤ちゃんのおなかの中にガスが溜まらず苦しくなりにくいので、出来るだけこまめに食後にげっぷを出してあげるとミルクを吐きにくくなります。

 

わが子もげっぷを出せずに寝かせてしまった時は、寝ている途中にげっぷと一緒にミルクをドバっと吐いてしまったことがあって、そのときはすごく焦りました( ゚Д゚)

 

げっぷはなるべく出してあげたほうが赤ちゃんもママも安心ですね☆

ミルクや母乳の後に吐いてしまうのは飲み過ぎなの?

赤ちゃんは1回で多くの量のミルクや母乳を飲むことが出来ないので、どうしても複数回に分けで飲ませることになります。

 

「こんなに頻繁に飲んで飲み過ぎなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、おなかがいっぱいになったり、飲み疲れてしまった時は自然と飲むのをやめるので、飲み過ぎて吐いてしまっているということはありません。

 

げっぷと一緒に少しミルクが出てしまうのは溢乳(いつにゅう)というもので、赤ちゃんがケロリとしている場合は心配いりません。

 

反対にミルクや母乳を噴水のように吐いたり、いつも飲んだ量と同じぐらいの量を吐き戻すような場合は赤ちゃんがグッタリしていることも多いので、一度病院へ受診したほうが良いかと思います。

げっぷが出なくて苦しそうな時の対処法

げっぷが出なくてうなって苦しそうな赤ちゃんもいますが、この場合は苦しいというよりもげっぷが出なくてむず痒いような感じになっていることが多いです。

 

赤ちゃんにげっぷを出させるには、背中の肩甲骨の間付近を優しくトントンとしてあげると良いと、一般的には言われています。

 

その際には赤ちゃんの体勢は少し上半身を持ち上げてあげたほうが空気が出やすいです(^^♪

 

背中を下から肩甲骨に向かってさすってあげるのも効果的です☆

 

こちらの動画ではげっぷの出し方のコツを丁寧に教えてくれていて、私も参考にしていました。

げっぷが出ないからといって強くたたかないで!

「げっぷを出さないと!」と、いつの間にか赤ちゃんを強くたたいてしまうこともあります。

 

赤ちゃんの脳は未熟で衝撃に弱いので、強く叩きすぎてしまうと脳出血になる危険性もあります。

 

大人の軽い力でも赤ちゃんにとっては大きな力なので、優しく叩いてあげてくださいね。

 

まとめ

  1. 赤ちゃんの胃は未熟で吐きやすい構造になっている
  2. こまめにげっぷを出してあげると吐きにくくなる
  3. 飲み過ぎで吐いているということはない
  4. 噴水のように大量に吐く場合は一度病院へ
  5. げっぷを上手に出してあげるようにげっぷの出し方のコツをマスターする
  6. げっぷを出させようと強くたたきすぎないように

 

赤ちゃんはちょっとしたことですぐに吐いてしまったりと変化しやすいので、ママやパパは赤ちゃんの様子を注意深く観察することが重要です。

 

多少吐いてしまうこと自体はミルクの飲み過ぎではなく赤ちゃんのカラダの構造上で生理的なことなので過度な心配はありませんが、赤ちゃんの様子次第では病院の受診が必要な場合もあるので注意してくださいね。

 

赤ちゃんのげっぷは必ずしも出さないといけないわけではありませんが、出来るだけ空気が溜まらないようにしてあげたほうが、その分吐くことが少ないです。

 

今回紹介した動画でげっぷを出すときのコツや注意点を参考にしてみてください☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんがげっぷしない・出ない!上手にできる出し方/方法/姿勢とは?

赤ちゃんがげっぷしないで寝てしまうけど問題ナシ?多いのも大丈夫?

Sponsored Links
Sponsored Links