妊娠生活中に1度は撮りたいと思うマタニティフォト

 

マタニティフォトは妊娠8ヶ月~9ヶ月の時に撮影するのが一般的のようです。

 

おなかが1番大きくなった頃がやっぱり1番かわいいですもんね。

 

人生に何度あるかわからない妊娠期間。そんな特別な瞬間を写真として収めておくのは本当に本当にオススメです。

 

私も実際マタニティフォトを撮っておいて正解だったなぁって思っています。

 

今回は、マタニティフォトをおしゃれに撮りたいママたちにオススメの洋服や小物などを紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

マタニティフォトを撮るメリットとは?

マタニティフォトを撮るメリットを感じていないママとパパもまだまだ多いかもしれません。

 

実際、私の主人はマタニティフォトの存在すらイマイチわかっていませんでした。

 

でも、最終的には積極的に撮影にも協力してくれたんです!!

 

それは私が泣いて頼んだから、ではありません!!(笑)

 

妊娠期間という人生で何度あるかわからないこの特別な瞬間を、私と同じように大切に感じてくれたから、なんだと思っています。

 

マタニティフォトを撮ることによって、特別な瞬間を写真として大切に保管できるので、産まれてくる赤ちゃんにも見せてあげることもできます。

 

私は赤ちゃんが1歳になった記念に、妊娠から1歳までの写真をアルバムにしました。

 

いつかわが子が自立して結婚するような年代になったら、プレゼントとしてあげるつもりです☆

 

その時に、私たちが特別で大切と思っていた気持ちがあって、生まれる前からこんなに愛されていたんだよっていう気持ちが子どもにも通じたらいいなぁ、なんて思っています。

 

なので、マタニティフォトはママとパパのためだけではなく、長い目で見たら、産まれてくる赤ちゃんにとっても、特別なものなんです!!

マタニティフォトはどんなところで撮ったら良いの?

マタニティフォトは一般的には妊娠8〜9ヶ月で撮ることが多いので、とにかくママの体調が1番大事です。

 

どんなにマタニティフォトが素敵なものであっても、無理をして撮ることはありません。

 

一番良いのは、近くのフォトスタジオで撮ること。

 

スタジオアリスなど大手のフォトスタジオでは、マタニティフォト専用のプランや妊娠期から1歳のお誕生日までの成長を写真に収めるためのプランもあったりします。

 

スタジオアリスでは助産師さんを迎えて、ママと赤ちゃんのためのマタニティセミナーも開講しているんだそうです。

 

おなかが大きくなってくると不安なことも増えてくるかと思いますが、このようなサービスがあると安心ですよね。

 

お店によっては大きくなったおなかにかわいい絵を描いてくれるところもあります。

 

マタニティアートもとってもかわいいですよね!!

 

フォトスタジオで撮ることのメリットは、衣装も小物も揃っていること!

 

好きな衣装や小物をレンタルして写真を撮ることができるので、ママとパパの負担も軽くなります。

 

また、小規模のフォトスタジオでも、こだわりのフォトセットや近所の景色を使ってアットホームな雰囲気で撮ってくれますよ。

 

1日1組の予約でゆっくりと撮ってくれるところもあるので、体調の波がある妊婦さんには安心です。

 

フォトスタジオで撮ってもらわなくても、写真に興味のあるママとパパなら自宅で撮るのも良いですね。

 

なんといっても自宅が一番リラックスできて自由が利くので、妊婦さんの負担も最小限ですみます。

おしゃれなマタニティフォトにするには?

写真技術はカメラマンさんたちに任せるとして、どんな服を着たらおしゃれなマタニティフォトにすることができるか、というのはママたちみんなが悩むところだと思います。

 

いつも着ている服でももちろん良いかもしれませんが、大きくなったおなかを撮るのがポイントになるので、おなかをあえて出すとかわいく撮ることができます。

 

マタニティフォトにオススメの服を、ボトムス、トップス、ドレス、小物の順に紹介していたいと思います!

ボトムス

マタニティ中におなかを締め付けるものは避けていると思いますが、おなかを締め付けるようなものではなく、やわらかく固定してくれるものや、もしくは布やパレオを巻くだけ、というのがオススメです。

 

スカート

私のオススメはロングスカートです。

普段でも履くことができますし、産後も使いやすいので一石二鳥です。

カラーがモノトーンなものを選ぶとシックな印象になって、モノクロ加工をしたとしても綺麗に写ります。

個人的には、妊婦さんの表情はとっても輝いていて綺麗だと思うので、その美しさと喧嘩してしまわないシックな色合いをオススメします。

パレオ

無地のパレオもオススメです。

パレオはフラダンスやタヒチアンダンスの人には馴染みがあるかもしれませんが、普通はあまり身に付けるものではないかもしれない。

でも、パレオなら自分のサイズに合わせて結ぶことができますので、生地の流れが綺麗でオシャレなマタニティフォトが撮れますよ☆

ビーチで撮影すると特にぴったりですね。

ジーンズ

クールな印象にしたい!という方は、あえて妊娠前に履いていたジーンズを履くのも格好良い写真が撮れます。

中に短いスパッツやビキニのボトムスを履いて見えても良いようにしたうえで、ジーンズのチャックとボタンを開けたまま履けば、どれだけおなかが大きくなったのかが一目瞭然です。

胸を隠すトップスやビキニのトップスの上に白いシャツをボタンが開いた状態で羽織って撮れば大人格好いいクールな写真になります。

トップス

私のオススメはおなかやおなかのラインが出るものになります。

 

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、絶対かわいいです!!

 

マタニティフォトを撮る頃は胸が張ってくる時期になりますので、サイズ選びは重要なポイントになります。

 

おなか出しトップス

シャーリング加工と呼ばれる加工がされているトップスなら、胸が締め付けられることなく着ることができます。

ボトムスの色と合わせておくと、よりオシャレに見えますよ。

こちらのようなおなかを出すスタイルだと、かわいい大きなおなかが見えるのと、お店によってはおなかに絵を描いてもらえるので、よりかわいらしい写真にすることができます。

おなかのラインが見えるトップス

こちらのようなピッタリしたトップスならコロンとおなかが見えて、おなかを出すのが恥ずかしいママにもピッタリかと思います。

ドレス

ドレスだとより一層かわいらしい印象の写真にすることができます。

 

かわいらしいドレスでマタニティフォトを撮ってもらいましょう!!

 

ドレスの丈はロング丈がオススメです。

 

「普段着には長すぎるかな」と思う程度の長さでも、写真ではちょうど良かったりします。

 

また、おなかが大きくて裾が持ち上がってしまう心配もあまりありません。

 

ファンタジックなドレス

こちらのようなAラインのドレスは、おなかもきつくなくてオススメです。

おなかの下に手を添えればおなかを目立たせることもでき、まわりに花やグリーンのものを置けば、おとぎ話の中のようなかわいいマタニティフォトに仕上げることができます。

すこしぼかし加工を入れると、よりファンタジックな印象を作り出すことができます。

シックなドレス

こちらのようなシックなドレスも、とても綺麗ですね。

大人な感じでで凛とした印象になります。

タイトドレス

個性的な写真を撮りたい方はあえてタイトなドレスを着ると。モードで都会的な印象になって格好良く撮ることができます。

個人的にはニットでできたミディアム丈かロング丈のものがオススメです。

おなかのラインが綺麗に出るのと、体型が戻ってからも格好良く着ることもできます。

おなかの締め付けが強くないようにサイズを選んでくださいね。

小物

小物は写真では大事な要素になってきます。

 

衣装だけではなく、小物を使ってオシャレ感を出していきましょう!!

 

エコー写真

私のオススメナンバーワンは何と言ってもエコー写真です。

  • 一番最初のエコー写真
  • 一番最初に手が見えた時
  • 一番最初に顔が見えた時

いろんなエコー写真があると思いますが、お気に入りの一枚を選んでみてください。

エコー写真を大きくなったおなかの前で持って撮れば、素敵な思い出になること間違いなしです!

 

ベビーシューズ、ベビードレス

これから産まれてくる赤ちゃんのために、初めて買ったベビーシューズやベビードレスと一緒に写真を撮るのも良いですね。

赤ちゃんが産まれてたら写真に撮ったベビーシューズを履かせたり、ベビードレスを着て写真を撮ると、つながりのある写真になって素敵ですね。

 

ティアラ、王冠

女の子ならティアラ、男の子なら王冠をおなかに乗せてみるのも良いですね。

こちらも生まれたらぜひ赤ちゃんの頭に乗せて写真に収めてくださいね。

とくにニューボーンフォトとして撮ると特別な1枚になるはずです。

 

糸電話

ママとパパ、またはお兄ちゃんやお姉ちゃんと会話している風な写真もかわいいです。

そんな時には糸電話がオススメです。

おなかの赤ちゃんに話しかけたり聞いているような写真にすると、可愛らしい写真が撮れそうですね。

 

まとめ

  1. マタニティフォトで赤ちゃんとママの特別な時間を写真に残そう!
  2. 赤ちゃんが大きくなったら見せてあげられるようにアルバムなどにしてまとめる
  3. おなかの大きなママの負担にならない撮影場所と撮影方法を選ぶ
  4. かわいい大きなおなかが目立つように、おなかが出るものやおなかのラインが出るものがオススメ
  5. 自分の写真のスタイルに合わせて衣装選びをする
  6. 小物を使ってもっとオシャレな写真に仕上げてみよう!

 

マタニティフォトは、これから生まれてくる赤ちゃんと撮る初めての家族写真になります。

 

うんと素敵な写真にして、最高の思い出にしてくださいね!!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

★関連記事はこちら★

妊娠線を消すには傷跡炭酸が効果アリ!いつから真ん中に縦線できるの?

妊娠線はクリームやオイルで予防!薬局のニベア青缶/無印良品のは効果ある?

マタニティヨガはいつまで可能?自宅でできる効果バツグンのポーズとは!(動画付き)

出産準備はいつから必要?準備リストを紹介!入院費用・お金も気になる!

出産の入院日数・期間はどれぐらい?準備でパジャマは何枚必要?メイクはすべき?

Sponsored Links
Sponsored Links