不妊治療は、タイミング法からはじまり体外・顕微鏡受精まで様々な治療方法があります。

 

治療方法によって、費用や時間・身体への負担もそれぞれです。

 

月日が経つにつれて、先の見えない治療に精神的にも肉体的にもストレスがたまってつらいですよね。

 

実は私や私の友人も不妊治療の経験があって、自分の仕事や生活はこのままでいいのか…何度も「仕事を辞めて妊活に専念したほうが良いのかな」と頭に浮かび、悩んだこともあります。

 

今回は不妊治療中の女性が一度は直面する、「仕事の両立」について紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

なぜ不妊治療と仕事は両立が難しいの?

仕事との両立が難しい理由として、主にこちらの理由があるかと思います。

 

自分の身体のサイクルに合わせて治療が進むため、先の予定がたてにくい

病院に何回も通ったり、病院での拘束時間が長かったりと、仕事の合間に通院することが難しい

 

不妊治療は、自分の身体のサイクルに合わせて進んでいきます。

 

なので、せっかく病院で何時間も待って受診をした後に、「今日はタイミングが悪いので、また3日後に来てください」と、先生から言われることもあります。

 

しかし、その日は重要な仕事があって、どうしても仕事を休めない…ってことも。

 

身体のサイクルはなかなか見通しがつかないので、先々の仕事の予定がたてにくいことにストレスを感じてしまいます。

 

また、不妊治療の場合は、風邪などにかかった時と比べて治療や先生との面談に時間が長いです。

 

私の友人は事前に予約をしていたのに、受付から会計まで5時間もかかった日もあったそうです。

 

そのため、事前に半休を取っていても結局は全休にしないといけないってこともあります。

 

正社員や派遣社員ではなく、パートタイマーとして働いている方も、事前に勤務シフトを決めなければいけないので、予定がたてにくいです。

 

しかも仕事先の人に不妊治療をしているとは言いにくいので、不妊治療と仕事を両立するのは精神的にも肉体的にもなかなか難しいかと思います。

それなら仕事は辞めた方が良い?

予定や通院については、仕事を辞めて不妊治療に専念すれば解決します。

 

しかし、仕事を辞められない理由は人それぞれあるかと思います。

 

仕事を辞めて不妊治療に専念するかどうかは、旦那さんとじっくり相談して決めたほうが良いです。

 

仕事を続ける理由と考えられることは、主にこちらになるかと思います。

 

不妊治療の費用を軽くできる

仕事に没頭することで不妊治療の辛さを忘れることができる

会社から出産一時金の手当をもらったり、育児休暇が取得できる

出産後も仕事を続けられる

 

とくに仕事を続けておいて良いところは、3つ目の会社から一時金などの手当をもらえることです。

 

少しでも費用を軽くしたいですし、育児休暇でお金が少しでももらえるのはかなりのメリットになります。

 

しかし、もしストレスが強い仕事だとすると不妊治療でのストレスもかかってしまい、身体にものすごい負担がかかりつらいです。

 

私の場合、不妊治療中に月に一度は夫と大きなケンカをしていました。

 

離婚するのではないかと思うほどです。

 

赤ちゃんを産みたい!って思う気持ちがお互いにあるのなら、出来る限りストレスは減らしたほうが良いので、それなら仕事を辞めるほうが良いのかもしれません。

 

何が一番大事なのかを見つめ直す、良い機会になるかと思います。

仕事を休む理由は何て言う?

とは言うものの、すぐに会社を辞めると決断するのは難しいので、仕事をしながら不妊治療をしていくことになるかと思います。

 

初めのうちは、計画的な有給休暇にしたり、急な場合は「体調が悪い」と言えば、なんとか休むことができます。

 

しかし、何回も同じ理由を使えない場合は、休む理由として「婦人科系のことで通院が必要になった」と相談してみてはいかがでしょうか。

 

あえて「婦人科系」とすることで、不妊治療をしていることを会社の人にバレずにすみます。

 

特に相手が男性の場合は、根掘り葉掘りと散策されにくいのでオススメです。

 

実際に私の友人は、この理由を上司に相談して休みを取っていました。

 

不妊治療も婦人科系で嘘を言っているわけではないので、後ろめたさもさほど感じずにすむかと思います。

 

まとめ

  1. 不妊治療と仕事の両立はストレスといかに上手く予定をたてられるかがポイント
  2. 仕事を辞めるかどうかは旦那さんとじっくり相談して決める
  3. 会社には休む理由を不妊治療と言わず婦人科系とすることで理解してもらう

 

不妊治療をして妊娠・出産するためには、規則正しい生活や食事をしてストレスを抱え込まないことが大切です。

 

そのため、仕事を続けていく場合は職場の協力が不可欠です。

 

仕事を続けるか・辞めるのかという大きな選択をする前に、一度会社の人に理解してもらうように働きかけてみてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

妊娠初期症状は風邪に似てる?鼻水・咳・熱・頭痛・喉の痛みはいつから出てくる?

妊娠初期のつわりはいつから?しない人はなぜ?ピークや症状について!

つわりが夜にひどくなる原因は何?吐き気/ムカムカで眠れない時の対策とは!

Sponsored Links
Sponsored Links