赤ちゃんのオムツ替えの必需品といえばおしりふき

 

赤ちゃんの肌はとっても薄くてバリア機能も未発達なので、ちょっとした刺激で赤くなったりかぶれちゃったり…

 

オムツ替えの時にしっかり汚れを落としてあげないといけないのですが、このおしりふき自体が原因でかぶれてしまうこともあるんです。

 

そんな肌トラブルから赤ちゃんを守ってあげたいですよね(・ω・´o)

 

今回は赤ちゃんの肌に優しいコットンや脱脂綿、清浄綿のおしりふきについて、お伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

コットン・脱脂綿とは?

ざっくり言うとコットンも脱脂綿も同じです。

 

脱脂綿とは、不純物や脂肪分を取って漂白・精製した綿のことを言います。

 

コットンはその脱脂綿の一種で、用途によって毛羽立ちを少なくさせたり、形を変えたりして色々な種類のものがあります。

 

脱脂綿やコットンのおしりふきをいくつか紹介します♪

 

こちらは、ソフトな肌触りで毛羽立ちにくく繊維が肌に残りにくい脱脂綿を使用したコットンのおしりふきになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベビーコットン ワイドサイズ 200枚入
価格:645円(税込、送料別) (2017/12/25時点)

 

 

無農薬有機栽培のオーガニックコットンなんてものもあります!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーガニックベビーコットン(200枚入)
価格:698円(税込、送料別) (2017/12/25時点)

 

 

ほかにも、大きめサイズのコットンもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やわらか おしりふき コットン 大きめサイズ 540枚
価格:1580円(税込、送料別) (2017/12/25時点)

 

 

最後に、私が衝撃を受けたお店を紹介します。

 

テイメン」という脱脂綿メーカーが販売している「わたのおしりふき」というコットンで、天然綿花を100%原料とした自然素材で作られていて、なんと注文を受けてから手作業で作られるんです!!

 

“このコットンを使って一度も赤ちゃんの肌がかぶれたことがない”など、口コミも評判でこのコットンはとにかくオススメです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2枚重ね おしりふきコットン 8cm×12cm 360枚(180組) 安心の日本製
価格:410円(税込、送料別) (2017/12/25時点)

 

 

「わたのおしりふき」のホームページはこちら

脱脂綿・コットンの使い方

いくつか商品を紹介したところで、肝心の使い方について説明します。

 

まずは、おしりふきの作り方はこちらになります。

 

  1. タッパーなど蓋付きのケースを用意する
  2. 脱脂綿・コットンをぬるま湯で濡らして軽く絞る
  3. 濡れた脱脂綿・コットンを半分に剥がす
  4. 取り出しやすいようにケースに左右交互に重ねて入れる

 

これで、オムツ替えの時に市販のおしりふきと同様に使うことが出来ます。

 

おしりを拭くときは、こすらず、優しく押すように拭いてあげまてくださいね☆

脱脂綿・コットンのメリット

脱脂綿・コットンのメリットをいくつか挙げてみます。

 

とにかく肌に優しい

だって水しか使ってないですからね。

よくあるおしりふきでも99%以上純水のものが多いですが、実は防腐剤などの添加物が含まれているものもあります。

この添加物が原因でアレルギー反応を起こしたり、かぶれてしまうこともあります。

その点、脱脂綿やコットンのおしりふきは水しか使っていないのでとっても赤ちゃんの肌に優しいです。

 

どこでも手に入る

コットンはコンビニでも手に入れることができるので、万が一忘れてしまっても困りません。

おしりふき用の商品でなくても、基本的には肌に使うことを前提に作られているので安心です♪

 

持ち運びしやすい

タッパーに入れる量は自分で調整できるので、必要な分だけ持ち運べて便利です☆

 

水分量の調整ができる

うんちの状態によって水の量を調整してあげられるので、その時の状態に合わせることができます。(それが面倒という方もいるかもしれませんが…)

 

他の用途にも使える

おしりふき以外にも、口のまわりを拭いてあげたり、幅広く使えます。

 

ちなみに、いちいち作るのは面倒というママのために、薬剤を一切使っていない水だけコットンなんてものもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和光堂 赤ちゃんのための水だけコットン 60包【イチオシ】
価格:702円(税込、送料別) (2017/12/25時点)

 

 

私は生まれたその日から市販のおしりふきを使っていたのですが、何度かおしりがかぶれてしまって薬を処方されたことがあります。

 

その度に先生からは「濡らしたコットンで拭いてあげて」と言われました。

 

先生もお墨付きのおしりふきなので、敏感肌な赤ちゃんやおしりがかぶれてしまって困っているママは一度試してみてはいかがでしょうか。

 

脱脂綿・コットンはトイレには流せないのでそこは注意してくださいね! 

清浄綿とは?

もうひとつの清浄綿について紹介します。

 

清浄綿は、脱脂綿に低濃度の消毒液を染み込ませて、さらに滅菌処理したものを言います。

 

清浄綿も色々なものがあります。

 

天然コットンを使用したさわやかな感触の洗浄綿で、アルミパック包装で清潔です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピップ 清浄綿 2枚×50包(100枚入)
価格:729円(税込、送料別) (2017/12/25時点)

 

 

ノンアルコール・ノンパラベン・無香料・無着色の刺激を抑えた清浄綿もあり、ママも赤ちゃんも使えるので大量に買っておいても良いですね。

 

洗浄綿の使い方

清浄綿はすでに水分が含まれているので、開けてすぐにそのまま使えます。

 

2枚ずつ個別包装されているので、1枚目と2枚目で使う用途を分けたり、ちょっと厚みが欲しいときは重ねて使えます。

 

拭き方は、コットンのおしりふきと同じで優しく押すように拭いてあげてくださいね。

洗浄綿のメリット

洗浄綿のメリットはこちらになります。

 

衛生的

個別包装されている上に滅菌処理されているので、常に清潔な状態で使うことができます。

産後のママの悪露の処理など、デリケートゾーンにも使えるくらい衛生的です。

 

消毒力が強い

低濃度の消毒液に染み込ませているので濡れコットンより消毒力があり、目やにや口まわりがひどく汚れてしまったときなどに最適です。

 

水分が多め

ウェットティッシュと比べると洗浄綿は水分が多めです。

おしりふきとして使う場合は水分が多めのほうが拭きやすいし、「ちょっと水分が多いなぁ」と感じたら絞れば良いので使いやすいです。

 

低濃度とはいえ、消毒液に染み込ませたものには抵抗があるママもいるかもしれないですね。

 

私は産婦人科でもらったこともあって、何も気にせず赤ちゃんに使いましたが、とくに肌トラブルは起こりませんでした。

 

少量の吐き戻しや目やにを取るのにはとっても重宝したので、一度試してみることをオススメします。

 

万が一赤ちゃんの肌に合わなかったら、使用は控えてママが使っちゃいましょう☆

 

まとめ

  1. 脱脂綿は不純物や脂肪分を取って漂白・精製した綿のこと
  2. コットンは脱脂綿の一種
  3. 脱脂綿やコットンで手に入りやすく水分量を調整したり他の用途にも使える
  4. 清浄綿は脱脂綿に低濃度の消毒液を染み込ませてさらに滅菌処理したもの
  5. 清浄綿は衛生的で消毒力が強い

 

赤ちゃんの肌の強さは個人差があり、コットンや脱脂綿、清浄綿もそれぞれ特徴があります。

 

どんな素材なのか、どんな成分が含まれているのかなどをきちんと把握して、どれにするか選んでみてくださいね。

 

いろいろ試してみて、わが子に合ったものを使ってあげたいですね♪

 

また、おしりがかぶれてしまうとそこから細菌が入ってしまうこともあるので、迷わず小児科や皮膚科に行ってくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃん用おしりふきが冷たい時はウォーマーが便利!顔とか拭いて大丈夫?

赤ちゃんのおしりふきは流せるタイプが人気?コットン/ガーゼで代用可能?

Sponsored Links
Sponsored Links