インフルエンザの流行シーズンになると、どんなに気を付けていてもインフルエンザにかかってしまうこともありますよね。

 

授乳期間中にインフルエンザにかかってしまい薬を飲んだら、赤ちゃんに影響がないかも心配になりますよね。

 

まずはインフルエンザにかからないのが一番なので、予防接種をしておくのが一番の予防になります。

 

今回は、授乳中にインフルエンザの予防接種をしたいときは何科の病院でできるのかと、もしかかってしまった場合の治療は薬でもいいのかについてお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

授乳中のインフルエンザ予防接種は何科の病院でできる?

まず、授乳中でもインフルエンザの予防接種は受けることはできます。

 

インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンといって、体の中で増殖するものではありません。

 

そのため、母乳にウイルスが出ることはないので、赤ちゃんに影響はないと言われています。

 

そして、インフルエンザの予防接種をしたいと思ったら、まずは内科がある病院を探すのが一番早いです。

 

病院によっては取り扱っていない場合もありますので、まずは病院へ電話して確認してくださいね。

 

とくにインフルエンザの流行シーズンは病院がとても混み合っていたり、すでにインフルエンザにかかっている人からウイルスをもらってきてしまう場合もあります。

 

また、すでに予約がいっぱいになっていたり、予約ができないと待ち時間が長いといった問題もありますよね。

 

そこで、内科の病院ではなく、出産した産院で予防接種をするのもおすすめです。

 

産院が近くにあって、インフルエンザの予防接種を取り扱っていたらになりますが、授乳中であることをすぐに理解してくれますし、妊婦さんが多いので感染性の病気の人はあまり来院していないはずです。

 

また、子どもと一緒に予防接種をする場合は、小児科の病院でも良いですね。

 

事情を説明すれば、大人でも小児科の病院で診てもらえるところはありますからね。

 

小児科も他の患者さんから病気をもらってしまう可能性は高いですが、キッズスペースが完備されていたり、他の人もみんな同じ子連れの方が多いので気兼ねせず連れていけます。

 

もしインフルエンザにかかってしまうと、子育てがとても大変になるので、できれば予防接種は受けたほうが良いですよ。

授乳中にインフルエンザにかかったら薬で治療できる?

もし、授乳中にインフルエンザにかかってしまったら、その時は通常と同じ内科へ行くことになります。

 

産婦人科に行って、妊婦さんや授乳中の方にうつしてしまってはいけませんからね。

 

それと、お医者さんには、授乳中であることは必ず伝えてくださいね。

 

インフルエンザにかかってしまったら、処方されるのは「タミフル」か「リレンザ」がほとんどかと思います。

 

また、「イナビル」という吸入薬を処方されることもあります。

 

これらの薬は血中まで成分が届きにくい薬のようで、授乳中のママが飲んでも良いとされています。

 

ちなみに私は授乳中ではなかったのですが、リレンザを処方されました。

 

解熱剤もという場合は、授乳中でも安心して服用できる「カロナール」を処方されることが多いようです。

 

薬を飲んでも安心だと言われていても、やっぱり薬を飲むのには抵抗がある・・・という方もいかと思います。

 

その場合は、赤ちゃんが飲んでくれるのであれば、インフルエンザが治るまではミルクで代用してもいいかと思います。

 

もしくは、薬を飲み始める前に搾乳しておいて冷凍保存しておけば、哺乳瓶で母乳をあげることができます。

 

薬を飲まずにインフルエンザを治すのはなかなか難しいので、パパのの手を借りながら早く治すことを心がけてくださいね。

 

まとめ

  1. 授乳中もインフルエンザの予防接種はできる
  2. インフルエンザの予防接種を実施しているところであれば何科でもOK
  3. 出産した産院や子どもと一緒に小児科で接種するのもおすすめ
  4. インフルエンザにかかってしまったら内科へ
  5. 必ず授乳中であることを医師に伝える
  6. 薬を飲み始める前に母乳を搾乳しておいたりミルクで代用する

 

いくら気を付けていてもインフルエンザになってしまうことだってあります。

 

もしものときのために予防接種をしておくことと、もしインフルエンザにかかってしまったら治すことに専念してしっかり薬を飲んでくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links