天気のいい日はお外でたくさん遊ばせたい!

 

お散歩や公園遊び、暑い時期にはプール遊びも良いですよね。

 

そんなときに気を付けないといけないのが、赤ちゃんの日焼け対策

 

今回は赤ちゃんのお肌が日焼けで赤くなってしまったり、発疹が出てしまった時の対処法についてお伝えしたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんが日焼けしてほっぺが赤くなってしまった!

一昔前は日焼けをしていることは健康な証だと言われていたので、そこまで念入りに日焼け対策をしている人はいなかったと思います。

 

最近では日焼けによって色んな悪影響がでることがわかってきたので、しっかりと日焼け対策をする人が増えてきました。

 

しみ・しわ・たるみはもちろん、免疫機能の低下や皮膚がんの発症率が高くなると言われています。

 

赤ちゃんの肌は敏感なので、とくに日に当たりやすい顔や手足は日焼けしやすいです。

 

とくに赤ちゃんのほっぺは赤くなりやすいです。

 

赤ちゃんにも使える日焼け止めクリームは薬局などで売られていますが、ちょっとしたお出かけだからとか、ほとんど車で移動するからと、油断して日焼け止めクリームを塗らずに外出してしまうこともあります。

 

家に帰ってみると、ほっぺが赤くなってる!なんてことも・・・

 

結構油断しがちな私はよく日焼け止めクリームを塗り忘れるので、親子で日焼けしてしまうことがよくあります。

 

日差しの強い夏の時期は、日に日に肌が黒くなっていきます(笑)

 

もし赤ちゃんのほっぺとかが赤くなってしまったら、まずは水に濡らしたガーゼなどで赤くなったところを冷やしてあげてください。

 

それから、ローションやクリームなどの保湿剤を塗ってあげると良いですよ☆

 

私はベビーワセリンをいつも使っています。

 

 

新生児から使えて薬局でも売っているのでおすすめですよ。

ぶつぶつや発疹は正しい対処で戻る!

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、日焼けによってかゆみが出てしまったり、ぶつぶつになったり、発疹ができてしまうこともあります。

 

日焼けをした肌はとても乾燥しているので、乾燥や発疹が軽いものであればワセリンなどのクリームをこまめに塗ってあげてください。

 

あまりにもかゆみが強かったり、ぶつぶつや発疹がたくさん出てしまっている場合は、紫外線アレルギーの可能性もあるので、小児科で診てもらうことをおすすめします。

 

わが子は日焼けによるものではありませんでしたが、乾燥によってひどく発疹が出てしまったことがあります。

 

そのとき小児科でもワセリンを処方してもらったのですが、とてもよく効いてすぐにぶつぶつがなくなりました。

 

今でもかゆがることがなくなったので、早めに診てもらってよかったと思っています☆

日焼け対策をしっかりと!

日焼け対策としては、日焼け止めクリームを塗ることがまず一番です。

 

そのほかにできることですぐ思いつくことは、外出する際は長袖長ズボン・帽子をかぶる・日傘をさすことですかね。

 

帽子はUV加工で首も隠せるタイプの帽子がおすすめです。

 

探してみると可愛い帽子がたくさんありますよ。

 

 

わが子は帽子が嫌いでなかなかかぶってくれませんでしたが、アンパンマンの絵柄で首まで隠れるものを買ったら、アンパンマン大好きなわが子は気に入って毎日かぶってくれました☆

 

日傘も雨の時と両方使えるタイプのものが便利でおすすめですね。

まとめ

  1. 少しのお出かけでも油断せず日焼け対策はしっかりと
  2. 日焼けで赤くなってしまったら濡らしたガーゼで冷やして保湿
  3. 軽度の日焼けであればワセリンを塗ってあげると良い
  4. 症状がひどい場合は紫外線アレルギーの可能性も
  5. 帽子や日傘をして日焼け対策

 

赤ちゃんとお外で思いっきり楽しく遊ぶためにも、日焼け対策はしっかりとしていきたいですね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのほっぺが片方だけ赤いのはなぜ?カサカサ乾燥肌には馬油がオススメ!

赤ちゃんの日焼け止めで虫除け効果もあるおすすめのはコレ!

赤ちゃんの日焼け止めは冬でも必要?オススメの日焼け止めはある?

赤ちゃんの熱中症で注意する症状とは!水分/塩分補給やグッズで予防対策!

赤ちゃんの乾燥肌は新生児からのケアが大事!おすすめの薬・入浴剤・洗剤を紹介!

赤ちゃんが日焼けして肌が黒い!赤い肌より危険?日焼け対策は万全に!

Sponsored Links
Sponsored Links