結婚後も仕事を続けることが当たり前のようになってきている今日この頃、出産のために仕事を休まなければならない時期の収入減は大きな痛手ですよね。

 

そんな切実なお金の悩みを少しでも救ってくれるのが、会社の健康保険から支給される出産手当金です。

 

「妊娠したら退職するから関係ないし…」

「派遣とかパートだと貰えないんでしょ?」

 

私も最初はそんな感じに思っていて、出産手当金についてよくわかっていませんでした。

 

そこで今回は、出産手当金をもらうために必要な条件についてまとめてみました!

Sponsored Links

 

出産手当金とは?扶養だともらえないの?

 出産手当金について、健康保険法では、

 

被保険者が出産したときは、出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは、出産の予定日)以前42日(多胎妊娠の場合においては、98日)から出産の日後56日までの間において労務に服さなかった期間、出産手当金を支給する。

 

となっています。

 

ポイントは2つあります。

 

・出産する本人が被保険者であるということ

出産により会社で働くことができなかったある一定の期間について、出産手当金がもらえる

 

特に「本人が被保険者」ということが重要で、例えば、旦那さんの扶養として健康保険に加入している場合は、出産手当金はもらえないんです。。。

健康保険の被保険者とは?

健康保険の被保険者とは、分が働いている会社の社会保険に加入している人のことをいいます。

 

健康保険料は、毎月の給料から天引きされている場合がほとんどです。

 

自分の保険証の左上に「健康保険被保険者証」と書かれていて、その右側が「本人(被保険者)」となっていたら、自分は健康保険の被保険者ということになります。。

 

ちなみにですが、健康保険のほかにも「○○共済組合組合員証」「本人(組合員)」でも、出産手当金をもらうことができます。

国民健康保険の被保険者でも大丈夫?

個人で国民健康保険に加入している場合、残念ながら出産手当金をもらうことはできません

 

ただし、医師や建設業などの方で国民健康保険組合に入っている場合は、組合独自で出産手当金を支給しているところもありますので、一度組合に確認してみることをオススメします。

有給休暇を使ったらどうなる?

出産手当金は原則として収入がなかった日についてもらうことができます。

 

産前休暇として出産前に有休を使って休んでも、有給なのでその日は100%給料がもらえますよね。

 

すると、出産手当金の支給期間としては、たとえ休んだとしても給料が発生する日としてみなされてカウントしてくれないんです!

 

私の会社だけなのかもしれませんが、有給日数を1年ですべて使うことはないと思いますので、出産手当金の受給期間を気にせず、使える時に使うというのもアリかもしれません。

退職後や転職・パート・派遣社員で出産手当金をもらう条件は?

正社員として産休取らないと出産手当金もらえない!!

 

…と思うのはまだ早いです。

 

パート・派遣社員の方でも、いくつかの条件を満たせば出産手当金をもらうことができます。

 

また、退職した場合や違う会社に転職した場合でも出産手当金をもらうことができます。

 

それぞれについてまとめてみましたので、順番に紹介していきます。

退職後や転職の場合

退職後でも出産手当金をもらうためには、いくつかの条件があります。

 

退職日まで継続して1年以上健康保険に入っていること

退職日に出産手当金が受けられる状態であること

退職日が出産予定日の42日前を過ぎていること

退職日は出勤していないこと

 

これらの条件の中で、とくに退職日は出勤しないことはめちゃくちゃ大事です!

 

「最終日だけご挨拶のために出勤しようかな…」と思ってしまう気持ちはわかりますが、そこはグッと我慢して、退職日より前に荷物整理も挨拶も済ませておきましょう。

 

退職日に出勤してしまうと、出産のために働くことができない状態ではなかったとみなされて、出産手当金をもらうことができなくなります

 

また、転職したばかりなどで今の健康保険で1年以上の加入期間がない場合でも、前の会社で健康保険に加入していて、前の会社の退職日の翌日からすぐに今の健康保険に加入している場合は期間を合算することができます

 

例えば、前の会社の退職日が12/31で、今の会社の健康保険に加入したのが翌日の1/1からならOKです。

 

退職後すぐに転職せず、転職先の会社の健康保険に加入するまで国民健康保険に加入していたり、誰かの扶養として加入していたりする場合は、合算することができないので気をつけてください。

パートタイマーの場合

旦那さんの扶養として入っている場合は、出産手当金をもらうことができません。

 

でも、パート先の社会保険に入っている場合は、出産手当金をもらえるんです!

 

ただし、産休を取って仕事復帰するのではなく退職する場合は、退職後でももらえる条件を満たす必要があります。

派遣社員の場合

パートタイマーと同じで、旦那さんの扶養として入っている場合は、出産手当金をもらうことができません。

 

でも、派遣社員でもパートタイマーと同じように社会保険に入っている場合は、その保険の被保険者のまま産休を取れば、出産手当金をもらうことができます。

 

ただし、派遣社員だと産休や育休を取るより契約期間満了で退職するケースのほうが多いですよね。

 

その場合は退職後でももらえる条件を満たしていれば大丈夫です。

 

派遣先が3ヶ月ごとの契約更新だったり、途中で派遣先が変わったりしても、その間1日も空けることなく1年以上健康保険に入っていれば加入期間を満たすことができます

出産手当金の申請時期はいつからいつまで?

出産手当金の申請書には、医師から出生の証明を書いてもらう必要があります。

 

産休や育休を取るときは会社にも証明を書いてもらうところがあるので、その場合は出産後に会社の担当者へ申請書を提出しておきましょう

 

産後休暇が終わってから一括で支給というケースが多いので、産後休暇の期間が過ぎると会社が申請してくれます。

 

申請時期が退職後になるときも、医師の証明は必要です。

 

その時は会社を通さずに直接申請するケースが多いのですが、会社から早く提出するようにと催促されたり、してくれたりしないので、産後のバタバタでうっかり忘れちゃったということもよくあるみたいです。

 

そんなときでも慌てずに、申請の期限は産前休暇が始まった日の翌日から2年間なので、思い出したらすぐに申請してくださいね

 

まとめ

  1. 出産手当金をもらえるのは健康保険の被保険者
  2. 被扶養者だともらえない
  3. 申請時期が退職後でも条件を満たせばもらうことができる
  4. 退職日は絶対に出勤しないこと
  5. パートや派遣社員でも健康保険に入っていればもらえる
  6. 申請期限は産前休暇開始日の翌日から2年間

 

妊娠・出産・育児で何かとお金が必要となる時期に、生活の助けとなる出産手当金。

 

パートで働いている人も退職する予定の人も、実は出産手当金をもらえる条件を満たしているかもしれません。

 

出産手当金は申請しないと貰えないので、条件をしっかりチェックしてわからないことは事前に会社の担当者に相談してみてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

出産一時金の差額はいつ振り込みで返金される?退職後・扶養でも申請可能なの?

妊婦検診の補助券が余ったら換金できる?他県に引っ越し・足りない時は?

里帰り出産のお礼のお金は実家・義両親で一緒?封筒や渡すタイミングはいつ?

里帰り出産のメリットは何?生活費や病院の予約/連絡はどうしたらいいの?

帝王切開でも医療費控除/高額医療費制度で出産一時金の差額は戻るの?

Sponsored Links
Sponsored Links