生まれてすぐの赤ちゃんは寝ていることが多くて、なかなかコミュニケーションがとれない・・・

 

早く赤ちゃんと笑い合いたいー!って、とっても思ってしまいますよね。

 

赤ちゃんが笑顔になると、不安や心配、疲れなんかも全て吹っ飛んじゃいます!

 

今回は赤ちゃんが笑う時期や理由、赤ちゃんが笑うとしゃっくりが出てしまう理由などについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんが笑う理由とは?

赤ちゃんは新生児期から笑います。

 

赤ちゃんの笑顔には2種類あって、新生児期から生後1ヶ月あたりまでにみられる笑顔は「新生児微笑(生理的微笑)と言います。

 

そしてもう1つは、生後2ヶ月以降の笑顔を「社会的微笑(あやし笑い)と言います。

 

新生児期の赤ちゃんはまだ自分で意識して笑うことができなくて、「泣く・寝る・おっぱいを飲む・排泄する」といった生命維持に関わることだけしかできません。

 

新生児微笑は、「自分が笑うことで周囲が優しくしてくれる」という自己防衛手段だと考えられているそうです。

 

視力も未発達なので、まだママやパパが笑いかけられてもあまりよくは見えていません。

でも、この時期の笑顔にはすごく癒されます!

 

赤ちゃんの新生児微笑には、オアシスのような効果がありますね(笑)

 

この頃から赤ちゃんが笑ったら一緒に笑ってリアクションしてあげると、「自分が笑うことによって大人は喜んでくれる」と学習していきます。

 

新生児微笑でまだ気持ちはないからとほったらかしにしないでくださいね。

 

そして、社会的微笑は生後2ヶ月頃からみられる赤ちゃんの笑顔です。

 

この頃になると視力が発達していきます。

 

追視といって、ママやおもちゃを目で追ったりよくしますよ。

 

そうなると、ママの表情の変化などを感じることができるようになったりして、笑顔をひとつの情報として認識するようになります。

赤ちゃんが声をだして笑うのはいつから?

くすぐったりしてあやしたりすると、社会的微笑ができるようになる生後2ヶ月頃から声を出して笑う赤ちゃんもいたりします。

 

一般的に生後5ヶ月から6ヶ月頃と言われているそうです。

 

この時期になると感情表現が豊かになってきて、生後6ヶ月から7ヶ月頃にはあやすとケラケラ笑うことが増えてきます。

 

ママやパパの顔を見ると嬉しくて笑う表情も、この時期にはたくさん見ることができますよ。

 

赤ちゃんが顔を見て笑うのは「もっとママ(パパ)とコミュニケーションを取りたい!遊びたい!」という感情の表れになります。

 

なので、赤ちゃんと目があって笑ってくれたときは、思いっきり赤ちゃんの相手をしてあげてくださいね。

 

あやす時には肌に触れながら声を出してあやしてあげるといいですよ。

 

赤ちゃんが大人と同じように目が見えたりするのは1歳頃からだそうなので、おもちゃであやすよりかは目と目を合わせて肌に触れ合ってコミュニケーションを取るほうが、赤ちゃんにとっても幸せだと思います。

 

その子にあったツボが見つかれば、外でぐずった時や夜泣きのときも対処しやすいですよ。

 

個人差はありますが、赤ちゃんが笑いやすいツボがあるので、いくつか紹介しますね。

 

  • こちょこちょする
  • 顔を触ってあげる
  • 赤ちゃんの行動に対してオーバーリアクションをとる
  • うちわで軽く風を当ててみる
  • 鏡で赤ちゃんの顔を見せてあげる

 

こちらのyoutube動画でしている赤ちゃんのあやしかたはとっても上手です。

お手本にしてみてはいかがでしょうか?

 

私の赤ちゃんは生後4ヶ月過ぎに声を出して笑い始めてびっくりしたことを覚えています。

 

もう、最初はおかしくておかしくて、私の方が大爆笑でした(笑)

笑うと一緒にしゃっくりが出てくる理由とは?

大人もそうですが、赤ちゃんの笑い方も人それぞれです。

 

笑い方によっては、笑うと横隔膜が痙攣してしゃっくりが出てしまうこともあります。

 

笑うことでいっぱい息を吸ったり吐いたりしてしゃっくりが出てしまうんです。

 

生まれたばかりや3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは笑うとしゃっくりがでやすいそうです。

 

ずっとしゃっくりが出ていると心配になると思いますが、元気であれば全然問題ないですよ

しゃっくりで横隔膜を鍛えていますので、「がんばれー!」と応援する気持ちで見守ってあげてくださいね。

 

もし、しゃっくりが止まらなくて気になる場合は、水を飲ませて落ち着かせてあげるのも良いみたいです。

 

ただ、あまり月齢の低い子に水を飲ませると、水中毒になる可能性がありますので気をつけてください。

 

しゃっくりが止まらないからといって、たくさんの量の水を飲ませないようにしたほうがいいですね。

 

私の子は母乳を飲ませてげっぷを出したあとに、よくしゃっくりが出て止まらなくなります。

 

いつの間にかしゃっくり出ていて、いつの間にか止まっているのでほっとらかしにしているときもありました(笑)

 

笑って出たしゃっくりの対処法として、水を飲ませることも一つの方法ではありますが、「あまり笑わせすぎないこと」も重要なんだそうです。

 

でも、声を出してケタケタ笑ってくれたら嬉しいので、調子にのっていっぱいあやしてしまいますよね(笑)

 

赤ちゃんによっては笑わせすぎて泣き出してしまったり、嘔吐してしまったり、しゃっくりが出やすい体質になってしまうそうです。

 

それと、よく「驚かすとしゃっくりが止まる」といいますが、赤ちゃんによっては恐怖心を抱かれてしまいますので、驚かしてしゃっくりを止めることはオススメできません

 

赤ちゃんを抱いて見守ってあげてくださいね。

赤ちゃんが夢に出る夢占いについて

夢に赤ちゃんが出てきた!

 

自分の子やお友達の子、はたまた全く知らない子…

 

夢って不思議なものですよね。

 

私も産後は3時間おきの授乳で眠りが浅かったのか、しょっちゅう夢を見ていました。

 

この前は某有名アイドルのセンターの子に本気で怒られる夢を見て、ガチ凹みしてました(笑)

 

話はそれましたが、赤ちゃんが夢に出てきた場合、夢占いによると女性にとっては吉夢で強力な幸運とパワーが訪れる兆候なんだそうです。

 

赤ちゃんがおなかの中にいる間はお母さんと一心同体なので、赤ちゃんの夢を見た場合は妊娠されている方が多いそうです

 

夢占いでは、夢に赤ちゃんが出てくることは基本的には吉夢が多いのですが、夢の内容によっては赤ちゃんがあなたに危険を知らせてくれることもあるそうです。

 

夢の内容によってどんな意味があるのか、夢占いについて調べてみました。

 

まず、赤ちゃんが笑う夢を見た場合、夢占いでは赤ちゃんが笑うことはあなたの計画が成功するという意味なんだそうです。

 

赤ちゃんが声を出して笑っているほど、大きな計画でもすんなり叶う傾向があるとのことです。

 

しかし、赤ちゃんが笑っているのにもかかわらず全く声を出していないなら注意が必要です。

 

赤ちゃんが声を出さずに笑っている場合は、それは計画の破綻を意味します。

 

とくに赤ちゃんは『世界』という意味も夢占いではあるので、旅行に行く計画を立てている場合とかに、旅行先での事故やトラブルを招くという暗示があるそうです。

 

赤ちゃんが笑っている他にも、赤ちゃんが夢に出た場合の夢占いについては、

 

  • 「赤ちゃんを抱っこ」している夢は、悩みを抱えて不安定になっている
  • 「赤ちゃんを産む」は、自分自身やあなたを取り巻く環境を変える絶好の機会
  • 「赤ちゃんがスヤスヤ眠っている」は、運気がアップして思いがけない嬉しいことも
  • 「赤ちゃんが歩いている」は、独立して前に進んで行く
  • 「赤ちゃんが泣いている」は、ストレスが溜まっている

 

など、赤ちゃんが出てくる夢にはいろんな意味があるそうです。

 

あまり夢占いを信じすぎるのもどうかと思いますが、参考にしてみてくださいね。

 

私もたまに夢占いを見ていますが、意外と楽しいですよ。

 

まとめ

  1. 赤ちゃんの笑顔には2種類ある(生理的微笑と社会的微笑)
  2. 声を出して笑うのは5ヶ月から6ヶ月が一般的(早い子は生後2ヶ月から)
  3. あやす時には目を合わせ肌に触れてコミュニケーションを!
  4. 笑ってしゃっくりが出るのは横隔膜が痙攣しているから
  5. 夢に赤ちゃんが出てきたら吉夢!思いが叶うこともあるかも

 

赤ちゃんが声を出して笑っていると、まわりにいる人たちがみんな明るくなります。

 

赤ちゃんの笑顔は本当に天使ですね。

 

しゃっくりなど一つ一つの仕草が初産のママにとっては心配になるかもしれませんが、赤ちゃんは少しずつ大きくなっていきます。

 

これからも笑いあって素敵な毎日を送ってくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんがしゃべる時期はいつから?早い子と遅い子の違いは何なの?

赤ちゃんのおしゃべりはいつから?3ヶ月頃から始まる喃語・クーイングとは?

赤ちゃんのしゃっくりが止まらない!原因はミルク?泣く・吐く時の対処法!

Sponsored Links
Sponsored Links