暑い時期になると、熱中症が気になる季節でもあります。

 

とくに赤ちゃんは大人と違って自分で水分補給できませんので、パパやママが意識して熱中症対策を行う必要があります。

 

室内で熱中症になってしまったという話を聞いた事がある方も多いと思います。

 

適度に水分や塩分を補給しながら室内の温度を調節しないと、室内でも熱中症になることもあるので注意が必要です。

 

今回は、熱中症対策としてのエアコン設定や水分塩分補給、熱中症対策グッズについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんは熱中症になりやすい原因

とくに赤ちゃんが熱中症になりやすい原因を紹介します。

 

体温調節が未熟

子どもは思春期ぐらいになるまでは体温の調節機能が未熟で、体の熱を上手く外に出すことができません。

 

汗は体を冷やす効果がありますが、低年齢であればあるほど汗腺が未発達なので体を上手く冷やすことができず、結果的に熱が体内にこもりがちになってしまうのです。

 

そのため、室内外に関わらず赤ちゃんは熱中症にかかりやすくなってしまいます。

 

地面からの照り返しを受けやすい

ベビーカーに乗っていたり、歩いている赤ちゃんは大人よりも地面が近いので、地面からの熱を受けやすく暑く感じていることが多いです((+_+))

 

とくにアスファルトのようなコンクリートは照り返しが強いので、より注意が必要です。

 

秋になって涼しくなった頃でも、ベビーカーに乗っている赤ちゃんの背中が汗だくになっていたことがよくありました。

熱中症で注意したい症状

熱中症になったとき、これらの症状が現れた場合は注意が必要です。

 

  • 体が熱い
  • 元気がない
  • 尿が少ない
  • 唇が乾燥している

 

赤ちゃんは言葉が話せないので、熱中症が悪化してくると元気がなくなってきます。

 

とくに尿が少ないということは、汗で水分が出てしまっているため脱水症状になっているかもしれません。

 

熱中症も重度になると命の危険性があるので、赤ちゃんの様子がいつもと違う場合は病院へ救急受診してくださいね。

 

早い段階で体が熱いなどの症状に気がついたら、体を冷やしたり水分を取らせるなどの処置をしてしばらく様子をみてください。

室内で熱中症にならないためのエアコンの温度とは?

体温調節の未熟な赤ちゃんにとって室内の温度は重要になってきます。

 

「エアコンは冷えすぎてしまうからと扇風機を使っている」という方もいるかもしれませんが、適切な温度に部屋を調整してあげれば過度に冷えすぎる心配はありません。

 

むしろ、エアコンを使ったほうが、赤ちゃんにとって快適な環境を作りやすいです(*’ω’*)

 

快適な室温は夏なら26~28度、冬なら20~23度程度が目安です。

 

エアコンの設定温度はあくまで目安の温度になりますので、その時の外の気温を参考に外と部屋の気温差を5度以内にすると温度差で体調を崩しにくくなります。

 

また、エアコンを使用する時は、冷気が直接赤ちゃんに当たらないようにしたり、足元にブランケットなど薄い掛物をしたりして調整してくださいね!(^^)!

熱中症対策は適度な水分補給と塩分補給!

赤ちゃんは自分で水分補給をすることができないので、こまめに水分を摂るように意識してあげる必要があります。

 

離乳食を始める前の赤ちゃんは、ミルクや母乳で水分補給はOKです。

 

離乳食が始まってくると、マグなどを使ってジュースやお茶を飲むようになります。

 

そうなると、水分補給は体内に吸収しやすいお茶や赤ちゃん用のイオン水がオススメです。

 

赤ちゃん用のイオン水にはミネラルや塩分が適度に調整されて含まれていますので、安心して飲ませることができますよ(*’ω’*)

 

「大人用のイオン水じゃダメなの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、大人用はあくまでも大人が必要な栄養分を調整している飲み物なので、赤ちゃん用のイオン水を買ってあげてくださいね!

 

また、最近では大人用の熱中症対策として塩飴や塩の飲料水などがありますよね。

 

赤ちゃんは腎臓のろ過機能が未熟なので、塩飴とかを赤ちゃんには与えないように注意してくださいね。

オススメの熱中症対策グッズ

室内やお出かけ時の熱中症対策となるグッズを紹介します。

 

マルチ アジャスト カーシェード

車の中にいる赤ちゃんの直射日光を遮ってくれます。

 

伸び縮みできるので、どんな窓でも取り付けることができますよ。

 

冷えピタ

冷えピタは貼るだけでジェルが体を冷やしてくれる優れものです。

 

熱を出した時にも、熱中症対策グッズとしても使えます。

 

ひえぽかサポートクッション

付属の保冷剤をポケットに入れれば、適度に体をクールダウンさせてくれます。

 

冬は温めてホッカイロ代わりにできるのでオールシーズン使えますよ☆

 

 

まとめ

  1. 赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので熱中症になりやすい
  2. 地面からの照り返しに注意
  3. 様子がいつもと違う時は熱中症を疑い医療機関を受診する
  4. 室内ではエアコンを上手く調整して熱中症対策を行う
  5. 熱中症対策としての水分補給は赤ちゃん用の飲料水がオススメ
  6. 赤ちゃんは腎臓の機能が未熟なので大人用のイオン飲料水や塩飴は与えない

 

赤ちゃんは外気の影響を受けやすく、熱を体内にこもらせてしまいがちです。

 

大人が涼しいと感じていても、赤ちゃんは暑く感じていたりと感じ方に差があるので、赤ちゃんが暑いのかどうか確かめる時は赤ちゃんの体に直接触ってみて、汗をかいていないかなどを確認してあげることが大切です。

 

また、赤ちゃんはちょっとした暑さでも汗をかきやすいので、出来るだけ汗を吸収しやすいベビー服を着せてあげると熱が逃げやすく熱中症対策にもなりますよ!(^^)!

 

今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの日焼け止めで虫除け効果もあるおすすめのはコレ!

赤ちゃんの日焼け止めは冬でも必要?オススメの日焼け止めはある?

赤ちゃんが日焼けでほっぺが赤く!ぶつぶつ/発疹は正しい対処で戻る!

赤ちゃんのほっぺがぷくぷくで落ちそうなのは太りすぎが原因なの?

Sponsored Links
Sponsored Links