赤ちゃんの目が腫れていたら、それは「ものもらい」かもしれません。

 

まだまだ抵抗力の弱い赤ちゃんにものもらいができてしまうと、のちのち大変なことになってしまいます・・・

 

今回はものもらいについて、原因や疑問について紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

ものもらいになる原因は何?

ものもらいとは、まつげの根元にある汗や皮脂を出す腺が炎症を起こしている状態のことをいいます。

 

とくに赤ちゃんは汗っかきなうえ、色んなものに触った手でそのまま目をこすったりしてしまうことで、ものもらいにかかってしまうこともあります。

 

目やにが出たり、まぶたが腫れて痛みがあるので、ものもらいになると赤ちゃんはかなり不機嫌になります。

 

ものもらいは2種類に分かれているってことを知っていますか?

 

調べてみて初めてこのことを知ったのですが、もらもらいには「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」というのがあって、それぞれ症状が違うみたいです。

 

麦粒腫は、細菌に感染して起こるものもらいになります。

 

黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ状球菌といった細菌が、まぶたにある汗腺や脂腺に侵入することで炎症が起きてしまいます。

 

もう1つの霰粒腫は、まぶたの内側にある「マイボーム腺」と呼ばれる脂を出す腺に、分泌物が詰まって炎症を起こすものもらいになります。

 

マイボーム腺の分泌と排泄のバランスが崩れることが原因で詰まってしまうのですが、なぜバランスが崩れるのかはいまだに解明されていないそうです・・・

 

霰粒腫になってしまうと、目が赤く腫れたあとにまぶたにコリコリとしたしこりができることもあります。

 

しこりは最初のうちは小さくほとんど痛みはないので見過ごされることが多いのですが、放置しておくととっても危険で、大きくなると膿が出てくることもあるそうです。

ものもらいは他の人にうつるの?

ものもらいは赤ちゃんだけでなく、大人でも時々なりますよね。

 

ものもらいって比較的よくある目のトラブルだと思います。

 

基本的にものもらいは誰かにうつるものではないので、ものもらいになった人からうつるということはありません。

 

しかし、ものもらいはウイルス性の結膜炎と同時に症状がでることもあります。

 

その場合、結膜炎がうつってしまいものもらいになってしまうこともあります。

 

免疫力が弱い赤ちゃんはもちろんですが、風邪をひいているときや疲れている時は大人でもうつってしまいます。

 

もし誰かがものもらいになってしまった場合、ウイルス性結膜炎にもなっているのかどうかは素人ではわからないので、そのときは気をつけたほうが良いですね。

赤ちゃんのものもらいは目薬で治る?

ものもらいの治療法として、パッと頭に浮かぶのは目薬です。

 

ものもらいの治療としてよく病院に処方されるのは、「フルメトロン点眼液」や「クラビット点眼液」といったものになります。

 

どちらも目の炎症を抑える働きがありとのことです。

 

市販の目薬は防腐剤など色んなものが含まれているので、全くではありませんが効果があまりないみたいです・・・

 

目薬だけでは治らない場合は、飲み薬軟膏が処方されることもあります。

 

ものもらいの具合によって、それぞれ処方されます。

 

しこりが大きい場合は、ステロイド薬を注射したり、ひどい場合も手術して取り除いたりします。

 

やはり自分で治そうとせず、早めに病院にいくことをオススメします。

ものもらいが治らないときはすぐに病院へ!

大人は抵抗力が強いのでものもらいになったとしても自然に治る場合もありますが、まだ免疫力の弱い赤ちゃんの場合は自然には治らずに悪化してしまうことが多いです。

 

赤ちゃんのまぶたが腫れたり、赤くなったりして、「ものもらいかも?」って思ったら、早めに小児科か眼科を受診してくださいね。

 

まぶたに腫れや赤みがなくても、見えないところにしこりが出来ている可能性もあるので、しきりに目をこすっていたりする場合には念のため受診してみてもいいかもしれませんね。

 

目の病気なので眼科に行くのがよいですが、信頼できる先生がいる場合はまずは小児科でもいいと思います。

 

まとめ

  1. ものもらいには「麦粒腫」と「霰粒腫」がある
  2. ものもらいは人にはうつらない
  3. ウイルス性結膜炎によるものもらいだと人にうつる
  4. ものもらいは目薬で治るが、ひどい場合は手術することもある
  5. ものもらいは日頃の生活で予防することも大事

 

ものもらいだけではなく病気にならないためには、清潔な環境にしてあげることが一番です。

 

目のまわりについた汗や汚れを清潔なガーゼで拭き取ってあげたり、前髪が目にかからないようにしたり短く切ったりして、目の病気にならないように、気をつけてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの目に入ったゴミを上手に取る方法!こすると赤くなるので要注意!

赤ちゃんの目やにが片方だけに!緑・黄色のは風邪のせい?結膜炎に注意!

赤ちゃんの目やにの上手な取り方とは?オススメ目薬とマッサージで改善・予防!

赤ちゃんの二重まぶたはいつから?やっぱり遺伝?線を作る方法とは!

赤ちゃんの目が見える時期はいつ頃?目が合わない原因は何なの?

赤ちゃんが目をこするのは眠いから?充血して赤いから何とかしたい!

赤ちゃんが寄り目や白目になるのはなぜ?どんなことに注意するの?

Sponsored Links
Sponsored Links