赤ちゃんが生まれて少し育児にも慣れ始めた生後2か月頃より、予防接種を始める必要があることを知っていますか?

 

予防接種は任意予防接種と定期予防接種に分かれていますが、感染症から赤ちゃんを守るためにも適切な月齢時期に予防接種を受けなくてはいけません。

 

ワクチンの種類もいっぱいあって、慌てないためにもスケジュールを事前に立てておく必要があります。

 

今回は予防接種の必要性や実際に予防接種に行くときの注意点を紹介します!

Sponsored Links

 

予防接種の種類

定期予防接種

厚生労働省が定めている法律に基づき、各市町村で行われる無料の予防接種のことです。

 

事前予約をして病院で接種することがほとんどですが、BCGなど集団接種を行うものもあります。

 

主な定期予防接種として、Hib、肺炎球菌、4種混合、BCG、麻疹、風疹、水痘、日本脳炎、子宮頸がんなどがあります。

 

任意予防接種

希望により、自費で予防接種を受けることになりますが、任意であるからといって重篤な感染症にならない訳ではないので要注意です。

 

主に保護者が近くの小児科のある病院で予防接種の予約を行い、接種しに行く方法になります。

 

主な任意予防接種として、ロタ、おたふく、B型肝炎、A型肝炎などがあります。

 

赤ちゃんが生まれると役所から予防接種の冊子をもらうことが出来ます。

 

その中には、どの時期にどの予防接種を受けたらよいかどうかの説明本も入っているので、それを元に予防接種のスケジュールを立てていきます。

 

場合によっては、複数の予防接種を同時に受ける場合もあるので、必ず事前にスケジュールを立てておいたほうが良いです。

 

私は国から予防接種の時期になるとお知らせが来ると思っていたのですが、よくよく調べてみると自分で予防接種のスケジュールを立てることを知って、分からないことだらけでした。

任意接種は本当に必要なの?

定期接種だけでなく任意接種まで予防接種のスケジュールを組もうとすると、毎週のように病院へ予防摂取をしにいかなくてはならないことに気が付くと思います。

 

「病気にかかったほうが免疫も無料でつくし、打たなくてもいい。」と考える方もいるため、任意予防接種を受けない人も少なくあないみたいです。

 

確かにおたふくかぜなど、一度病気にかかると免疫は確かにつきます。

 

しかし、赤ちゃんたちにとって病気にかかるということは辛いことであることも忘れてはいけません。

 

お金がかかるからと任意接種を受けないのではなく、病気に罹った時のリスクも考えて任意予防接種をするかしないかを決めたほうが良いです。

 

感染症にかかった場合は医療機関へ受診することになりますので、費用はどちらにしろかかりますからね(´・ω・`)

任意接種の自己負担はどのくらい?

定期予防接種は国が定めているものなので無料ですが、任意接種は自己負担で接種するのが基本になります。

 

一部の地域では少し費用を負担してくれるところもありますが、多少費用はかかるのが現状です。

 

接種種類にも費用は異なりますが、1つのワクチンで1万円前後が相場になっています。

予防接種は生後2か月からスタート!

予防接種は1度打ったらおしまいではなく、種類によっては定期的に数回行わなくてはいけません。

 

そのため、任意予防摂取も含めて接種スケジュールを組むと、だいたい生後2か月から予防接種の予約を始めていきます。

 

病院によっては同時接種できるワクチンを何本まで!と決めている所もあるので、予約の際には確認したほうが良いですね。

 

同時接種をすると、数種類の予防接種が同日に出来るので便利ですよ(*’ω’*)

 

もちろん、予防接種を打った後には副作用・副反応がないかどうかも注意して赤ちゃんを観察することが必要です。

予防接種を受けるときの服装は?

予防接種を受け始めるときは生後2か月からスタートするのがオススメと紹介しましたが、赤ちゃんを連れて外に行くことは久々というママも多いのではないでしょうか?

 

月齢の低い赤ちゃんは免疫力も低いので、基本的に自宅で過ごすことが多いですからね。

 

ついついお出かけ気分で可愛い洋服を着せたくなってしまう気持ちもわかりますが、予防接種に行くときは接種しやすい服装で行ったほうが楽です。

 

ここでは、病院に行くときのオススメの服装やマナーについて紹介します。

 

腕が出せる服装を着させる

予防接種は基本的に二の腕にしますので、脱ぎやすい服装がオススメです。

 

冬場は寒いので温かい服装で構わないのですが、飾りのついた服など着脱しにくい服は避けたほうが良いです。

 

授乳は注射が終わってからか自宅で行っておく

注射は赤ちゃんにとって痛くてストレスのたまるものです。

 

必ずといってよいほど泣いてしまうので、ミルクや食事は注射の直前や直後は控えたほうがいいです。

 

ミルクや食べ物を吐いてしまう赤ちゃんを病院でたまに見かけたりします。

 

病院へ着いたらおむつは変えておく

赤ちゃんは排泄の回数が多いので、すぐにおむつがいっぱいになってしまいます。

 

病院に着いて受付をしたら、おむつを替えて順番を待ちます。

 

診察室でついでにおむつを替えることはできないので、あらかじめ綺麗なおむつにしておいたほうが赤ちゃんも快適です。

 

もし順番の最中におむつを替えたいときは、受付に声をかけておくと病院の人も分かりやすいですよ。

 

もしくは、病院に行く直前におむつを変えておくのも良いですね。

 

注射が終わったら軽く服を羽織って着替えは外で行う

予防注射の時間帯は特に混みあうことが予想されます。

 

服を着せる時に赤ちゃんが泣いて焦ってしまうので、軽く服を着せたら診察室の外で落ち着いて洋服を着せます。

 

以上4点が病院で気を付けたいことでした。

 

予防接種は副作用・副反応が出てしまう可能性が全くないものではないので、注射をして15分から30分は院内にいたほうが安心です。

 

ちょうど会計を待っている間がそのくらいの時間なので、赤ちゃんの様子を観察してくださいね。

 

まとめ

  1. 予防接種には定期予防接種と任意予防接種の2種類ある
  2. 任意予防接種は絶対しなくてはならないものではないが、感染症のリスクを含めて接種の有無を検討する
  3. 予防接種は生後2か月からのデビューがオススメ
  4. 任意予防接種の自己負担費用は地域によって異なることも
  5. 予防接種へ行くときは服装にも気を付けよう

 

初めての赤ちゃんの予防接種だと種類が多く迷ってしまうことも多いと思います。

 

生後2か月でできるワクチンは限られていますので、初回を受けた時に病院と相談してスケジュールを組むこともオススメです。

 

その場合は、事務の方へ案内されることもあるので予約を取る時に相談してみてください。

 

また、紹介した記事を参考に予防接種へ行くときの服装にも注意してみてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

予防接種のスケジュール管理でおすすめの人気無料アプリを勝手にランキング!

赤ちゃんの予防接種で副作用が気になる!熱・湿疹が出たり下痢になるの?

赤ちゃんの検診はいつから?費用はどれだけ?内容/持ち物を事前にチェック!

赤ちゃんのひきつけの症状・原因・対処法は?予防接種後の熱に要注意!

予防接種後に熱が出た時の対処法!お風呂は何時間後に入れるの?

Sponsored Links
Sponsored Links