赤ちゃんにとって、ママとパパからの初めての贈り物が「名前」です。

 

いろんな意味を込めて赤ちゃんの名前を付けられると思いますが、最近では色んなキラキラネームがあると話題になっていたりしますよね。

 

今回は実在するキラキラネームを男女別にランキング形式でお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

実在するキラキラネーム男女別ランキングを紹介!

 

上の画像の「刀升」も実在するキラキラネームなのですが、何て読むかわかりますか?

 

「刀升」は「とーます」読みます。

 

「どんなに頑張っても読めない!」と思うかもしれませんが、これから紹介するキラキラネームも想像を膨らませて読んでみてください!

 

キラキラネームは2000年頃ごろら流行り出したと言われているのですが、年々変化しているようです。

 

今回は2016年・2017年のトップ5を紹介します!

【男の子】

1位 碧空

2位 輝星

3位 陽空

4位 心人

5位 皇帝

 

 

 

この名前の読みはこちらになります。

1位 碧空(みらん・あとむ

2位 輝星(べが・だいや

3位 陽空(はるく・ひだか

4位 心人(はーと・あいと

5位 皇帝(しいざあ・ふらんつ

 

【女の子】

1位 星凛

2位 奏夢

3位 妃

4位 美音

5位 希星

 

 

 

名前の読みはこちらになります。

 

1位 星凛(きらり・あかり

2位 奏夢(りずむ

3位 妃(ひな・きらり

4位 美音(りずむ・めろでぃ

5位 希星(きてぃ

 

皆さんはいくつ読めましたか?

 

ちなみに私はどんなに想像力を豊かにして考えても、1つも読めませんでした…

 

確かに、読みがなを付けてもらえれば「なるほどね!」と思えるものから「これは絶対読めない!」まで色々ですね!

その他のキラキラネームを紹介!

さきほど紹介した以外にも、色んなキラキラネームがあります!

【男の子】

翔馬(ぺがさす)

龍飛伊(るふぃ)

虹(らるく)

誕生(バース)

永恋(えれん)

旦陽(あさひ)

 

【女の子】

紗音瑠(しゃねる)

華琉甘(かるあ)

月姫(らめ)

茄子(かこ)

七音(どれみ)

天使(えんじぇる)

 

頑張って読めば読める名前もありますが、なかなか一発では読めませんね。

 

確かにこだわりを感じるものもありますが、こだわりが強すぎて気がついたらキラキラネームになっていたという感じもします。

 

ちなみに私が今までで遭遇したキラキラネームは、「美新(ミニィ)」ちゃんと、漢字は忘れてしまいましたが「アトム」くんです。

 

慣れればまぁ普通でしたが、やはり初めて名前を聞いた時はびっくりしましたね(笑)

 

まとめ

  1. キラキラネームは2000年ごろから流行りだして年々変化している。
  2. こだわりが強すぎると他人が読みにくいキラキラネームができあがるのかも
  3. 初めはびっくりするけど慣れれば馴染んでくる場合もある

 

「良かれと思って付けた赤ちゃんの名前が実はキラキラネームだった!」とならないように、「少し変わった名前をつけたいなぁ」と考えている方は両親やまわりの友達に読めるかどうか確かめてもらってもいいかもしれませんね!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

キラキラネームをつけて後悔している親御さんへ!改名の条件と手続きについて

赤ちゃんの名前で女の子は古風でかわいいのが人気!画数は二文字がいいの?

赤ちゃんの名前で漢字一文字の男女別人気ランキング!画数/意味/読み方

赤ちゃんの名前はどうやって決める!?姓名判断/人気ランキング/音/イメージ

Sponsored Links
Sponsored Links