帝王切開が決定しているママさんも、帝王切開になるかもしれないママさんも、初めての帝王切開で元気に赤ちゃんが産まれてくるか不安ですよね。

 

今回は帝王切開で産まれる赤ちゃんの特徴やリスクなどについて、お伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

帝王切開で産まれる赤ちゃんの特徴やリスク

帝王切開での分娩といっても、計画的な帝王切開での分娩と緊急帝王切開での分娩と2通りあります。

 

今回は計画的な帝王切開での分娩にスポットを当てていきます。

 

計画的な帝王切開は、こちらのケースで行われることが多いです。

 

  • おなかのなかの赤ちゃんが逆子の場合
  • 双子や三つ子などの多胎妊娠
  • 胎盤が正常より低い位置にある前置胎盤
  • 赤ちゃんの頭の大きくて産道を通れない
  • 高齢出産(経腟分娩より安全と判断された場合)
  • 以前にも帝王切開での分娩をしている

 

帝王切開での分娩だと短時間での分娩が可能なので母子ともに分娩時の負担が少なくなりますが、帝王切開はあくまでも手術になりますので帝王切開をしたことでママの回復に時間がかかってしまったり、傷跡が残ったり、血栓ができやすくなります。

 

帝王切開で産まれる赤ちゃんの特徴としては、頭の形が自然分娩より綺麗な場合があるといったことが挙げられますが、”新生児一過性多呼吸“という呼吸障害が起きやすくなります。

 

新生児一過性多呼吸は、産道を通らずに生まれてくる赤ちゃんに多くみられます。

 

赤ちゃんが産道を通るときに肺が圧迫されることによって肺液が押し出されて自力で呼吸できるようになって産まれてくるのですが、帝王切開の場合は肺液が残ったまま生まれてくるので一時的な呼吸困難が起こってしまい呼吸が弱い場合があります。

 

一時的なものなのでほとんどの赤ちゃんの場合は2日~3日で完治するのですが心配ですよね。

 

帝王切開は母子ともにリスクを伴うものなので、先生としっかり話をして少しでも不安がなくなれば良いですね。

体重が大きいと危険なの?

最近では「赤ちゃんの体重が大きいと危険」と言われています。

 

4000g以上の体重の赤ちゃんのことを”巨大児“と言うそうです。

 

巨大児は大きくて立派な赤ちゃんともとれるのですが、危険も潜んでいるんです。

 

赤ちゃんが大きいとお産が進まず難産になってしまうことが多いです。

 

難産になってしまうとママの体にも負担がかかりますし、もちろん赤ちゃんにも大きな負担がかかります。

 

もし赤ちゃんが巨大児と判断された場合は、経腟分娩では難産が予想されるので帝王切開での分娩にしましょうと言われることもあるようです。

 

ちなみに私が出産したときは、産まれてくる赤ちゃんの体重は3600gを超えていて難産でした。

 

途中に旋回異常で赤ちゃんが産道から出てこられなくなり、赤ちゃんの心拍が弱まったということで吸引分娩になりました。

 

吸引も2回目でなんとか生まれてきてくれましたが、赤ちゃんはしばらく泣きもせず、泣いたと思っても弱々しく声をだすだけで、すごく心配でした。

 

産後に出血が止まらなくなる”弛緩出血”も起きて、2リットルちかく出血してました…

 

巨大児とまでいかなくても、ママの体が小柄だったり華奢だったりすると難産の可能性が出てきてしまいます。

 

病院ではそういったときでも迅速に対応してくれますので産後のカラダの調子も比較的早く良くなり、産まれてきた赤ちゃんも翌日にはまわりの赤ちゃんたちよりも大きな声で泣いていました(笑)

 

体重が大きくなって産むのは大変ですが、その分赤ちゃんは力強く育ってくれています☆

 

パパやママからの遺伝などもあるのですべてが難産になるとは限らないですが、心配なことがあれば担当の先生に聞いてみてくださいね^^

まとめ

  1. 帝王切開での赤ちゃんの特徴は頭の形が綺麗
  2. リスクとして新生児一過性多呼吸が起こりうる可能性がある
  3. 巨大児の出産もリスクが伴うことも

 

私の場合はパパ方の遺伝で体格の大きさがわが子にも遺伝したのだと思います。

 

結果、産科の先生からは「母体に合わない大きさの赤ちゃんだ」と言われました(汗)

 

私は切迫早産だったのに陣痛がなかなか来なかったので、予定日より1週間早く陣痛促進剤を使って出産しました。

 

もし予定日まで待っていたり、陣痛がくるまで待っていたら、確実に巨大児になってもっと大変なお産になっていたと思うので、今思うとゾッとしますね…

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

帝王切開の入院日数やスケジュールの流れ!必要な持ち物や申請を事前に準備!

帝王切開の麻酔が怖い!痛み・副作用・吐き気や効かない・効きすぎってある?

帝王切開の傷の痛みはいつまで続く?ケロイドを防ぐ薬とテープの貼り方を紹介!

帝王切開の赤ちゃんはみんな保育器に?抱っこして歩くのはいつから?

Sponsored Links
Sponsored Links