nkj56_okusurij_tp_v1

妊娠すると胎児への影響も注意していかなくてはいけないため、飲める薬が限られてしまいます。

 

風邪や花粉症など、どうしても薬が必要になった場合は、自分で判断せず医師の判断で薬を飲むことになります。

 

特に妊娠初期は胎児の成長過程中で、薬の影響を受けやすいため注意が必要です!

 

今回は、どのくらいの時期から薬が使用できるのか、どんな薬が飲めるのかを病気ごとに紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

妊娠していつから薬が飲めるの?

一般的な安定期時期は妊娠16週からを指します。

 

その時期には、赤ちゃんの大切な臓器は大体できています。

 

少しずつ赤ちゃんらしい形になってくるんですよ(*’ω’*)

 

しかし、いつから薬を飲んでもいいのか?というと「絶対に大丈夫な時期」というものはありません。

 

そんなことを言われると薬って心配!

 

と思われるかもしれませんが、医師の診察のもと処方された薬であれば安心して服用できます。

 

週数ごとに合わせて、胎児に影響の少ない成分のものを選んで毎回処方されるので安心ですね(*’ω’*)

 

市販薬はもちろん病院で処方された薬であっても余り薬だった場合でも、自己判断で飲むことはしないでくださいね。

 

私も、ついつい余った風邪薬を薬箱にしまっちゃうんです。。。

妊娠が分かる前に薬を飲んでしまった時は?

woman_shock1

妊娠が判明する前に、風邪薬や便秘薬を飲んでしまった!

 

と病院で相談される方も多いようです。

 

しかし、1・2回薬を飲んでしまったとしても胎児への影響は少ないので安心してください。

 

1番危険なことは、赤ちゃんが出来たのにも関わらず自己判断で薬を何度も長期に渡って飲んでしまうことです。

 

赤ちゃんへは常に栄養などを胎盤を通じて送られていますが、薬の成分も少しずつ胎盤を通って赤ちゃんに蓄積していってしまうため危険です。

 

特に妊娠初期の4週~16週頃までは薬の影響を多く受けやすいと医学的にも証明されているんですよ(´・ω・`)

妊婦さんへよく処方される薬

ここで、妊娠中によく処方される薬を紹介したいと思います。

風邪

アズノール

喉の菌に対してうがい薬を処方されます。

 

うがいに使用するので胎児への影響はあまり心配なく、処方する病院も多いです。

 

トローチ

喉の痛みを和らげる殺菌作用があります。

 

どの週数でも比較的安心して飲めますが、飲みすぎるとお腹を下すこともあるので注意が必要です。

 

漢方薬

漢方も症状によって処方の有無は異なるため、一概に何でも良いわけではありません。

 

特に葛根湯は風邪のひき始めには効果がありますが、症状が悪化してからは効果が薄いようです。

 

西洋の薬にくらべて東洋薬となる漢方は、免疫力を高める成分が主となっているので副作用が少なく妊婦さんへ処方される場合があります。

咳止め

メジコン錠

一般的な咳止めとして処方されることが多いメジコン錠は、妊婦さんでも使える咳止めとして処方されることがあります。

 

咳を静める作用がありますが、あくまでも対症療法ですので咳がピタリと止まるわけではありません。

 

妊娠中に咳が悪化してしまうと、腹圧がかかりお腹が張ってしまうなどの症状が出てしまう場合があります。

 

お腹が大きくなると張ることも少しはありますが、余りにもお腹が張って気になるようなら、一度産婦人科で咳止めの薬を一緒に処方してもらったほうがいいです。

解熱

カロナール

アセトアミノフェンの成分は妊婦さんが飲める解熱鎮痛薬としても有名で、こちらもよく処方されます。

 

効果がロキソニンなどに比べて弱いため安全性はまだありますが、やはり飲みすぎはお勧めできません。

 

もともと風邪の場合はウイルスに対抗して熱を上昇させているため、無理に熱を下げる必要はありません。

 

薬局でもよく熱が高くて体が辛い時に飲むようにと説明されますので、極力飲まないほうがより安全ですね(*’ω’*) 

便秘

マグミット錠

女性は便秘持ちの人が多いので、マグミット錠を知っている人も多いかもしれません。

 

「酸化マグネシウム」という名称でも知られている一般的な便秘薬で、妊婦さんでも安心して使用することができます。

 

病院で処方してもらう薬なので、検診などで受診した時に医師に相談してみるといいですね。

 

ラキソベロン

液体の便秘薬で若干マグミット錠よりも強めの薬になります。

 

滴下量で便がどの程度やわらかくなるかどうか左右されるので、量に注意が必要です。

 

漢方薬

麻子仁丸、人参湯、補中閲益気湯など便秘に効く様々な漢方薬がありますが、漢方薬にも様々な成分が混ざって作られているため不用意に自己判断で飲まないほうがいいです。

 

便秘を直すというよりは、体を温めたりする効果など間接的な効果が期待できる薬です。

花粉症やその他のアレルギー

抗アレルギー薬

ポララミン錠やアレグラ錠などがありますが、抗アレルギー薬の場合は妊娠16週以降に服用したほうが安心と言われています。

 

妊娠すると今までアレルギーにならなかった人でも、鼻水などが多く分泌する妊娠性鼻炎になる方もいるようです。

 

点眼薬

抗アレルギー成分を含んだ目薬は目のかゆみを抑える効果があります。

 

点眼薬の場合は局所的な効果なので、妊娠初期でも処方されることが多いです。

 

点眼薬にも期限があるので、その都度新しい点眼薬を眼科で処方してもらいましょうね。

喉の痛みに効くオススメ民間療法

honey-352205_960_7201

喉が少し痛いな、と感じた時に普段なら市販薬を飲んでも大丈夫ですが、妊娠していると市販薬はオススメできません。

 

そんな時は、蜂蜜大根で喉の風邪を撃退させましょう。

 

蜂蜜は喉の炎症を鎮めてくれる作用があり、大根は咳や痰を切れやすくする酵素成分が含まれています。

 

酵素成分が含まれるものは色々ありますが、大根は身近な物なので使いやすいです。

 

別々に食べても効果はありますが、大根を蜂蜜に漬けた大根飴ならのど飴代わりになめることができますよ。

 

作り方も角切り大根に蜂蜜を入れて一晩つけるだけなので簡単です。

 

甘すぎる!って人には、あったかいお湯にティースプーン1杯の蜂蜜を入れて飲んでもGOOD!

 

特に寝る前に飲むと、体が温まって寝つきが楽になりますよ。

 

1歳以上のお子さんから妊婦さんにも使える民間療法なので試してみて下さい。

 

まとめ

  1. 安定期は妊娠16週以降のこと。
  2. 病院で処方された薬も自己判断での内服や中断は禁物!
  3. 誤って薬を初期に飲んでしまっても続けて飲まなければ殆ど大丈夫。
  4. 対症療法の場合は薬に頼りすぎず、ホームケアを見直す。
  5. 咳や喉の痛みには蜂蜜と大根が効果抜群!

 

妊娠初期は、赤ちゃんの重要な臓器を作る大事な時期でもあります。

 

安定期に入るまで赤ちゃんはとてもデリケートですので、薬を飲んでいいか迷った時は病院で聞くようにしてくださいね。

 

風邪や便秘などの薬は、あくまで対症療法ですので、まずは自宅でのホームケアが大切です。

 

薬に頼りすぎず、生活習慣を見直したりオススメの民間療法を試してみて下さいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

つわりに漢方は効果ある?飲み方で効かない場合も!効き目/副作用とは!

Sponsored Links
Sponsored Links