夏が近づいてきて、体温の高い赤ちゃんはさらに汗をかきやすくなってきていますよね。

 

とくに抱っこひもをしていると、もう赤ちゃんもママも汗だく!!!

 

今回は、湿疹やあせもについてお伝えしていきたいと思います^^

Sponsored Links

 

赤ちゃんの背中に赤いブツブツが!

赤ちゃんは、夏はもちろん冬でもとっても汗っかきですよね。

 

こまめに気をつけてチェックしていないと、肌着やロンパースが汗でびっしょり……なんてことも。

 

寝ている間も、そんなに暑くなさそうなのに、背中だけすごい汗をかいていたりします。

 

気が付けば、あれ?赤ちゃんの背中に赤いブツブツができてる!!

 

湿疹やあせもができてしまうことがよくあります……

 

汗をかいた衣服はすぐに脱がせて汗を拭いてあげないと、まだ肌が丈夫でない赤ちゃんは湿疹やあせもができてしまいます。

 

こまめに汗をかいていないか、チェックしてあげてくださいね^^

湿疹やあせもはお風呂で要チェック!

湿疹やあせもを確認するときは、お風呂のときが一番わかりやすいです^^

 

お風呂に入ったら、湿疹やあせもの状態をよく見ながら清潔に洗ってあげてください。

 

フワフワに泡だてた石けんでやさしく円を描くようにクルクルと洗ってあげると、できてしまった湿疹やあせもをひどくさせずに洗うことができます☆

 

保健師さんからは、夏の暑い日は1日に2回お風呂に入れてあげるとあせもを防ぐことができると言われました^^

 

1回目のお風呂は、石けんを使わず汗を流す程度でも十分あせもを防ぐ効果があるみたいです。

 

また、お風呂に入って赤いブツブツが増えてしまった!!ということもあるかと思います。

 

体が温まり血流がよくなることで、目立っていなかったブツブツが目立って出てきただけということもあります。

 

その日は要観察で翌日朝になってもブツブツが増えてしまったまま、もしくはもっとひどくなっているようだったら、小児科を受診されることをオススメします!!

 

湿疹やあせもを掻きむしってしまうと、「とびひ」になってさらに治りにくくなってしまうこともあるからです。

 

他には、わが子の場合はなぜかお風呂に入ると背中にブツブツが出てきていました。

 

湿疹やあせもは無かったはずなのに、背中いっぱいに広がる赤い発疹……

 

翌朝になるときれいさっぱい無くなっているのですが、お風呂に入るとまた出てきていました。

 

ちょうど健診のタイミングで小児科の先生にお会いしたので聞いてみると、肌の弱い赤ちゃんだとシャワーが当たった刺激で赤く発疹がでたりすることがあるということでした。

 

特に心配はいらないよ、肌が丈夫になってきたら治まってくるはずだからね。と。

 

わが子が生後7,8カ月頃の話だったと思います。

 

1歳になるころには、その症状はなくなっていたので、小児科の先生の言うとおりだったみたいですね^^

 

まとめ

  1. 赤ちゃんはとにかく汗っかき!
  2. 汗をかいたらこまめに着替えさせてあげる
  3. お風呂に入ることで血流がよくなり一時的に発疹が増えたり出てきたりすることも
  4. とびひになってしまう可能性もあるので清潔にしていても良くならない場合はすぐ受診!
  5. シャワーの刺激で一時的な発疹がでることもある

 

あせもって気づかないうちに、できてしまっていますよね。

 

ひどくなるとなかなか治りが悪く、赤ちゃんも掻いてしまって傷になることも……

 

あまりにもかゆそうな場合は、小児科に行ってみてくださいね!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのあせもで病院へ行く目安やタイミング!何科へ行ったらいい?

赤ちゃんの顔や頭にできたあせもの治し方!薬を使って保湿・予防!

赤ちゃんの乳児湿疹は乾燥が原因?あせもとの違いや薬・病院で治るの?

赤ちゃんのアレルギー症状で湿疹や嘔吐!?病院の検査はいつから?費用は?

赤ちゃんの予防接種で副作用が気になる!熱・湿疹が出たり下痢になるの?

赤ちゃんの虫刺されで湿疹や腫れる時は薬で対処?すぐ消える・痕を残さない方法はある?

赤ちゃんの蕁麻疹はお風呂や離乳食が原因?湿疹との違いと対処法は?

赤ちゃん用洗濯洗剤と柔軟剤でアトピー/湿疹/肌荒れに良いのはコレ!

Sponsored Links
Sponsored Links