生まれたばかりの赤ちゃんは母乳かミルクしか飲みませんが、それ以外の水分も摂ることができるようになっていきます。

 

母乳離れを徐々にしていく様子が、うれしいような寂しいような・・・そんあ感じがしてきます。

 

麦茶はとくに夏場などの外出先で水分摂取をさせたいときにオススメです。

 

しかし、最初のうちは母乳やミルク以外の飲み物を嫌がることもあります(´・ω・`)

 

今回は、赤ちゃんへ麦茶を与える時期や温度、保存方法、飲まない時の対処法などについてを紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんに麦茶はいつから飲んでいいの?

赤ちゃん本舗や西松屋に行くと、赤ちゃん用の飲み物が売られているコーナーにペットボトルの麦茶が売られています。

 

市販のペットボトルの麦茶には、生後1か月から飲むことが可能と書かれていたりします。

 

大人用の麦茶に比べて苦みが少ないことから飲みやすくなっていることが特徴です。

 

赤ちゃん用の麦茶は1か月過ぎからは飲むことは可能ですが、離乳食が始まる生後6ヶ月くらいまでは母乳やミルクのみで十分です。

 

以前は、お風呂上りに白湯や麦茶を飲ませることが習慣だったようですが、現在はあまり推奨されていません。

 

母乳やミルクは、赤ちゃんにとって「食事」であり「水分補給」なんです。

 

お母さん・おばあちゃん世代は白湯や麦茶を飲ませる育児法を行っていたようで、実家に行くと「白湯や麦茶はいらないの?」なんて言われたりしました。

麦茶の適温・保存・飲ませ方について

赤ちゃんに麦茶を飲ませるとき、麦茶の温度は常温か人肌程度に温めたものを飲ませてあげてください。

 

夏場は冷たい麦茶を飲みたくなりますが、赤ちゃんに冷たい飲み物は厳禁になります。

 

低年齢になればなるほど胃腸機能が未熟なので、冷たいものを飲むと下痢をしてしまう可能性があります。

 

麦茶の保存について、私たちが飲む麦茶の保存方法と基本は同じです。

 

ペットボトルで売られている市販の赤ちゃん用麦茶は、常温でそのまま保管できます。

 

しかし、一度開けてしまったペットボトルは、雑菌の繁殖防止から冷蔵庫での保管がオススメです。

 

冷蔵庫から再度取り出して飲ませる場合は、電子レンジで少し温めてあげてください。

 

また、マグに残ってしまった麦茶は少しもったいないかと思うかもしれませんが、捨てたほうが衛生的です。

 

とくに夏場は雑菌が繁殖しやすいので、その都度、新鮮な麦茶を飲ませてあげてくださいね!

 

麦茶の飲ませ方としては、赤ちゃんがまだ生後1カ月など月齢が小さい時には哺乳瓶に麦茶を入れてのませてあげます。

 

成長してストローで飲めるようになったら、マグの中に麦茶を入れてストローで飲ませてあげると、マグで飲む練習づけにもなりますよ。

 

最初のうちは上手に飲めないこともあるので、マグを支えてあげるなどしてあげると、こぼさず飲めるようになっていきます。

麦茶を飲まないときの対処法

麦茶は母乳やミルクと違って甘みがないので、赤ちゃんが麦茶を嫌がって飲まないこともあります。

 

とくに離乳食が始まる前は麦茶の苦みで嫌がることがあるので、その場合は無理に飲ませる必要はありません。

 

どうしても水分を母乳やミルク以外で摂らせたい場合は、湯冷ましで十分対応可能です。

 

私の場合は、実際に麦茶を飲ませたのは離乳食期が始まって少し経った頃でした。

 

私の周りでも、離乳食前から麦茶を飲ませているママはいませんでした。

 

もし外出先で母乳を飲ませられないときは粉ミルクで水分を摂らせていましたので、麦茶はあまり買わなかったですね(*’ω’*)

オススメの赤ちゃん用麦茶を紹介!

赤ちゃんでも飲みやすい市販の麦茶を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【和光堂】ベビーの時間 麦茶

カフェインやタンニンを含まない六条大麦を使った麦茶です。

 

500mlサイズで使い切りやすくサイズ的にもオススメです。

 

【ピジョン】ベビー麦茶

国産の二条大麦を使用した、苦みの少ない麦茶です。

 

125ml/本と小さいサイズなので、外出時に持っていくと便利ですよ。

 

【まるは茶業】こども麦茶

ノンカフェインでアレルギー特定原材料不使用の麦茶で、水出し、煮出しもできるようになっています。

 

まとめて大量に作りたいときにオススメです。

 

まるは茶業の「こども麦茶」についてはこちらから

麦茶にもアレルギーの注意が必要!

頻度はあまり多くはありませんが、小麦アレルギーの人は麦茶の原料の大麦にもアレルギーの注意が少し必要です。

 

たんぱく質の構造が小麦と似ていることから、アレルギー症状がでてしまうことがまれにあるので、初めて麦茶を飲ませる時は、少しずつ与えてみるようにしてください。

 

麦茶を飲んでかゆみが出たり、湿疹が出るようであればアレルギーの可能性があるので、麦茶は控えることをオススメします。

 

まとめ

  1. 赤ちゃん用麦茶は生後1か月から飲める
  2. 離乳食期までは母乳やミルクだけでも大丈夫
  3. 冷たい飲み物は下痢を引き起こすので要注意!
  4. 衛生面を考えて開けたら使い切るように飲む
  5. 赤ちゃんが嫌がるようなら無理に麦茶を飲ませなくても良い
  6. 重度の小麦アレルギーは、麦茶でもまれにアレルギー症状になる場合がある

 

麦茶は赤ちゃんにも妊婦さんにもオススメな飲み物ですが、赤ちゃんにとって一番の水分補給は母乳やミルクになります。

 

離乳食を開始するまでは無理に麦茶を飲ませる必要はなく、外出時などで必要な時に飲ませると良いですね。

 

とくに赤ちゃんが麦茶を嫌がるようであれば、白湯などの他の水分摂取で代用するといいですよ!

 

赤ちゃんの成長に合わせて、色んな飲み物を飲ませてあげてくださいね(*’ω’*)

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんが飲む水の煮沸はいつまで必要?販売してるペットボトルのは大丈夫なの?

赤ちゃんのミルクはいつまで?大量に吐く・黄色くなる・飲まない原因は何!?

Sponsored Links
Sponsored Links