自力で排泄がコントロールできない赤ちゃんに欠かせないものがオムツです。

 

新生児用の紙オムツなんてとっても小さくて、両手のひらサイズくらい。

 

私は、「こんな小さいの?!大丈夫?」と最初は驚いたものです(笑)

 

漏れると大変なので、オムツをどんなタイミングでどれくらいの頻度で替えてあげれば良いのか、始めの頃は気になっていました。

 

そこで今回は、赤ちゃんのオムツ替えについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

オムツ替えのタイミングはいつ?

基本的には「おしっこやうんちをしていたら」になるのですが、最近の紙オムツにはおしっこでオムツが濡れると色が青く変わって教えてくれる1本のラインが入っています。

 

このラインの色が少しでも変わっていたらオムツを替えてあげてください。

 

水分を吸収すると触った感じがプニプニして重くなってきます。

 

最近のオムツは吸収力が高いので、1回おしっこしたくらいでは全然プニプニしてない、ここで変えるのはもったいない気がする・・・

 

と、ドケチの私はよく思ったものですが(^^;)

 

赤ちゃんの肌は大人の約半分の薄さで、敏感肌なんてもんじゃない超超敏感肌。

 

おしっこが付着したままの状態にしておくと、その些細な刺激にも反応してすぐ赤くなってかぶれちゃうんです(>_<)

 

なのであまりケチらず、1回でもおしっこしてたら替えてあげると良いですよ。

 

うんちの場合は、言わずもがな・・・ですよね。

 

うんちが乾いてくるとおしりにこびりついてなかなか取れなかったり、かぶれの原因になります。

 

気づいたら速攻オムツを替えてくださいね。

 

わが子はうんちする前踏ん張る顔や唸り声をあげていたのでよく分かりました(^^;)

オムツ替えの頻度や回数は?

赤ちゃんはおしっこをあまり溜めておくことができないので、おしっこの回数も多めです。

 

新生児で1日10~15回、3ヶ月を過ぎるとだんだん5~10回ほどになっていくと言われています。

 

もちろん日によってバラバラだったり個人差もあります。

 

さっきオムツを替えたのに少し時間が経ったらまたオムツ替え・・・なんてこともよくあります(>_<)

 

また、あまりにもおしっこが少ない時は脱水症状や水分不足を心配しないといけませんが、そこまで神経質にならなくても大丈夫です♪

寝てる時のオムツ替えはどうする?

赤ちゃんがスヤスヤ寝てる時。ちらっとベビー服の隙間からオムツを覗いてみると、

 

ラインが青くなってる( ̄▽ ̄;)!

 

てことがよくあります。

 

その時、

 

オムツを替えたら絶対起きちゃうし、やっと寝かしつけたのに、どうしよう・・・

 

って思ってしまいますよね。

 

そんな時、私はおしっこだけでまだオムツにゆとりがありそうなら、そのまま寝かせちゃってます。

 

起こして泣かせてしまうのも可哀想だし(私もちょっと一息つきたいし!笑)

 

うんちの時は諦めて、こびりつくと大変なのですぐにオムツを替えています。

 

反対にそろそろ起こしたい時なんかは、オムツ交換して目を覚まさせてます☆

 

まとめ

  1. オムツ替えのタイミングは基本的にうんちやおしっこを1回でもしていたら
  2. オムツ替えをする頻度・回数は、新生児で1日10~15回くらい
  3. 寝てる時のオムツ替えはおしっこなら様子見、うんちならすぐに替える

 

オムツ替えをしている時におしっこしたり、すぐ寝返りしてオムツ替えをさせてくれなかったりと、オムツ替えには色んな苦労があるかと思います。

 

すごく気をつかうと思いますが、「赤ちゃんが元気に育ってくれるため!」と思って、粘り強くがんばってくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのオムツ選びで値段が安いのダメ?サイズ・人気ランキング別に徹底比較!

布おむつが紙おむつより良い点とは!洗剤で上手に洗うコツを紹介!

赤ちゃんのおむつかぶれは市販薬で対処!シッタロール/ベビーオイル/キンダベート軟膏

赤ちゃんのおしりふきは流せるタイプが人気?コットン/ガーゼで代用可能?

赤ちゃん用おしりふきが冷たい時はウォーマーが便利!顔とか拭いて大丈夫?

赤ちゃんのオムツ替えシートは必要?足をバタバタさせないでする方法とは!

オムツ替えシート(マット)は必要?外出時や保育園ではどうしてる?

紙おむつを洗濯機に入れてしまった時の対処法!塩が良いって本当?

布おむつの洗濯が簡単にできる洗い方!洗剤や重曹の量に注意!

Sponsored Links
Sponsored Links