妊娠中は体重が増えすぎないか気になって仕方ありません。

 

とくに先生から指摘が合った場合は、なおさら気をつけなければいけません…

 

赤ちゃんが大きくなってくる妊娠中期〜後期には食欲が増してくることが多いので、ついつい食べすぎてしまうことも多いです。

 

そこで、今回は妊婦さんが太らない食事の仕方やレシピについて、お伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

妊婦さんが太らない食事の仕方とは?

妊娠中は赤ちゃんがおなかの中にいるので体重が増えるのは当たり前なのですが、増えすぎてしまうと先生に注意されてしまいます。

 

だからといって、妊娠中にダイエットしすぎてしまうと赤ちゃんに栄養がいかなくなり、赤ちゃんが栄養失調の状態になってしまいます。

 

そうなると、発育不良で産まれてきてしまったり、出産した後も合併症を起こしたりする可能性が高くなってしまいます。

 

また、そういった赤ちゃんは大人になってからも糖尿病や高血圧症などの生活習慣病になる可能性が高くなるとも言われています。

 

なので、痩せることよりも太らないように食事の工夫をして体重を管理して行くが重要になってきます。

 

例えば、朝はゴハンやパンなど炭水化物を多めにして、昼は魚や肉、炭水化物、野菜などをバランスよく食べ、夜は野菜を中心に炭水化物や揚げ物を控えめにしたメニューにしたりして、朝昼晩の食事バランスを変える事によって太りにくくしたりします。

 

他にも、栄養士さんが推奨しているのが、やはり和食になります。

 

もちろん、食べすぎると糖分が多くなってしまいますが、和食は少ない油で調理できる料理が多いヘルシーな料理が多いです。

 

1汁3菜の食事を基本として、汁物でたくさんの野菜をとり、副菜でタンパク質やミネラルをとれるような献立が理想的です。

 

また、食べる順番にも注意です。

 

とくにおなかがすいている時は揚げ物や炭水化物を一番はじめに食べたくなりますが、いきなりカロリーの高いものを食べてしまうと一気に血糖値があがり脂肪がつきやすくなります。

 

「野菜→汁物→肉・魚→炭水化物」の順番で食べると太りにくいと言われていますので、食べる順番も意識してみてください。

 

働いている方は毎日自炊をするのが難しいかもしれませんが、忙しいときはスーパーなどで和食の惣菜がありますので、1、2品足りないなぁと思うときは和食のおかずを買って帰るというのもアリです☆

簡単レシピで体調管理!

毎日バランスの良い献立を考えるのはかなり大変です。

 

和食に限らず、手軽に作ることができる汁物と副菜をクックパッドからピックアップしてまとめてみました。

 

簡単に作れるものが多いので、献立に困ったらぜひチャレンジしてみてください☆

汁物

妊婦必見!体重管理の野菜スープ

野菜のうまみたっぷりで、おなかいっぱいになる人気のスープになります。

レシピはこちら

 

白菜とワカメのあっさり生姜スープ

白菜とわかめがメインで生姜風味なのでカラダがぽかぽかになります。

レシピはこちら

 

むくみ解消♪脂肪燃焼スープ

野菜を切って鍋に投入するだけの簡単スープになります。

レシピはこちら

 

包丁使わず5分で♪簡単ふわふわ春雨スープ

春雨を使った簡単ヘルシースープになります。

レシピはこちら

 

圧力鍋でとろとろ~★簡単ポトフ

圧力鍋を使えば手軽に作れて野菜もたっぷり摂取できるポトフです。

レシピはこちら

副菜

アボカド納豆。便秘予防&ダイエットに☆

まぜるだけで作れて、レモン汁でさっぱり、便秘解消にもなります。

レシピはこちら

 

大豆人参こんにゃくの煮物 ダイエットにも

大豆やこんにゃくで栄養も満点です。

レシピはこちら

 

【妊娠・授乳期】レンジでひじきの煮物

電子レンジをチンなので簡単に作れる、ミネラル豊富なひじきメニューになります。

レシピはこちら

 

リメイク残ひじきふわふわあんかけひろうず

メインの材料は3つだけでまぜて焼くだけの主菜にもなります。

レシピはこちら

 

ヘルシー 和風な豆腐ソースのグラタン

ブロッコリーと豆腐がメインのヘルシーグラタンになります。

レシピはこちら

その他

味の素が運営している「AJINOMOTO Park」では、妊婦さんのための食事特集が紹介されていますのでとても参考になります。

「AJINOMOTO Park」はこちら

 

他にも、赤ちゃんのミルクとかで有名な和光堂の「わこちゃんカフェ」では、旬の食材を使ったレシピや妊婦の悩みの症状別レシピが紹介されていたりするので、こちらもすごく参考になります。

「わこちゃんカフェ」はこちら

 

妊婦さんのなかには、食べたくてもあまり食べられず、もっと体重を増やしてくださいと先生から指導を受ける人もいるもしれません。

 

少ししか食べられないなかでもバランスよく食べることで、妊娠中に起きやすい高血圧やむくみ、貧血を防ぐこともできますので、ぜひバランスの良い食事を心がけてみてください☆

まとめ

  1. 朝昼晩の食事バランスを変える事によって太りにくくする
  2. 一回の食事で一汁三菜を摂取できるように献立を考える
  3. 和食は少ない油で調理できるのでオススメ
  4. 食事をする順番を野菜→汁物→肉や魚→炭水化物の順番にすると太りにくい

 

妊娠中に体重が増え過ぎると赤ちゃんが通る産道に脂肪がついてしまい、スムーズに赤ちゃんが出て来れなくなったりすることもあります。

 

そうなると赤ちゃんに酸素がいかず苦しくなるだけでなく、陣痛が始まってもなかなか赤ちゃんがおりてこなくなってしまうので、自分自身も大変な思いをすることになります。

 

和食がオススメとお伝えしましたが、毎日だと飽きてしまうと思います。

 

1週間の半分は和食、残りは中華やイタリアンなど、自分の好きなものをヘルシーに調理してみたり、まずは自分にストレスがかからないよう無理のない範囲で行ってみてください。

 

出産は大仕事ですので、自分のカラダのためにも、赤ちゃんのためにも、無事に出産できるように妊娠中の体重には気をつけて楽しいマタニティライフを送ってくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

妊娠初期の食事メニューは何が良い?外食はOK?簡単レシピも紹介!

妊娠初期で飛行機に乗る影響とは!放射線で流産リスクが高くなる?!

妊娠初期症状は風邪に似てる?鼻水・咳・熱・頭痛・喉の痛みはいつから出てくる?

妊娠初期の便秘がひどくていきむ/気張ると出血!?流産の心配はある?

妊娠初期のつわりはいつから?しない人はなぜ?ピークや症状について!

Sponsored Links
Sponsored Links