赤ちゃんの歯磨きっていつからするんだろうと思ったママさんはいませんでしょうか。

 

私は、乳歯が生え始める生後6ヶ月ごろから、歯磨きについて色々と考えていました。

 

それと、赤ちゃんとおでかけに行ったあとなどのうがいについても悩んでいたりもしました。

 

そこで今回は、歯磨きやうがいについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんの歯磨きはいつから?

産まれたばかりの赤ちゃんのお口をあけると歯の無い歯茎が見えて、とっても可愛いなぁと思ったのは私だけではないかもしれません。

 

赤ちゃんが生後6か月になり、生えてきた小さな小さな真っ白い歯を見て、歯茎だけではなくなったことを少しさみしく思いながらも、この歯を守らなくては!と思ったのを覚えています。

 

赤ちゃんに歯が生えてきて歯磨きはどうしたらいいのかと心配になった私は、生後6か月健診で保健師さんに歯磨きを始める時期について尋ねました。

 

保健師さんからは、「よだれがたくさん出ているから、まだそこまでしっかりしなくても大丈夫だよ。」という意外な回答でした。

 

ただこの先のことを考えて…と、いろいろ教えてくれました。

 

保健師さんが言うには、下の前歯が2本生え始めた段階では、とくに歯ブラシを使わなくてもガーゼで歯を拭いてあげる程度で大丈夫ということでした。

 

上の歯も2本生えたくらいから、子ども用歯ブラシ(柔らかいゴムでできていて喉付き防止がついているもの)を使って、歯磨きの練習のようなものをさせるといい。とのことです。

 

初めのうちは、歯ブラシを口に持っていき、歯にこすりつけたり、なめさしてみたりとするぐらいで大丈夫だそうです。

 

あくまでも、歯磨きに慣れさせることが目的になります。

 

その後、歯が6本に増えてきたら、市販のフッ素ジェルや歯磨き粉をつけないで仕上げ磨きを1日に1回してあげてくださいと言われました。

 

ジェルを使った歯磨きは、最後にかるく口をゆすがないといけなかったり、ガーゼなどでジェルを拭きとらないといけなかったりと、少しハードルが高めです。

 

とにかくママの負担にならないようにねと、保健師さんは言ってくれました。

 

ママが必死になってしまうと、どうやら顔に出て歯磨きを嫌がる赤ちゃんが増えてくるのだそうです。

 

ゆるりとした気分で、楽しい歯磨きを心がけたいですね。

フッ素ジェルと歯磨き粉について

レノビーゴ」というタコのパッケージが特徴的な、フッ素が配合されているスプレータイプの歯磨き粉があります。

 

こちらは、最後に口をゆすがなくてもいい低フッ素の歯磨き粉で、赤ちゃんにも安心して使えて使ってもいいとのことです。

 

 

3歳までに虫歯を阻止すれば、その後の虫歯リスクはかなり減るとのことです。

 

甘い歯磨き粉で誘ったり色々試してみても、口の中を触られたりするのが嫌で歯磨きが嫌いであっても、無理矢理でもいいので、1日1回寝る前に仕上げ磨きをしたほうが良いそうです。

 

後々、虫歯に悩まされて歯医者さんに通わなければいけなくなるので、泣いて可愛そうですが心を鬼にして歯磨きをさせてくださいね。

 

また、仕上げ磨きをするときは、ゴムでできた子ども用歯ブラシではなく、仕上げ磨き用の歯ブラシがありますので、そちらを使って仕上げ磨きをしてください。

 

私の場合はというと、フッ素ジェルはピジョンの「ぷちキッズ」というものを使っていました。

 

 

そして赤ちゃんが大きくなるとフッ素ジェルを卒業して歯磨き粉を使い始めました。

 

最近使用している歯磨き粉はこちら。

 

私がムーミン好きということもあって、ムーミンのイラストが入っている歯磨き粉を使用しています。

 

かなり可愛いです 笑

 

 

ちなみに、フィンランドでは昔からキシリトールが当たり前だとテレビで取り上げられていたので、それにならってみました。

 

歯科衛生士さんも、市販の歯磨き粉ではこちらをおすすめしていましたのでオススメです。 

ガーゼを使った歯磨きのやり方

垢h感に乳歯が生えてきたら、ガーゼを使って歯磨きをするように歯を拭き拭きしてあげます。

 

これが、赤ちゃんの歯磨きのはじめの一歩となります。

 

赤ちゃんの口の中は敏感なので、口の中を触られることを嫌がるのが当たり前なんだそうです。

 

いきなり歯ブラシを使った歯磨きから始めると、必ずといっていいほど嫌がると思うので、まずはガーゼを使って歯磨きをすることで口の中を触られることに慣れさせていこうという作戦です。

 

では、ガーゼを使った歯磨きのやり方を紹介します。

 

赤ちゃんをママの膝の上に仰向けに寝かせます。

ガーゼをママの人差し指に巻きつけ、ぬるま湯に付けます。

ガーゼを巻きつけた人差し指で赤ちゃんの歯を優しく拭ってあげます。

 

ガーゼで赤ちゃんの歯を拭う時、「上唇小帯」といって上唇の裏側から歯茎に繋がっているスジがあるのですが、ここはとても傷つきやすいので強く触らないでくださいね。

 

気づかずに、この上唇小帯が切れていたというのも結構あるそうです。

 

また、生後3か月ころから使えるゴムでできたような柔らかい歯磨きも売られています。

 

これも歯磨きに慣れるのに、一役かってくれます。 

うがいはいつからできるの?

うがいっていつからさせるのか、疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

 

私も、お外から帰ってきたときやインフルエンザなどが流行っていて不安なときに、うがいをさせたい!と何度も思いましたが、赤ちゃんが小さい時はできないものはできないんですよね 笑

 

1歳6か月ごろになると、ブクブクペーと口をゆすぐことができるようになったりします。

 

まずはお風呂で口をゆすぐ練習をさせてあげるのも良いですね。

 

ガラガラぺーとうがいをできるようになるのは、2歳を過ぎたころになります。

 

また、うがいのできない月齢のときは、こまめに水分を取らせて、ウィルスを胃まで流し込んで胃酸に退治してもらうということを心がけていました。

 

これは祖母が新聞に載っていたと言っていたことなので、半信半疑だったのですが。。。笑

 

ネットでも調べてみると、やはりこういう話はあるようです。

 

うがいではノドの上にいるウィルスしか排除できないので、こまめに水を飲んで胃まで洗い流して、胃酸で殺菌する方が良いとのことです。

 

やらないよりもやった方がいいだろうと、うがいをできるようになる前は気をつけて水分を取らせていました。

 

ウイルスが気になる方は、ぜひ実践してみてください。

 

まとめ

  1. 歯磨きを始めるのは、乳歯が6本くらいになってきてからがおすすめ
  2. 3歳までに虫歯にならなければ、その後の虫歯リスクはグッと減る!
  3. ガーゼを使った歯磨きは、歯磨きに慣らすための前段階
  4. 上唇小帯が傷つきやすいので注意が必要
  5. うがいができるようになるのは2歳ごろ
  6. うがいができまではこまめな水分摂取がオススメ

 

歯磨きは習慣付けさせることが大事です。

 

「歯磨き嫌いは、じきに治るから今が踏ん張りどころよ!」と励まされたりもしました。

 

みなさんも一緒に頑張りましょうね!!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの歯はいつから生え始めるの?生え方・順番や生えないのは病気なの?

赤ちゃんの歯が茶色・黄色・斜めでも大丈夫?ぐずる・出血時のケア・お手入れ法を紹介!

赤ちゃんの歯ぎしりはストレスが原因?歯が欠けたり受け口になる?

赤ちゃんの歯固めはいつからいつまで必要?日本製で人気のグッズを紹介!

赤ちゃんの指しゃぶりが激しい理由は愛情不足!?やめさせる方法はある??

赤ちゃんの指しゃぶりが激しいと出っ歯になる⁉︎利き手もわかるって本当⁇

Sponsored Links
Sponsored Links