生まれたばかりの赤ちゃんと一緒に外出することはあまりありませんが、もし外出する時には靴下を履かせたりします。

 

新生児用サイズの靴下は、とても小さくて可愛らしいですよね。

 

外出先では靴下を履かせますが、室内ではどうしていますか?

 

いつの間にか靴下を履かせたのに脱げているなんてこともあったりするので、「室内で靴下を履かせる必要はあるのかな?」と疑問に思うこともあったりするのではないでしょうか。

 

今回は、赤ちゃんに靴下はいつから必要なのか、靴下が脱げてしまう時の対処法など、赤ちゃんの靴下について紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

いつから赤ちゃんに靴下を履かせる?

新生児期は外出することもあまりないから。靴下はいつから履かせたらいいのだろう?

 

と、悩んでしまうママも多いようです。

 

確かに、赤ちゃんコーナーには新生児用の小さな靴下がいっぱい売られていますよね。

 

実際には、いつから履かせないといけない。という決まりはないのですが、おでかけすることを考えて最低でも一足分の靴下を持っておくと安心です。

 

私の場合は出産した時期が温かい時期だったので、とくに出産準備として靴下は買いませんでした。

 

出産祝いのセットで靴下をいくつか頂いたのですが、初外出のお宮参りではまだ気温が高かったので靴下を履かせませんでした。

 

靴下を履かせるのが面倒っていう理由もあったかもしれませんね(笑)

室内で靴下は必要なの?

大人は靴下を季節問わず室内でも履いていますが、赤ちゃんの場合は室内で靴下は必要ありません。

 

赤ちゃんは代謝が活発なので、靴下を履かせてしまうと体温を上手く調節できなくてなってしまいます。

 

靴下を履かせたほうが良い目安としては、足先を触って「冷たい」と感じたら履かせてあげると良いですね。

 

また、最近では靴下一体型のロンパースもありますよね。

 

室内で着させてしまうと、素足を出すことができず熱がこもってしまったり、おむつ替えの時も交換しづらいというデメリットがあるので、経験上私はあまりおすすめしていません。

靴下が大きくて脱げてしまうそんな時はコレ!

出産した時の体重は個人差が大きく、足のサイズも当然異なります。

 

そのため、新生児用の一番小さな靴下でも少し大きく感じることも(´・ω・`)

 

赤ちゃんは手足をたくさん動かしますので、いつの間にか靴下が脱げている・・・なんてことも!

 

そんな時は赤ちゃん用のレッグウォーマーがオススメです。

 

 

靴下の上からレッグウォーマーを履かせれば、ゴムが靴下をズレにくくしてくれます。

 

また、レッグウォーマーだけ履かせても足元の保温効果は抜群ですので、一枚購入してあると便利に使えて重宝しますよ(*’ω’*)!

 

靴下がずれてしまうとソックタッチを塗ってしまうとかぶれてしまうので、間違っても使わないようにしてくださいね!

初めての靴下は手編みもオススメ!

新生児用として購入する靴下のサイズは7~8cmが多いです。

 

しかし、足の形も個人差があるのでなかなかピッタリサイズの靴下がないってことがよくあります。

 

そんな時は手作りで靴下を作っちゃうのもオススメです。

 

赤ちゃんの靴下は小さく、編み方さえマスターしてしまえば時間をかけずに作ることができますよ。

 

赤ちゃんへの最初のプレゼントに手作りの靴下というのも素敵ですね!

 

こちらの本では、かぎ編みでシンプルなつくりの靴下や小物を簡単に編める方法を紹介しています!

 

赤ちゃんは素足で基本OK!

冷えは万病のもと」ともいいますが、赤ちゃんの体温調節機能はまだまだ未熟で、カラダ全体で体温を調節しています。

 

なので、全身を衣服で覆ってしまうと体温調節機能が上手くいかなくなってしまうんです。

 

「昔から子供は素足が一番」という方もいれば、「足先が冷たいんだから靴下くらい履かせなさい」と意見も様々(;・∀・)

 

意見はさまざまですが、まわりの意見に流され過ぎないで季節や室内の温度などを考慮して臨機応変に靴下も履かせることが大切です!

 

ちなみに私は素足派です(*’ω’*)

 

まとめ

  1. 赤ちゃんに靴下は必ずしも必要ではない
  2. 寒い時期のおでかけでは靴下を履かせるなど臨機応変に対応する
  3. 靴下一体型のロンパースは、熱がこもりやすいので要注意!
  4. 靴下を手作りするのも素敵!
  5. 靴下が脱げてしまう時はレッグウォーマーで滑り止め!

 

赤ちゃんは衣服から出ている部分の肌で周りの温度を把握して体温を調節していますので、素足でいることも大切です。

 

しかし、冬場のおでかけではやはり靴下を履かせることは必要になりますので、出産する時期を考えて靴下は1足分は購入すると良いかと思います。

 

また、靴下のサイズをピッタリにしたいのなら手作りが良いですね。

 

妊娠期間中に少し小さいサイズの靴下を編んでみるのもオススメです。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんが靴を嫌がる・歩かないのはなぜ?室内で練習したほうがいいの?

Sponsored Links
Sponsored Links