出産の方法は、経腟分娩か帝王切開の2種類に分かれます。

 

帝王切開は手術によって赤ちゃんを出産する方法で、出産方法は医師の決断で決まるので、基本的には個人の判断で選ぶことはできません。

 

また、帝王切開ではメスを使うため、赤ちゃんを傷がついてしまう可能性もあります。

 

手術のリスクは分かってはいても赤ちゃんについてしまった傷がずっと残ってしまうのか?などとても心配ですよね。

 

今回は、帝王切開でできてしまう赤ちゃんの傷や、帝王切開で産まれた時に泣かない理由について、お伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

帝王切開で赤ちゃんが傷つく可能性はあるの?

帝王切開の手術で赤ちゃんを取り出すにはメスを使用して、少しずつおなかの皮膚や子宮の膜を切っていきます。

 

赤ちゃんと子宮の皮膚の距離が近いので、手術の際に赤ちゃんを傷つけてしまう可能性が絶対にないとは、どうしても言い切ることができません。

 

しかし、ずっと帝王切開の手術でできた傷が残ってしまうような重症な傷が残ることはほとんどなく、擦り傷のようなものなので数日で治る場合が多いようです。

赤ちゃんが傷つかないようにする対策はあるの?

帝王切開は「手術」となるので、あらかじめ本人やパートナーにどのような形で手術を行うか病院側から必ず説明があります。

 

その際には、「手術同意書」や「麻酔同意書」にサインして、病院側へ提出する決まりがあります(*’ω’*)

 

帝王切開をすることになると、おなかを縦に切るのか横に切るのかを決めなくてはいけないのですが、特別な理由がない限りある程度どちらにするかは自分で選べるようです。

 

病院側としては赤ちゃんを早く出してあげるために筋肉の向きに沿った「縦切り」を勧めることが多いようですが、「横切り」にすると帝王切開の手術の傷が隠れやすく目立ちにくいとのことで人気があります。

 

“帝王切開後も水着を着たい”なんてことを考えると、横切りのほうが良さそうですね。

 

しかし、横切りは筋肉の向きに沿った切り方ではないので、赤ちゃんを取り出すのに少し時間がかかってしまうこともあります。

 

手術に時間がかかると、その分だけ赤ちゃんを傷つけてしまうリスクも少し高くなってしまうので、そのことを考慮して帝王切開の手術方法を決めたほうが良いですね。

帝王切開で赤ちゃんが泣かない理由とは?

赤ちゃんが生まれるイメージといえば、「オギャー!」っと生まれる感じではないでしょうか?

 

なぜ赤ちゃんが第一声にオギャーっと大声で泣くかというと、産まれるまでは羊水の中にいて呼吸をしていなかった赤ちゃんが、外気に触れた瞬間に肺が膨らみ肺呼吸へ変わるからなのです。

 

赤ちゃんが産まれて大声で泣くということは、無事に赤ちゃんが呼吸を開始した合図とも言えるのです(*’ω’*)

 

そして、赤ちゃんが産まれてすぐに泣かないということはその逆を示していることになるので、元気がなく呼吸が上手に出来ていないことになります。

 

これは、帝王切開に限らず経腟分娩でも同じことになります。

 

赤ちゃんに触って刺激を与えることで泣くかどうか確認をしますが、呼吸の状態などが安定しない場合は保育器に入れて、赤ちゃんの様子を24時間モニターすることになります。

 

赤ちゃんが産まれてすぐに泣かない理由としては、先天性の障害や妊娠週数が十分でも肺が少し未熟であったりと様々な理由があるので、産まれて様子を見てみないと分からないようです。

 

赤ちゃんが産まれてすぐに元気な声が聞こえないと心配になってしまうと思いますが、手術中でもママの体調を見て医師から赤ちゃんの様子を随時説明してくれます。

赤ちゃんを安全に取り出すことが第一優先!

赤ちゃんに傷はつくってほしくない!という気持ちも分からなくないですが、手術は赤ちゃんだけでなくママの体にも密接に関係してきます。

 

もちろん、皮膚を切っているので出血もしていることからママの体調も急変することも0%ではありません。

 

そのため、医師はできるだけ最短で赤ちゃんを取り出し、お腹の傷を閉じなくてはいけないため「安全」が第一優先となっているんです。

 

もし、赤ちゃんに傷ができてしまった場合は病院側から必要な対処が必ず行われるため安心して手術に臨んでくださいね( *´艸`)

まとめ

  1. 帝王切開で赤ちゃんが傷つく可能性は0%ではない
  2. 帝王切開の傷は横切りの方が目立たず人気だが縦切りの方が赤ちゃんが傷つくリスクは少なくなる
  3. 赤ちゃんが産まれてすぐに泣かない理由は先天的な障害や肺の未熟性など様々な理由がある
  4. 赤ちゃんに傷をつけないことも大切だが赤ちゃんやママの生命を優先的に手術される

 

大切な赤ちゃんに傷がついてしまったら、ママは悲しい気持ちになるかもしれません。

 

しかし、手術中は予想外の出来事が起きたりするので、赤ちゃんやママの生命の方が優先される場合もあります。

 

帝王切開の手術方法としておなかを縦に切るのか横に切るのかによっても赤ちゃんを傷つけてしまうリスクが多少違ってきますので、医師やパートナーとよく話し合ったうえで手術方法を選択してみてくださいね(*’ω’*)

 

また、赤ちゃんが無事に生まれてあまり元気がない場合、泣き方が弱かったり、泣くことが出来ない場合もあります。

 

その場合は保育器で赤ちゃんの状態を観察することになるので、赤ちゃんに会えない状態となってしまいますが、赤ちゃんに問題がないとわかったらすぐに面会することができますので、安心してくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

帝王切開の入院日数やスケジュールの流れ!必要な持ち物や申請を事前に準備!

帝王切開の傷の痛みはいつまで続く?ケロイドを防ぐ薬とテープの貼り方を紹介!

帝王切開の麻酔が怖い!痛み・副作用・吐き気や効かない・効きすぎってある?

帝王切開で赤ちゃんに傷がついた!どう対処したらいいの?

帝王切開の赤ちゃんはみんな保育器に?抱っこして歩くのはいつから?

帝王切開後2人目は何年あける?自然分娩は可能?傷の痛み・癒着が心配!

帝王切開の赤ちゃんの特徴とリスク!体重が大きいと危険なの?

Sponsored Links
Sponsored Links