赤ちゃんが生まれてすぐは、どこをみているのかわからないですよね。

 

新生児期はまだ目があまり見えていないそうなのです。

 

では、赤ちゃんの目がしっかりと見えてくるのはいつごろからなのでしょうか?

 

今回は、赤ちゃんの目が見える時期はいつ頃からなのかについてお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんの目が見える時期はいつ頃?

新生児の頃の赤ちゃんも、全く目が見えていないというわけではありません。

 

新生児期の視力は0.01~0.02ぐらいで、まぶしかったり暗かったりぐらいはわかるそうです。

 

まだ生まれて間もない赤ちゃんでも、新生児室からママの病室へ連れてきてもらう時にすごくびっくりした表情をしているときがあります。

 

もしかして、部屋の移動で明るさが変わり、まぶしくてびっくりしていたのかもしれませんね。

 

新生児の赤ちゃんは、白や黒やグレーだけを認識するそうです。

 

じっとママを見つめているのも、髪の毛の色や目を見ているのかもしれませんね。

 

この時は特に理由もなく見つめていることがほとんどなので、ママの顔をじっと見つめているわけではありません。

 

そう考えると少し寂しい気もしますね(笑)

 

赤ちゃんは、成長していくうちにいろんな色や物の形などを認識できるようになってきます。

 

しっかりと何かを認識できるまでになるのは、生後3か月~4か月齢が目安になります。

 

まだまだ視力は0.04~0.08ぐらいなのでぼや~っと見えているだけですが、ママやパパの表情の違いなどはわかるようです。

 

それまでは、だんだん20センチから50センチぐらいの近くにあるものをじっと見つめるようになってきます。

 

生後2か月齢ごろには、赤ちゃんの目の前でゆっくりとおもちゃを動かせば目で追うようになりますよ。

 

そして生後6か月齢ごろになれば、視力は0.1ぐらいにまで上がります。

 

奥行きや距離感もしっかりとつかめるようになって、人の顔を覚えて区別も出来るようになります。

 

この頃から人見知りが始まるのは、しっかり顔が見えてきた証拠なのですね。

赤ちゃんと目が合わない原因は何?

赤ちゃんの目が見えてきて、ママやパパが顔をのぞかせるとしっかりと目を合わせてくれるようになります。

 

目が合ってもすぐにそらしてしまう場合は、ただ単にほかのことに興味がうつったり、恥ずかしがり屋の性格で目をそらしてしまうということもあります。

 

ママやパパの表情が怖かったりしても目をそらしたり泣いてしまうことがあるので、優しく微笑んで見つめてあげてくださいね☆

 

わが子は穴が開くほどじっと見つめてくる子だったので、いつもこちらが目をそらしてしまうというほどでした。(笑)

 

誰に会ってもじーっと見つめて、よく笑われたものです。

 

ただ、目が合わないことがあまりにも続く場合には注意が必要です。

 

赤ちゃんと目が合わない・目をそらすというのは自閉症発達障害の特徴とも言われています。

 

特徴であるだけで確定ではないので、他の赤ちゃんと様子が違うことがあれば病院で相談しても良いかもしれませんね。

 

他に、自閉症や発達障害の特徴と言われているものは以下のものになります。

 

  1. 常に落ち着きがなくじっとできない
  2. 位置や行動、習慣に異常なこだわりをもつ
  3. 同じことを何度も繰り返す
  4. 極度に過敏であるか鈍感である
  5. 睡眠のリズムがなかなかつかめず、いつまでも2時間おきに起きてしまうなど睡眠時間が短い

 

同じような特徴があっても、一般的には3歳ぐらいまでは判断が難しいそうです。

 

気になる場合は相談に行っても良いかと思いますが、すぐに不安になって思い込まないほうが良いかもしれませんね。

赤ちゃんの目はマッサージで2重になる?

人それぞれ好みはありますが、一般的には2重でぱっちりな目の子がかわいいと言われますよね。

 

私は残念ながら小さな1重の目で、若いころはアイプチなどメイクで頑張って2重を作ってきました(笑)

 

赤ちゃんは生まれてからどんどん顔が変わるので、生まれてすぐは1重でもだんだん2重になる赤ちゃんもいます。

 

でも、2重の大きな目の子になってほしい!と願うのであれば、赤ちゃんの目を優しくマッサージしてあげることで2重になるかもしれませんよ。

 

方法としては、細い赤ちゃん用の綿棒で赤ちゃんのまぶたの上を軽く持ち上げるだけです。

 

綿棒で目を突いてしまったり、強く押し付けないように気を付けてくださいね。

 

必ず2重になれるとは限りませんが、跡をつけることはできるのでためしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

  1. 新生児の頃の赤ちゃんはまぶしさや暗さがわかる程度しか見えていない
  2. 生後2か月頃からゆっくりと物を目で追えるようになる
  3. 生後3か月頃からママやパパの表情の違いなどが見えてくる
  4. 生後6か月頃から人の顔の区別がつくぐらい見えるようになる
  5. 目が合わないのはほかに興味が移動したか恥ずかしいからということもある
  6. 目が合わないことは自閉症や発達障害の特徴でもある
  7. 目のマッサージで赤ちゃんの目を2重にできるかもしれない

 

赤ちゃんはまだ目が見えていなくても、優しい大好きなママやパパを肌で感じているはずです。

 

産まれてきた赤ちゃんには、いつも優しく語りかけてあげてくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの二重まぶたはいつから?やっぱり遺伝?線を作る方法とは!

赤ちゃんの目に入ったゴミを上手に取る方法!こすると赤くなるので要注意!

赤ちゃんの目やにが片方だけに!緑・黄色のは風邪のせい?結膜炎に注意!

赤ちゃんの目やにの上手な取り方とは?オススメ目薬とマッサージで改善・予防!

赤ちゃんのものもらいはうつるの?病院に行かずに目薬で対処できる?

赤ちゃんが目をこするのは眠いから?充血して赤いから何とかしたい!

Sponsored Links
Sponsored Links