赤ちゃんの布団って、本当に必要かどうか悩んでいませんか?

 

今回は、赤ちゃんの布団について、お伝えしていきたいと思います!

 

Sponsored Links

 

赤ちゃんの布団は必要なの?

赤ちゃんの布団は専用の布団を用意しなくても他のもので代用できるので、絶対必要というものではないと私は思います。

 

ただ、例えばベビーベッドを利用する場合は、ベビーベッドにあった大きさの布団は必要になってきたりします。

 

ベッドではなく布団を敷いて寝ている場合は、赤ちゃんの布団は不要で添い寝で十分だと思います。

 

もしママやパパの寝相がすごく悪い場合は、赤ちゃんの身の安全のために赤ちゃんの布団を用意してあげても良いかもしれませんね。

 

私の場合、ベビーベッドは用意していなかったのですが、母のプレゼントで赤ちゃんの布団をもらいました。

 

しかし、あまり使っていなくて、産まれて間もないうちは座布団の上でお昼寝させてたりしていました。

 

サニーマットがあれば十分で、赤ちゃんの布団がないとダメということはなかったですね。

 

また専用のベビーベッドではなくてママ・パパのベッドで赤ちゃんと添い寝をする場合は布団ガードがあれば万が一の時も安心だと思います。

 

ファルスカから発売されているベッドインベッドは、添い寝をしていても赤ちゃんに覆いかぶさってしまうことを防いでくれるのでおすすめです。

ファルスカのHPはこちら

 

夏冬おすすめの布団セットを紹介!

西川ベビー布団セット

楽天市場でレビュー数が一番多い布団セットになります。

京都西川の布団といえば、老舗中の老舗ですよね。

日本製で自社基準で厳格管理されているので、有害物質がなくて安心です。

 

オーガニックコットン布団セット

こちらも楽天市場でレビュー数が多く人気の布団セットになります。

刺しゅうが選べたり、日本オーガニックコットン協会認証のオーガニックコットンを使っているのが魅力です。

防水シーツとキルトパッドが通常版(中国製)と日本製版を選べたりする配慮もあってgoodですね。

 

オーガニックベビー布団セット

この布団セットがすごいと思ったところは、注文が届いてから手作業で布団に綿入れをしてくれます。

汗っかきの赤ちゃんは一年中ガーゼ素材の布団がおすすめです。

オゾン除菌をした後に密封されて送られてくるので、ダニやチリ・ほこりがついていない、まっさらな綺麗な布団が届くそうなのでとても安心ですね。

 

無添加ベビー布団セット

キルトパッド、防水シーツ、洗濯ネット以外はすべて日本製の布団セットになります。

テイジンのウォッシュロンはクッション性が優れていて、何度洗濯してもふっくらとしてへたりにくいんだそうです。

この素材を使った掛け布団は薄手と厚手の2枚組になっています。

夏は薄手のみで、春と秋は厚手布団に毛布などをプラスして使用、冬は薄手と厚手を結び合わせて二枚合わせで使えるので、1年中使うことができますね。

 

ミッフィー ベビー布団セット

こちらは西川リビングのお布団セットになります。

赤ちゃんの布団セットではあまり見かけない”羽毛布団”タイプの布団になります。

赤ちゃんはとても汗っかきですが、寒い地域ではさすがに羽毛でないと寒いですよね。

スリーパーを着せたりと対策はとれますが、やっぱり羽毛布団にはかなわないんじゃないかなぁと思います。

それにこちらの羽毛掛布団は自宅にある洗濯機で洗濯できるので、汚れたときも安心ですね。

 

まとめ

  1. 赤ちゃんの布団は必要とは限らない。家庭の生活スタイルに合わせて必要かどうか検討する
  2. ベビーベッドを使うなら赤ちゃんの布団は必要
  3. 布団はすべてを揃えなくても大丈夫!シーツや掛けるものを季節に合わせて変えたり買い足す

 

赤ちゃんの布団は、小さくてすごくかわいいです。

 

私もかわいいお布団が欲しくて親に用意してもらったのですが、世話の面でも赤ちゃんの寝つきの面でも、添い寝が一番楽だったのであまり出番がありませんでした…

 

よくイメージしてから赤ちゃんの布団を買われることをおすすめします!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの布団にカビが!?キレイに落とす方法と予防を伝授!

赤ちゃんが布団で寝ない!窒息にしくい上手な寝かしつけのコツとは?

Sponsored Links
Sponsored Links