あやすと笑うようになったり、いろんな物を持てるようになると、赤ちゃんが喜ぶおもちゃを買ってあげたくなりますよね。

 

赤ちゃん本舗や西松屋、ベビーザらスといったお店へ買いに行くと、たくさんの種類のおもちゃがあって悩むことも少なくないです。

 

買ったけどあまり喜ばなかったらどうしよう・・・」と思って、かなり悩んでしまいます・・・

 

また、おもちゃを気に入ってたくさん遊んでくれると嬉しいですが、汚れてしまうと色々な菌が気になりなりますよね。

 

そこで今回は、赤ちゃんに人気のあるおもちゃを月齢別に紹介したり、そのおもちゃの消毒法などについても紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

【新生児~3か月】の赤ちゃんに人気のおもちゃ

ねんねの頃の赤ちゃんには、手で持ちやすく軽くて音のなるおもちゃが人気です。

 

2か月ぐらいの赤ちゃんでも意外に力が強くて、おもちゃをぶんぶん振り回して遊ぶ赤ちゃんもいます。

 

私の子がまだ2か月の頃、プラスチックでできたガラガラを頭に打ち付けて遊んでいました。

 

すごい勢いでたたいていたので、ヒヤヒヤしたのを今でもよく覚えています(笑)

 

顔や頭にぶつけても痛くない柔らかいおもちゃなら安心ですね。

 

私がおすすめするおもちゃは、「オーボール」というおもちゃになります。

 

 

小さな指でもつかみやすく、軽くて柔らかいので安心です。

 

お出かけするときには、ひも付きのクリップをボールの穴に通しておけば、ベビーカーや赤ちゃんのよだれかけに付けておけます。

 

一緒にお出かけするときはいつも持ち歩いていました。

 

このボールをよく噛んで遊んでいましたよ。

 

おもちゃは口に入れて遊ぶこともあるので、ここはやはりしっかり消毒しておきたいところですよね。

 

できれば煮沸消毒や消毒液につけ置きしたいのですが、こちらのおもちゃは煮沸消毒や消毒液ができません。

 

煮沸消毒をするとボールの形が歪んだり、消毒液につけ置きすると色が変わってベタベタが残ってしまうこともあります。

 

一番良い消毒・除菌方法は、抗菌のウェットティッシュで汚れを拭き取るか、赤ちゃん用の哺乳瓶や野菜洗いができる洗剤で洗うと良いですよ。

 

ウェットティッシュを使うときには、ノンアルコールのものを使ってくださいね。

 

また、この頃の赤ちゃんは物を強く握り始めるので、ママの手作りおもちゃ「にぎにぎ」を渡してあげるとすごく喜んでくれますよ!

 

最近では色んな可愛い「にぎにぎ」がありますが、一番簡単な「にぎにぎ」の作り方は、靴下の中に綿を詰め込んで口を結べば出来上がりです。

 

結んだ口がほどけて中身が出てきてしまうと間違って綿を飲み込んでしまうかもしれないので、縫い付けてしまったほうがより安全です。

 

このおもちゃなら洗濯ネットに入れて、赤ちゃん用洗剤で洗濯すればいつでもきれいな状態を保てます。

 

靴下に入れる綿がすこし乾きにくいので、洗い替え用にいくつか作っておくといいですね。

【4か月~8か月】の赤ちゃんに人気のおもちゃ

個人差はありますが、4か月頃から寝返りができるようになって、6か月頃には一人座りができるようになります。

 

そして、8か月頃までにはズリバイやハイハイができるようになります。

 

ねんねの頃に比べると、起き上がって色んなことに興味が出て動き回る時期ですね。

 

この時期のおもちゃとしては、赤ちゃんのうごきに反応してくれるおもちゃが人気です。

 

この時期におすすめしたいおもちゃが、こちらの「おいかけてボンゴボンゴ」になります。

 

 

ボンゴをたたくと光って音がなるので、お座りしている時に大活躍です。

 

ズリバイやハイハイができるようになったら、ボンゴを転がして追いかけっこができます。

 

赤ちゃんは光るものや音がなるものにはかなり興味があるのに、家にあるおもちゃは光ったり音がなったりするものが多いです。

 

ハイハイで追いかけっこをたくさんしてくれれば、足の筋肉もつくので良いですね。

 

こちらのおもちゃは電化製品なので洗濯はできません。

 

なので、「オーボール」と同じように、抗菌のウェットティッシュで拭き取れば消毒・除菌できます。

 

また、赤ちゃんにも安心な「アルカリ電解水スプレー」というものがあるので、汚れが気になる部分にはこのスプレーで布拭きするとよいですね。

 

このスプレーは100均にも売っているのでお手頃です。

 

お近くの100均においてあったらラッキーですね。

 

【9か月~1歳】の赤ちゃんに人気のおもちゃ

この頃になるとつかまり立ちができるようになって、つたい歩きから1人で歩くことができるようになる赤ちゃんもいます。

 

行動範囲が増えて、目が離せなくなります・・・

 

この頃の赤ちゃんにとっては、部屋にあるものすべてがおもちゃになります。

 

少し目を離したすきに部屋中にティッシュが散乱している、なんてことも・・・

 

リモコン・引き戸も大好きで、とにかく目に見えるものすべてがおもちゃなのです。

 

この頃になると単純なつくりのおもちゃはすぐに飽きられてしまうので、できるだけ長く遊んでくれそうなおもちゃが人気です。

 

そんなやんちゃ・おてんばな赤ちゃんにおすめなのが、「おおきなよくばりボックス」というおもちゃです。

 

 

ティッシュやマヨネーズを出したり、チャイムを鳴らしたり、スマホ遊びができたりと、とにかく色んなことができるおもちゃです。

 

さらに子供たちの大好きなアンパンマンなので、絶対喜んでくれると思いますよ。

 

つたい歩きを始めた赤ちゃんには、同じアンパンマンシリーズの「へんしんウォーカー」で遊びながら歩く練習ができます。

 

 

これらのおもちゃも汚れが気になれば抗菌ウェットティッシュで拭き取るか、アルカリ電解スプレーで布拭きすれば消毒・除菌はOKですね。

 

布のおもちゃであれば、もうこの月齢になれば大人と同じ洗濯洗剤で洗濯しても大丈夫ですよ。

 

まとめ

  1. ねんねの頃の赤ちゃんには、「持ちやすい」「軽い」「柔らかい」おもちゃが人気
  2. 一人座りできる月齢になったら起き上がって遊べるおもちゃがおすすめ
  3. ズリバイ・ハイハイができるようになったら追いかけて遊べるおもちゃが人気
  4. つたい歩きができるようになったら歩く練習もできるおもちゃもおすすめ
  5. 歩けるようになると色んなことができるおもちゃが人気
  6. プラスチック製のおもちゃは抗菌のウェットティッシュで拭き取って消毒・除菌
  7. 布製品のおもちゃなど水洗いができるおもちゃは哺乳瓶や野菜が洗える洗剤で洗う
  8. 汚れが気になる部分には「アルカリ電解水スプレー」で布拭き

 

今回紹介したおもちゃがみなさんのおもちゃ選びの参考にされたら嬉しいです。

 

気に入ったおもちゃには、口に入れて噛んだり、よだれがいっぱいついた手で触ったりしますので、こまめにウエットティッシュやガーゼで拭き取ってくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのためのフェルト・牛乳パック・木を使った手作りおもちゃを紹介!

赤ちゃんのつかまり立ちはいつから?転倒防止対策と練習用おもちゃを紹介!

ぬいぐるみの洗濯と乾燥のやり方!クリーニングの料金はいくら?

Sponsored Links
Sponsored Links