生まれて数か月たつと、赤ちゃんは周りのものに強く興味を示し始めます。

 

手で触れたものを口へ持っていってみたり、パパやママが食べている物をじーっと興味津々に見たりと好奇心旺盛になってきてますます可愛く思えてきます。

 

一般的に離乳食の開始は大体5・6ヶ月頃と言われていますが、お菓子に関してはどのくらいの時期から食べさせてよいのか迷ってしまう事も多いのではないでしょうか?

 

虫歯の原因にもなるのなら与えないほうがいいのでは?

 

と不安になったりもしますよね?

 

今回は、赤ちゃんへのお菓子はいつからOKなのか?ギフトにもオススメな赤ちゃん用のお菓子を紹介していきます!

Sponsored Links

 

赤ちゃんにお菓子はいつから食べさせて良いの?

赤ちゃんのお菓子売り場に行くと、たまごボーロやおせんべいなど様々なお菓子が売られていて、週数が早いものだと6ヶ月頃から食べさせても良いと記載されているお菓子もあります。

 

しかし6ヶ月と記載されていますが、離乳食を始めたばかりの時期になるので、お菓子を食べさせなくても栄養はまだまだミルクや母乳で補うことが出来るので必要はありません。

 

ついつい食ている姿が可愛くて買ってあげたくなってしまう気持ちも分かるのですが、肥満の原因にもなりかねますので、実際にお菓子を食べさせる時期は離乳食後期の3回食になってからのほうが良いかと思います(´・ω・`)

 

絶対にお菓子を離乳食後期まで食べさせてはダメ!というわけではなく、例えばお出かけする時に気を引くために臨時で食べさせる程度でしたら問題はないかと思います。

そもそもお菓子とおやつは違うの?

生まれたばかりの頃は、赤ちゃんは全てミルクか母乳から栄養を摂っています。

 

生後6ヶ月になると離乳食が始まり、大人と同じ3回の食事になっていきます。

 

初めのうちは、食事とミルクの両方で栄養を補っていきますが、満1歳頃には離乳を完了していきます。

 

食事が規則正しく3回になってきたとしても、なかなかたくさんの量を食べることは難しいので、必要な栄養やエネルギーを離乳食で全て補うことはできません。

 

そんな時に、栄養補助として出番になるのが「おやつ」です。

 

お菓子はおやつとは違い、嗜好品の1つになります。

 

そのため、市販のお菓子ばかりをおやつの代わりとして食べさせることは、栄養面が偏ってしまうので気をつけてくださいね。

オススメの手作りお菓子レシピを紹介!

クックパッドでは、赤ちゃんでも食べられる手作りお菓子のレシピがたくさん掲載されています。

 

その中で、私が独断と偏見で選んだオススメの手作りお菓子レシピを紹介したいと思います。

 

たまごボーロ

口の中でホロっと溶けてしまうたまごボーロの優しい味は、幼児期まで好まれる味ですね。

 

「たまごボーロ」のクックパッドレシピはこちら

 

スイートポテト

サツマイモの自然な甘さとしっとりとした食感がたまりませんよね。

 

「スイートポテト」のクックパッドレシピはこちら

 

米粉せんべい

米粉で作っているので、小麦粉のアレルギーのある赤ちゃんでも安心して食べられる手作りお菓子です。

 

「米粉せんべい」のクックパッドレシピはこちら

 

手作りだと少し手間がかかってしまいますが、安心して食べさせれますよね。

 

しかし、最初のうちは真心込めて作ったお菓子を赤ちゃんが食べないこともありますので、あまり神経質にならないでくださいね。

プレゼントやギフトにもできるオススメの無添加お菓子を紹介!

ちょっとしたプレゼントやギフトとしても喜ばれそうな、オススメの無添加素材のお菓子を紹介したいと思います。

 

名古屋コーチン卵のボーロ

名古屋コーチンの卵を使った、なんともぜいたくなたまごボーロになります。

 

口どけがふわっとしていて、北海道産のてんさい糖の優しい甘さが癖になる無添加高級ボーロです。

 

プレーンといちごのフレーバーがあって、ピンク色のボーロは珍しくて見た目も可愛いですよ。

 

 

発芽玄米ぽんせん

有機発芽玄米を使った昔ながらのおせんべいになります。

 

スープと一緒に食べたりできるので腹持ちが良さそうですね。

 

 

愛荘玄米クッキー

コシヒカリ玄米粉を使ったクッキーでアレルギーの人でも食べられるクッキーになります。

 

小麦、卵、乳製品不使用の無添加お菓子で、きなこや黒ゴマといった色んな味が楽しめます。

 

入れ物もセットになっていますので、こちらはギフトにも最適ですね。

 

 

赤ちゃんに食べさせるものをプレゼントする時は、何が入っているのかやアレルギーについて、しっかり確認してプレゼントしてあげてくださいね。

 

まとめ

  1. 赤ちゃん用お菓子は離乳食後期の3回食になってからが理想
  2. お菓子の与えすぎは肥満の原因にもなるため注意
  3. お菓子とおやつは別物
  4. たまには赤ちゃんのお菓子を手作りするのもいいかも
  5. プレゼントやギフトで送るお菓子はアレルギーを確認しておく

 

手作り・既製品に限らず、赤ちゃんのお菓子は消化に良いものを選ぶようにしてくださいね。

 

食事を通して、赤ちゃんは食べることの楽しさを学んでいきます。

 

赤ちゃんと一緒に楽しく食事やおやつタイムができるようになれれば良いですね、

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

離乳食のおやつの量はどのぐらい?りんごのコンポート/バナナケーキを手作り!

離乳食食器でおしゃれで人気なのはコレ!100均/日本製/陶器/木

離乳食の開始時期が早いとアレルギーになる?どんな初期症状が出るの?

離乳食初期で下痢気味になる原因は何?食材の与えすぎ/アレルギーなの?

離乳食で初めてのヨーグルトはいつから?加熱・保存方法・アレルギー症状も気になる!

赤ちゃんに牛乳はいつから?上手な飲ませ方・与え方やアレルギー症状について!

赤ちゃんにみかんはいつから?量はどれだけ?食べ過ぎ/嘔吐/アレルギーに注意!

離乳食を食べない!手作りより市販品の方が外出時も楽だし良いのかな?

夏バテで離乳食を食べない!夏野菜を使った食欲がわくメニューとは!

離乳食のおやつを電子レンジで簡単手作り!蒸しパン/チーズケーキ/かぼちゃきんとん

Sponsored Links
Sponsored Links