赤ちゃんがぬいぐるみを持っている姿は、本当にかわいいですよね。

 

お店にはかわいいぬいぐるみがたくさんありますが、もしママが手作りのぬいぐるみを作ってあげたりしたら、本当に素敵だと思います。

 

でも、ぬいぐるみを手作りするなんて難しそうと思っていませんか?

 

挑戦してみると、案外簡単にできちゃったりもします。

 

そこで今回は、男の子も女の子も喜んでくれるぬいぐるみとして人気のクマのぬいぐるみの作り方について、お伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

 

くまのぬいぐるいを手作りするのに必要な材料

まずは、くまのぬいぐるみを手作りするために必要なものを紹介します。

 

好きな布

赤ちゃん用のぬいぐるみとなると、ファーのような毛のあるものよりも、フェルトやタオル、綿などといったやさしい素材がオススメです。

着なくなった古着や余っているタオルで作るのも、失敗してもあまり後悔しないので挑戦しやすいかと思います。

 

顔のパーツ

顔のパーツは専用に「鼻ボタン」「目ボタン」が手芸屋さんで売られています。

刺繍糸で描くように刺繍する方法もあるので、こちらも好みに合わせていろいろと考えるのも楽しいですね。

 

ぬいぐるみ用の長い針

手足を付ける時に使うもので絶対に必要というわけではないですが、あればより手作りしやすいです。

 

他にも、必要なものはこちらになります。

 

綿

縫い針

手縫い糸

ハサミ

ミシン(使う場合)

ミシンか手縫いどっちが楽?

ぬいぐるみを手作りするとき、ミシンで作るか手縫いするかどっちが楽かというと、ぬいぐるみのサイズによりけりになります。

 

抱えるような大きいぬいぐるみの場合はミシンを使ったほうが楽ですが、両手に乗るような小さめのぬいぐるみは細かい作業になるので、手縫いのほうがズレにくく縫いやすいかと思います。

 

ちなみに、15cm以上30cm以内のぬいぐるみが手縫いで作りやすいサイズになります。

ぬいぐるみの作り方の基本

こちらの手順や動画を参考に見ていくと、ぬいぐるみの基本的な作り方を身につけることができます。

型紙を印刷して切り取る

まずは型紙を印刷します。

 

無料で型紙をダウンロードできるので、そちらのHPを紹介します。

 

倍率を変えることでぬいぐるみの大きさを変えることもできますよ。

 

型紙無料ダウンロードのHPはこちら

布の型紙を写して切る

切った型紙と同じ形を布に写して、裁断していきます。

 

下で紹介している動画では、型紙と同じサイズに裁断しているのではなく、まわりを3cm~4cmぐらい残して四角く大まかに切っています。

 

しかし、ほとんどのぬいぐるみの型紙は縫い代を考慮した大きさになっているので、そのまま縁取って切っても良いかと思います。

ぬいぐるみのパーツを作る

頭や耳、胴体、手、足のパーツを、生地を中表にして端から5ミリ程内あけて側を縫い合わせていきます。

 

この時に、綿を入れるための場所を残しておくのを忘れないように注意が必要です!

 

そして、できたパーツを表にひっくり返して綿を詰めていきます。

 

ここまでの工程について、こちらの動画で紹介されています。

次の動画は、綿入れ用の穴を閉じる工程だけなのですが、コの字縫いの仕方やほどけにくい留め方などを詳しくわかりやすく説明してくれています。

ぬいぐるみの頭部を作る

ぬいぐるみの頭部についても、こちらの動画で説明してくれています。

動画のように、耳のパーツの裾を折って頭に取り付けていきます。

 

この動画では、目と鼻をパーツにして取り付けて作っていますが、こちらのHPではいろんな鼻の縫い方を紹介してくれていますので、色んなアレンジが可能です。

 

ぬいぐるみの鼻の縫い方アレンジについてはこちら

胴体と頭を縫い付ける

胴体の綿入れ用の穴を閉じて、頭と縫い合わせます。

 

動画では胴体の穴を閉じて紐を付けているのですが、紐を付けるかつけないかはお好みになります(^^)

こちらの動画が、頭と胴体を縫い合わせているところです。

手足を付けて完成

いよいよ胴体に手足を付けると完成になります。

 

ここでぬいぐるみ用の長い針を使うと胴体の間も通しやすくて、胴体の中などに針が埋もれてしまうなんて失敗も少なくなります

 

動画では、ボタンを一緒につけていますが、これもお好みでつけてもつけなくても大丈夫です。

 

まとめ

  1. まずは作りたいぬいぐるみの型紙を印刷
  2. 頭→顔→胴体→手足の順に作って組み立てていく
  3. 表情や布を自分好みにカスタマイズするとより楽しい

 

手作りだと、自分で布やぬいぐるみの表情、大きさを自由に選ぶことができるので、世界に一つだけのくまのぬいぐるみをプレゼントできますよ。

 

きっとママが作ったクマちゃんを、宝物のように大事にしてくれると思います☆

 

今回はここまでになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

ぬいぐるみの収納を100均でおしゃれに!ハンモックの作り方とは!

ぬいぐるみの洗濯と乾燥のやり方!クリーニングの料金はいくら?

よだれかけをタオルで簡単手作り!無料の型紙を使った作り方とは!

赤ちゃんの食事エプロンやスタイを手作り!作成キットが初心者にもおすすめ!

赤ちゃんの帽子を手編み!作り方動画を見て簡単手作り♪編み図も紹介!

赤ちゃんに手作り靴下をプレゼント!毛糸を使った編み方を紹介!

赤ちゃんのためのフェルト・牛乳パック・木を使った手作りおもちゃを紹介!

春夏用おくるみはガーゼ素材が人気!バスタオルで手作りするのもおすすめ!

赤ちゃんのスリーパーはバスタオル/ガーゼ/フリース生地が人気!型紙で手作りも簡単!

Sponsored Links
Sponsored Links