583158

赤ちゃんのしゃっくりは、最初は「可愛い!」と、ほほえましく見ていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ですが、しゃっくりがずっと続くと不安になって、なんとか止めてあげようと、可愛いなんて言ってられなく時もありますよね。

 

加えて、赤ちゃんがそのうち泣き出してしまったらどうしよう、と慌てる方も多いかと思います。

 

そもそも赤ちゃんのしゃっくりは、何が原因で、どうやったら止まるのでしょうか?

 

今回は、赤ちゃんのしゃっくりの原因と対策、そして、泣いてしまった時の上手なあやし方を紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

しゃっくりが起こる原因と解決策とは?

588418

赤ちゃんのしゃっくりも、大人のしゃっくりも、横隔膜が痙攣したことによって起こります。

 

赤ちゃんの横隔膜はまだ未熟なので、ちょっとしたことで痙攣してしまうんです。

 

では、『ちょっとしたこと』というのは、何なのでしょうか?

 

主な原因ではないかと言われているのは、以下の3つになります。

 

  1. 食道や胃の刺激によるしゃっくり
  2. 母乳と一緒に空気を飲み込んで起こるしゃっくり
  3. 身体が寒いと感じて起こるしゃっくり

 

よく母乳やミルクを飲んだ後に、しゃっくりしていることはありませんか?

 

1つ目の原因は、内臓の機能がまだまだ未発達のため、食道を通過した時の刺激や胃で消化する時の刺激で横隔膜が刺激されてしまって起こります。

 

これは生理現象なので、あまり気にせず様子を見守ってあげてくださいね(^^)

 

でもあまりにも続いているようであれば、少しずつぬるい白湯をあげて、刺激を落ち着かせてあげると良いですよ。

 

2つ目の原因は、母乳やミルクと一緒に飲み込んだ空気が、横隔膜を圧迫して起こると言われています。

 

この時は優しく背中を擦って、げっぷのお手伝いをしてあげてください。

 

3つ目の原因は、意外と思われる方も多いのではないでしょうか?(実は私もびっくりでした!)

 

オムツが濡れてお尻が冷えてしまい、横隔膜が刺激されて起きてしまうんだそうです。

 

またオムツだけでなく、空調の風が当たって身体が冷えた時にも起きてしまうとか。

 

この場合は、オムツを替えてあげたり、空調の向きを変える、もしくは止めるなどして、身体を暖めてあげると治りますよ(^^)

しゃっくりを止める前に泣き出してしまった時はどうする?

しゃっくりを止めようというお母さんの焦りが赤ちゃんに伝わって、泣き出してしまうことってありませんか?

 

今度は泣き止ませようと焦ると、また泣いて・・・と負の連鎖になることも。。。。

 

そんな時は、ベランダや戸外へ出てみたり、大好きなふれあい遊びをしたりして、気分転換をはかってみましょう。

 

やっきになって泣き止ませようとしているうちは、泣き止まないんですよね。。。

 

時と場合にもよりますが、のんびりと構えているといつの間にか泣き止んで、しゃっくりも止まっていた。なんてことも多いですよ(^^)

 

ねんねの赤ちゃんから一緒に遊べるふれあい遊びの動画をご紹介しますので、参考にしてみてください。

赤ちゃんのしゃっくりって苦しくないの?

大人のしゃっくりは本当に長引くと苦しいですよね。

 

ということは、赤ちゃんのしゃっくりも苦しいのでは?と思って、しゃっくりをしている赤ちゃんを見てみると・・・。

 

眠気と戦いながらしゃっくりしたり、あくびをしながらしゃっくりをしたり、時には笑いながらしゃっくりする赤ちゃんもいますよね。

 

赤ちゃんが胎児だった頃、お腹の中でピクッピクッと規則正しく動いていたあの胎動を覚えていますでしょうか?

あれは実は、しゃっくりだったんです。

 

赤ちゃん(胎児)のしゃっくりは、呼吸の練習をして、肺などの呼吸器官を鍛える役割があるそうです!

 

赤ちゃんにとって当たり前に起こる現象のようなので、大人が心配するほど苦しくはないそうです(^^)

こんなしゃっくりにはご用心!

あまり心配する必要のないしゃっくりとはいえ、少しだけ注意をしてあげる必要のあるしゃっくりがあります。

 

  1. 鼻が詰まったままのしゃっくり
  2. よだれが出ているしゃっくり
  3. 何時間も出ているしゃっくり

 

赤ちゃんは口呼吸ができないので、鼻が詰まっている時のしゃっくりは呼吸困難になってしまいますので、放置せずに鼻水を取り除いてあげてくださいね。

 

2つ目は、赤ちゃんに限りませんが、逆流性食道炎を患っている場合があります。

 

場合によっては嘔吐する場合もあるので要注意です。

 

繰り返しているようであれば、お医者様に相談してみてください(^^)

 

3つ目は、しゃっくりを出した赤ちゃんを見たことがあるお母さんなら分かるかと思いますが、赤ちゃんのしゃっくりはそう長くは出ません。

 

そのしゃっくりが何時間も出ているのなら、ストレスなどの神経系から起こる難治性しゃっくりが疑われますので、この場合も、お医者様に相談してみてください。

まとめ

赤ちゃんのしゃっくりについて、お分かりいただけましたでしょうか。

 

あかちゃんのしゃっくりって、ごく当たり前の成長の1つだったんですね。

 

基本的に、あまり心配する必要はないようです(^^)

 

  1. しゃっくりを止めるには、白湯を飲ませたり、おむつを替えたり、身体を暖めてあげる
  2. 赤ちゃんのしゃっくりは呼吸器官を鍛えている
  3. しゃっくりしている赤ちゃんの様子を観察しましょう
  4. 泣いた時は焦らず、気分転換で気を反らしてあげることが大事

 

赤ちゃんのしゃっくりは身の周りの環境を整えてあげるだけで治るので、気を付けてあげたいですね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのしゃっくりが止まらない!原因はミルク?泣く・吐く時の対処法!

赤ちゃんがげっぷしない・出ない!上手にできる出し方/方法/姿勢とは?

赤ちゃんがげっぷしないで寝てしまうけど問題ナシ?多いのも大丈夫?

Sponsored Links
Sponsored Links