赤ちゃんにミルクを飲ませるときは横抱きですることがほとんどどですが、母乳育児では横抱きだけではなく縦抱き授乳といって、赤ちゃんの姿勢を立てた状態で授乳させることも可能です。

 

今回は、縦抱き授乳をする正しい姿勢や首がすわる前でも安全に縦抱き授乳を行う方法などについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

新生児期から縦抱き授乳は可能?

縦抱き授乳はいつから出来るかというと、生まれてからすぐに可能です。

 

新生児の赤ちゃんはまだ首がすわっていないので、「首がグラグラして怖い!」と感じるママも多いと思います。

 

赤ちゃんの首と体をしっかりと持ってあげれば、首がグラついたりして負担がかかってしまうことはありません。

 

縦抱き授乳は少し慣れも必要なので、ある程度横抱きに慣れて授乳ペースがつかめたら、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

母乳をちゃんと飲ませてあげられることが第一条件になりますからね(*’ω’*)

縦抱き授乳のメリットとは?

縦抱き授乳をするメリットはいくつかありますので紹介していきます。

 

母乳の飲み残しを改善

授乳後もおっぱいにしこりが残る・・・」なんて経験をしたことはありますでしょうか?

 

一定方向の抱き方だと飲みムラがどうしてもあるので、おっぱいにしこりが残る場合があります。

 

横抱き、縦抱きと色々な角度から飲ませることができると、母乳の飲み残しを少なくしてくれる効果があります。

 

吐きにくい

赤ちゃんの胃のは大人より真っすぐな形になっているので、げっぷと一緒に母乳やミルクを吐いてしまいがちです。

 

吐くといっても少量なのであまり気にしなくても大丈夫なのですが、縦抱き授乳だと重力でミルクや母乳が胃の下の方へたまりやすいので吐きにくくなります。

 

げっぷがでやすい

赤ちゃんはミルクや母乳と一緒に空気も一緒に飲み込んでしまいます。

 

そのため、授乳後は必ずげっぷさせないと、吐き戻したり空気でお腹が張ってしまう原因にもなります。

 

縦抱きだと赤ちゃんの胃の構造のおかげでげっぷが出しやすくなります。

 

乳首が短くでも授乳しやすい

授乳のしやすさは慣れも必要なのですが、乳首の形にも原因があることがあります。

 

陥没乳首や扁平乳首は赤ちゃんが口にくわにくく、横抱きだと授乳しにくいことも多いのですが、縦抱きだとママのおっぱいと真正面なのでくわえやすい体勢になります。

安全に縦抱き授乳を行う方法やコツとは?

首がすわってない赤ちゃんに縦抱き授乳をする場合は、しっかりと首と頭を支えるような姿勢を保持することが重要になってきます。

 

また、赤ちゃんを抱いての授乳は姿勢が前かがみになりがちなので、無理な姿勢で授乳すると腰痛の原因にもなるので、ママの姿勢にも注意が必要です。

 

まずは、こちらのことに注意して縦抱きをやってみてください!(^^)!

 

  • 赤ちゃんをママの太ももに座らせて固定する
  • 授乳中は椅子へ深く座って前かがみにならないように赤ちゃんの高さを調節する
  • 乳首が赤ちゃんの目の前に来るようにクッションやタオルで高さを調節する
  • ママの片手は赤ちゃんの耳の後ろを親指と人指し指で挟み、そのほかの指は首に沿うように後頭部を支える
  • 赤ちゃんの鼻におっぱいが当たってしまって窒息しないようにもう片方の手はおっぱいを支える

 

女性は男性に比べて手が小さいので、赤ちゃんの頭全体を手で支えながら授乳するのは難しく感じるかもしれません。

 

でも、何度も練習しているうちに徐々にコツを掴んでいきますよ!(^^)!

 

私も横抱き授乳をすると腕が疲れたりしたので、縦抱き授乳にも挑戦してみたら、思ったより赤ちゃんもすんなりと慣れてくれました。

 

縦抱き授乳をする時は背もたれのある椅子に座ってリラックスした状態で行うと、授乳しているママも楽でよ!

縦抱き授乳にこだわらなくてもOK

縦抱き授乳は母乳をムラなく飲ませたりするメリットも多いので、できれば覚えておきたい方法ではありますが、赤ちゃんが嫌がったりしたときは、無理をせずいつもの慣れた体勢で授乳をしてあげてください。

 

とくに寝かしつけのときにする場合などは、慣れた体勢で授乳したほうが赤ちゃんも嫌がらずに授乳できます。

 

日中の機嫌の良い時を狙って、縦抱き授乳にチャレンジしてみてくださいね。

 

げっぷさせないと後で吐いてしまうのでは?」と心配になる方もいるかと思いますが、新生児のときはげっぷをさせても吐いてしまうこともよくありますので、授乳後に寝てしまった場合はタオルなどを敷いておくと汚れても安心ですよ☆

まとめ

  1. 縦抱き授乳は新生児期から行うことが可能
  2. 縦抱き授乳には母乳の飲み残しを改善したりするメリットがある
  3. 首がすわる前でも手で頭と首をしっかり固定させれば縦抱き授乳は安全に行うことができる
  4. 赤ちゃんが嫌がる時は無理に縦抱き授乳を行う必要はない

 

赤ちゃんにとってもおっぱいを飲むことは初めてのことなので、慣れるまでは時間がかかることもあるかと思います。

 

色々な体勢で飲ませてあげることも必要ですが、まずは赤ちゃんもママも授乳を行うことに慣れていくことが大切です。

 

あせってしまうとかえって上手く授乳できなくなってしまいますので、リラックスして授乳をしてくださいね。

 

もし縦抱き授乳に挑戦できそうなら、ぜひこの記事を参考にして抱き方などをチェックしてみてくださいね☆

 

今回はここまでになります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

育児中の腱鞘炎やしびれはいつまで続く?注射は痛いのかな?

横抱きすると嫌がる!泣く!楽にできるやり方はあるの?

赤ちゃんが泣き止む抱っこの仕方とは!!反り返る・嫌がるのは自閉症なの!?

授乳姿勢であぐらはひざが痛いときに足が楽?クッションなし/骨盤/和室

授乳姿勢は縦抱き/横抱きどっちが楽?上手なくわえ方のコツとは!

赤ちゃんを抱っこすると嫌がる!腰痛や腱鞘炎にならない仕方とは!

Sponsored Links
Sponsored Links