私は赤ちゃんが出来る前は、夜の晩酌が楽しみでした。

 

お腹の中の赤ちゃんのためにお酒を我慢している、という方もたくさんいるかと思います。

 

かわいい赤ちゃんに出会えたのは嬉しいけれど、今はまだ授乳期間中なので大好きなお酒が飲めなくて辛いと・・・

 

普段はあまり飲まなくても記念日やクリスマスなど、美味しい料理を食べに行ったときとかも飲みたくなりますよね。

 

私はどちらかというと後者のほうで、美味しいチーズがあればワインが飲みたくて仕方がないです(^^;)

 

「母乳は毎日作られているから、多少アルコールを摂取しても時間が経てば良い」と聞いたことがありますが、実際のところどうなんでしょうか?

 

気になったので、調べてみました☆

Sponsored Links

 

授乳期間中にアルコール摂取を避ける理由

授乳期間中のアルコール摂取は、赤ちゃんに悪影響があることが分かっています。

 

母乳は血液から作られます。

 

アルコールを摂取すると血液中のアルコール濃度が上がるため、飲酒後すぐに授乳してしまうと赤ちゃんもアルコールを摂取してしまうということになります。

 

赤ちゃんはアルコールを分解する働きのある肝臓がまだ未熟なので、うまく体内でアルコールを分解できません。

 

赤ちゃんのときにアルコールを摂取してしまうと、身長が低くなったり、低体重を引き起こす可能性があります。

 

他にも、記憶障害学習障害など、脳に対しても悪影響が生じる場合もあるようです。

 

赤ちゃんに対してのリスクを考えると、アルコール摂取はもう少し我慢しないといけねいというのを感じますね(`・ω・´)

アルコールを摂取するときの注意点

アルコールの適正量

状況によっては、「どうしてもお酒を飲まないといけない」場合が生じることがあるかもしれません。

 

そんな時は、必ず適正量を守るようにしてください。

 

授乳期間中のアルコールの適正量は、「体重 × 0.5g」になります。

 

例えば体重50kgの場合だと、ビールで換算すると350mlを1缶、ワインだとグラス1杯となります。

 

ただし、アルコールの耐性は個人差があるので、基本的には飲まないようにすることが一番良いです。

ノンアルコール飲料にも注意

ノンアルコール飲料もアルコールは1%未満ですが含まれていますので、全く入っていないわけではありません。

 

「ノンアルコールなら飲んでも大丈夫」と考えてたくさん飲んでしまうと、アルコールを摂取しすぎてしまうことになるので、こちらも飲み過ぎには注意してください。

ケーキやチョコレートの洋菓子にも注意

授乳期間中に甘いものが無性に欲しくなるときがありせんか?

 

私は、ほぼ毎日何かしら食べています(^^;)

 

これは母乳を作るために身体が糖分を欲しているためで、余計にそう感じてしまうそうです。

 

そんな時にケーキやチョコレートといった洋菓子には注意が必要です。

 

というのも、洋菓子にブランデーやリキュールといった洋酒がよく使われています。

 

香り付けで使われているものはアルコールを飛ばしていることがほとんどですが、実際のところはどれだけアルコールが残っているか分からないですよね。

 

洋菓子を購入する前に成分をチェックしてから買うと安心です。

アルコールを摂取してしまったら

母乳は毎日作られているので、アルコールを摂取してもずっと母乳にアルコールが残るということはありません。

 

血中のアルコール濃度は飲酒後1時間でピークを迎え、さらに30分から1時間をかけて半減、消失していきます。

 

なので、継続してアルコールを摂取していないのであれば、飲酒後2時間を目安にして授乳を再開すると母乳への影響は少ないと言われています。

 

ですが、先述したようにアルコール耐性に個人差がありますので、分解するのにも個人差があります。

 

「何時間あけば、絶対に安全!」とは言い切れないので、やはりできるだけ飲まないようにするのが一番です。

 

特に授乳間隔のせまい新生児期のあいだは、アルコールが抜ける前に授乳の時間となってしまうので、もしアルコールを摂取してしまった場合はミルクに変えてあげた方が良いですね。

 

まとめ

  1. アルコールを摂取すると母乳にもアルコールが含まれる
  2. 赤ちゃんがアルコールを摂取すると発育遅延や脳に障害が起こる場合がある
  3. 授乳期間中にアルコールを飲まないといけない場合は「体重×0.5g」を目安にする
  4. ケーキやチョコレートなどの洋菓子にもアルコールは含まれる
  5. アルコールを摂取した場合は最低2時間は授乳間隔をあける

 

長い妊娠期間を経て出会えた赤ちゃんのためにも、もう少しだけ大好きなお酒は我慢してほしいところです(>_<)

 

授乳が終わった後は「やっとお酒がが飲める!」という開放感よりも、授乳が終わってしまったことによる寂しさの方が大きいかもしれませんよ(´ω`*)

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links