ベビー服は、買ってもすぐにサイズが大きなって着られなくなったり、汚して何枚も必要だったりすること、ありませんか?

 

大人の服に比べれば安いですが、何着も買うとけっこう家計に響きますよね・・・

 

少し裁縫をかじったことのある方なら、「ちょっと頑張って作ってみよう!」と思う方も多いのではないでしょうか?

 

近くにユザワヤやオカダヤといった大手のお店があれば、簡単に欲しい布地や柄が手に入ります。

 

そこで今回は、ベビー服を手作りしたいと思っている方のために、型紙を使ったベビー服の作り方を紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

ベビー服手作り初心者には型紙がオススメ!

5cdfeaad977f3cdf0b07599c65c879ac_s

「型紙がなくても大体の目安で切ったらいいんじゃない?」、そう思う方もいるかと思います。

 

いえいえ、逆なんです。初心者こそ、型紙が必須なんです!

 

なぜかと言うと、型紙は布にあてて、その通りに切って縫えば、綺麗に出来上がるようになっているからなんです。

 

初心者が目分量で服を作ると、首周りがきつく(ゆるく)なったり、腕の曲げ伸ばしがしにくくなったりと、失敗をしてしまうんです。

 

そんな失敗をできるだけなくしてくれるのが、型紙なんです!

 

型紙があれば、袖の部分の布を替えて作ってみるなどすると、何着も同じものを作ることができます(^^)

型紙の他に必要な物とは?

86279d420281754dc789664c9949fffd_s

まず、型紙の他に必要なものを紹介します。

 

1.ミシン(耐久性を考えるとミシン縫いをおすすめします)、ボビン2~3個

2.まち針、手縫い針、針山

3.30cm定規

4.チャコペン(三角形のチャコペンが使いやすいです)

5.布用ハサミ(紙を切ったハサミは切れ味が悪いです)、糸切りバサミ(なくても大丈夫)

6.アイロン

 

あとは必要に応じて、ゴムやスナップボタン、バイアステープなどを用意してください。

 

ベビー服の作り方を紹介しているホームページによっては、「同じ布からバイアスを取りましょう」とありますが、手芸店にはすでにテープ状になったバイアスが販売されていたりします。

 

色の種類もたくさんありますので、元の生地と似た色味のテープを購入すると、とても簡単ですよ♪

ベビー服に適した布の種類とは?

ベビー服と言っても、それぞれの服に適した布の種類というものがあります。

 

ワンピース

あまり伸縮性のない布が適していて、綿プリント、リネン、秋冬はネルなどがおすすめです。

 

ロンパース

ロンパースは肌着として着ることも多いので、肌触りの良い布であるダブルガーゼ、ワッフル生地、手ぬぐいなどがおすすめですね。

 

カバーオール

肌着の上から着る服なので、しっかりした布が良いですね。

 

フリース、ニット、綿ジャージ、スムースや天竺(Tシャツの生地)などがおすすめです。

ワンピースの作り方!

まずは、ワンピースの作り方です。

 

「ハンドメイドのココロ」というホームページで、ワンピースやロンパースなどの型紙は無料でダウンロードできて、作り方も掲載されています。

 

「ハンドメイドのココロ」のホームページはこちら

 

「ハンドメイドのココロ」では、何回かベビー服に限らず、服を作ったことのある方なら、だいたいわかる内容が書かれています。

 

他にもワンピースを手作りできる方法を探していたら、なんと!

 

100均の手ぬぐいでワンピースを作っている方がいました!

 

布を手ぬぐいではなくスムースなどに変更すると(端処理でひと手間必要ですが)、型紙ナシで作ることができます。

 

100均の手ぬぐいでワンピースを作る方法はこちら

 

他にも、型紙ナシですが、ワンピースの作り方がひと行程ずつ写真があって、丁寧に説明してくれているものもあります。

 

布の長さを短くすれば、0歳の赤ちゃんでも着れそうですし、布の種類を秋冬用にしてあげても良いですね。

 

超簡単ワンピースの作り方はこちら

ロンパースの作り方!

ロンパースは何枚あっても困らないアイテムですよね。

 

ワンピースと違って、首周りや股の部分などが出てきて難易度がちょっと上がりますが、頑張って作ってみてください!

 

こちらのホームページでは、70~90cmの型紙を掲載しています。

 

作り方の説明がイラストで、温かみがありますね。

 

「ロンパースの型紙・作り方」のホームページはこちら

 

そして、さきほど紹介した「ハンドメイドのココロ」にも、ロンパースの型紙が掲載されています。

 

ロンパースは布地を替えて作ると、寒い時期でも暖かい肌着になってgoodです。

カバーオールの作り方!

最後はカバーオールになります。

 

カバーオールはワンピースやロンパースに比べて、ぐーんと難易度があがります。

 

自分で作った服を赤ちゃんが着てもらえると、嬉しいですよね。

 

ベビー服に慣れてきたらカバーオールにも挑戦してみてください。

 

 

こちらはミシンメーカーのブラザーが無料で型紙を公開しています。

 

ページの中ほどでカバーオール70サイズと80サイズの型紙と作り方がPDFファイルでダウンロードできます。

 

「ブラザー」のホームページはこちら

 

こちらのホームページにも、わかりやすく写真を掲載してくれています。

 

「ベビー2WAYオール」の作り方はこちら

 

まとめ

いくつか無料で型紙をダウンロードできるホームページを紹介しました。

 

型紙あれば、比較的簡単にとてもかわいらしいベビー服が出来上がりそうですね!

 

最初は、ミシンがまっすぐかけられなかったり、絵柄が逆になってしまったりすることもありますが、めげずに挑戦してくださいね。

 

こちらはコンビ肌着となりますが、動画で手順を説明していますので、参考にしてみてください。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの帽子を手編み!作り方動画を見て簡単手作り♪編み図も紹介!

よだれかけをタオルで簡単手作り!無料の型紙を使った作り方とは!

赤ちゃんに手作り靴下をプレゼント!毛糸を使った編み方を紹介!

ベビー服収納はカラーボックス・100均のかごがオススメ!アイデア次第でリビングもスッキリ!

Sponsored Links
Sponsored Links