赤ちゃんの成長はあっという間で、成長の仕方もバラバラ。

 

あの子はもうお座りも出来るのにうちの子はまだ…と、悩まれているママもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は赤ちゃんのお座りについて、お座りをしている時の注意点やお座りの練習などについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんがお座りを始めるのはいつ?

赤ちゃんがお座り出来る時期は生後6ヶ月から7ヶ月が一般的と言われています。

 

この頃はお座りしてもまだグラグラな状態で少し不安定ですが、8ヶ月から9ヶ月頃になるとバランスよく座れるようになります。

 

お座りの時期には個人差がありますが、成長していくにつれて赤ちゃん自身が自然とお座りができるになっていきます。

 

最初は背中を丸めて前かがみに、それから両手を床についてどうにか座っていられるような状態に、そして徐々に背中が伸び始めて安定していきます。

 

下記が月齢に合わせた目安になります。

 

  • 6ヶ月頃:手を使いながら少しの間体を支えることができる
  • 7ヶ月頃:赤ちゃんの腰が少しずつ安定して、背中を丸めずに体を支えることができる
  • 8ヶ月頃:両手を遊ばせていても体が安定して座ることができる。

 

これは一般的な目安になるのでそこまで気にする必要はないです。

 

8ヶ月頃でやっとお座りが少しずつ出来るようになる子もいるので、焦らず赤ちゃんのペースに合わせてあげるといいですね。

 

お座りを始める時の注意点としては、腰が座る前にお座りを始めると、まだバランスが上手くとれないので、後ろにコロンと転がってしまったり、横に倒れたりしてしまうことが多いです。

 

なので、赤ちゃんがお座りを始める時期になったら赤ちゃんの周囲の環境を整えてあげることが大切ですね。

 

私はローテーブルの角を保護したりしていました。

 

生後3ヶ月頃には縦抱っこが好きな赤ちゃんがお座りに興味を持つこともあるそうですが、腰座り前に赤ちゃんをお座りさせる時は気分転換程度で短めにしたほうが良いです。

 

その間は必ず目を離さないようにしてくださいね。

赤ちゃんがお座りしない・出来ない理由は何?

「6ヶ月になったのに、うちの子はお座りをしない。。。」と心配するお母さんも多いのではないでしょうか?

 

私の子も全然お座りしませんでした。する気配すらなかったです。 笑

 

個人差があるとはいえ、あまりにも遅いと心配になりますよね。

 

赤ちゃんがお座りをしない、出来ない理由ってあるのでしょうか?

 

赤ちゃんがお座りをするためには、腰骨の成長とおしり周りの筋肉の発達が重要なんだそうです。

 

腰骨とおしり周りの筋肉が未発達の状態でお座りをさせると、骨や筋肉に負担がかかってしまったり、赤ちゃんの成長を邪魔してしまうこともあります。

 

月齢が低い赤ちゃんでももお座りをしたがる子はたくさんいます。

 

しかし、やはり身体に負担がかかってきついので、すぐにお座りをやめてしまう子もいます。

 

なので、お座りしなかったり・出来ない時は、赤ちゃんの気持ちも問題もあるかもしれませんが、お座りが出来る時期になるのをゆっくり待ってみましょう。

お座りの練習は必要なの?

赤ちゃんにお座りの練習をさせる事自体は問題ないそうです。

 

ただし、赤ちゃんが嫌がらず無理強いしない範囲で練習することをオススメします。

 

お座りの練習方法としては、まず後ろから赤ちゃんの両腕を支え、お尻を床につけてお座りの姿勢をとります。

 

初めは赤ちゃんの体がとっても柔らかいので前かがみにぐにゃっと倒れてしまうので、赤ちゃんが苦しくならないようにしっかりサポートをしてくださいね。

 

嫌がらなければお座りの体勢で遊んであげるのもいいですね。

 

その他にも、縦抱っこに慣れさせて赤ちゃんの視点が変わる楽しさを体感させるのもアリです。

 

床に寝ている景色とはまた違った景色が見えるので、縦の視点に興味を持ち始めることでお座りの練習準備になります。

 

赤ちゃんは頭がとても重いのでお座りをすると後ろに倒れる子も多いです。

 

そんな時に倒れても大丈夫なように、赤ちゃんの後ろに授乳クッションとかを置いてみると少しは安心ですよ。

 

こちらのyoutube動画は、赤ちゃんがお座りの練習をしている動画になります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

お座りの練習を早く始めすぎると、かえって身体に負担がかかってしまいますからね。

 

それと、周囲の安全を確保してから練習してくださいね。

お座りが早い・遅いのは抱っこが原因!?

個人差はあるとはいえ、お座りする時期が遅いと思ってしまうと、早い子は普段どんな生活をしているのか気になりますよね。

 

お座りが早い赤ちゃんの傾向として、さきほどもお伝えしましたが、縦抱きの抱っこが好きな子が多いんだそうです。

 

また、まわりの人たちが座っているのを見て、自分も同じように座りたいと感じたりもします。

 

反対にお座りが遅い赤ちゃんは、縦抱っこが苦手の赤ちゃんが多いとのことです。

 

お座りが苦手が赤ちゃんには、まずは縦抱っこに慣れさせることから始めてもいいかもしれませんね。

お座りにオススメの便利グッズ

お座りができるようになったら、椅子はどうしようとか悩んだりしませんか。

 

赤ちゃんのお座りに関連する便利グッズを紹介していきます。

バウンサー

生後1ヶ月から使えるバウンサーは背もたれの角度を調整出来るものがほとんどです。

 

お座りの練習に使えたりできるので一石二鳥ですね。

 

固定ベルトがついているものが多いので、倒れたりする心配がなく安心です。

 

西松屋のバウンサーは他のメーカーのバウンサーより値段が安くて驚きです。

 

バウンサーはちょっと大きいですが、試してみる価値はありそうです。

 

ベビーチェア

ポリウレタン素材のベビーチェアは、柔らかくて赤ちゃんが座ると重みで沈み、その子にあったおしりの形にフィットしてくれます。

 

身体にフィットするのでお座りの正しい姿勢や体のバランスが鍛えられ、お座り練習が進む子も多いみたいです。

 

今人気のバンボなどがそうですね。

 

 

注意点としては足の部分が細めなので、足がムチムチの赤ちゃんは使えなくなる時期が結構短めです・・・

 

こちらのグッズは人気のバンボとは違いますが、こちらの方が足周りが大きめなので足がムチムチの赤ちゃんには良いかもしれませんね。

 

値段が安いのでお求め安いのもナイスですね。

 

お座り練習用のソファ

空気をいれて膨らませるタイプのソファもあります。

 

座ると体がすっぽり包み込んでくれるので安定感抜群です。

 

またクッション性に優れているので、体が当たっても痛くないのも良いですね。

 

まだお座りに慣れていない生後4ヶ月以降から使えるものもたくさんあるみたいですね。

 

まだ足が細い子の場合は、ベビーソファで人気のバンボとかだと抜け出してしまう子も多いので、こちらのタイプだと抜け出せないので安心です。

 

授乳クッション

私がとても重宝していたのが授乳クッションになります。

 

お座りの練習を少しずつ始める時には、とてもいいのではないのでしょうか。

 

前から軽く支えてあげたら後ろに倒れたとしても授乳クッションがあるので頭も打たず安全です。

 

お座りする初めの練習として1番使えるのは、授乳クッションじゃないかなぁと思っていたりもします。

 

 

まとめ

  1. お座りが出来る時期は6ヶ月から7ヶ月ごろ
  2. お座りが出来なかったり遅い赤ちゃんは、まだお座りをする時期ではないのかも
  3. お座りの練習は無理のない範囲でしていく
  4. 縦抱っこが好きな子はお座りがが早い傾向にある
  5. 練習に1番使えるのは授乳クッション!(個人的に)

 

まずは試しに座らせてみてぐずらないかどうか確認してみて、徐々に練習していけば上手にお座りできるようになると思いますよ。

 

お座して遊んでくれるようになると遠くからも見やすいのでちょっとだけ安心です。

 

早くお座りさせると赤ちゃんの成長を邪魔してしまうかもしれませんので、ハイハイができるようになってからでも良いかもしれませんね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

キャリフリーチェアベルトのメリットとは!使い方を動画で紹介!

赤ちゃん用椅子で人気のバンボとカリブの違い!食事の時にローチェアは必要?

赤ちゃんがお座りする時期はいつ?どうやって頭を打つ・倒れるのを防ぐ?

赤ちゃんのずりばいはいつ?後ろにいくけど大丈夫?オススメ練習方法を紹介!

赤ちゃんのつかまり立ちはいつから?転倒防止対策と練習用おもちゃを紹介!

寝返りとお座りの順番はどっちが先?逆/しない/遅い時は練習必要?

赤ちゃんが歩くようになるのが遅いのはなぜ?早い子との違いとは!

ずりばいはハイハイへの移行の前兆!検診までに練習した方が良い?

赤ちゃんが食事中に椅子に座らない!ベルトを使って手軽に対処!

Sponsored Links
Sponsored Links