赤ちゃんはちょっとした環境の変化などで熱を出してしまいます。

 

むやみに熱を下げてしまうのは体の抵抗力を弱めてしまうため、もし座薬を使いたい時はよく考えて使用しなくてはいけません。

 

熱を出すと、体力や水分が奪われて便秘しがちになります。

 

座薬には熱を下げる効果があるほかに、便秘にも効果があります。

 

今回は座薬の効果や使用方法を紹介していきます!

Sponsored Links

 

発熱時に使う座薬の効果とは

座薬にはアルピニー座薬、アンヒバ座薬、ボルタレン座薬など様々な種類があります。

 

赤ちゃんや小さい子どもには副作用の少ないアルピニ座薬ーやアンヒバ座薬が使用されることが多いです。

 

座薬には解熱・鎮痛作用があります。

 

アルピニー座薬のようなアセトアミノフェン系の座薬は、胃腸への負担など副作用が少なく安全に効果がでると言われています。

 

体温調節中枢に直接作用して熱の放散を増幅させることで、体温を下げたり、痛みを和らげたりします。

 

アルピニー座薬やアンヒバ座薬は、0歳から使用しても良いという医師もいるみたいなので、安心して使用できそうです。

座薬は便秘にも効果がある?

熱が出ると食欲がどんどん低下していって、体の中の水分が不足することから便秘になってしまいがちです。

 

解熱作用をメインの座薬は、直接的な作用ではないのですが排便促進の効果もあります。

 

それは、座薬が直接肛門に挿入するため、肛門刺激を受けるからです。

 

そのため、赤ちゃんは肛門の刺激によって排便を催すことも多いようです。

 

しかし、座薬を入れてすぐに排便してしまうと座薬も一緒に排泄されて、本来の解熱・鎮痛の効果が薄れてしまう場合があるため注意が必要です。

何度の熱から座薬は使えるの?

座薬が処方されると、薬剤師さんより体温が38度くらいを目安に使用してくださいという説明を受ける方も多いです。

 

しかし、38度の発熱でも赤ちゃんの様子がグッタリとしていない場合は必ずしも座薬を使用しなくても大丈夫だと思っています。

 

反対に、同じ38度でも食欲もなくてグッタリしている場合は、座薬を使用することで数時間ですが体を楽にすることが出来ます。

 

使用するタイミングとして、寝る時間になる前に座薬を使用してあげると、寝苦しさが少し和らぐため体を休ませやすくなります。

 

あくまでも38度というのは目安ですので、座薬を使うタイミングや時間は赤ちゃんの機嫌や体調・体力の程度を観察してみて使用することが座薬のベストな使い方ですよ!(^^)!

座薬の入れ方のコツや注意点は?

座薬を使用するときの一番の注意点は、肛門や直腸を傷つけないように挿入することです。

 

初めて座薬を入れてあげる人にとっては怖いと感じるかもしれませんが、よほど乱暴に挿入しない限り傷ついたりはしないので安心してくださいね。

 

赤ちゃんの場合は、おむつ替えの時の体勢で足を上げ座薬を尖った方から挿入します。

 

赤ちゃんは肛門の異物感で力んでしまうので、一分間くらいは肛門を抑えておくと自然に座薬が直腸の奥に進みます。

 

また子どもが幼児ぐらいの場合は、ある程度横向きにすることができるので片方側を下にして横を向かせます。

 

この時に横を向いた状態で膝を曲げると、肛門が見やすくなって挿入しやすいです。

 

やはり座薬が出てきやすいので、肛門をしっかり抑えてあげたほうがいいです。

 

少し座薬が入りにくい時は、ワセリンなどを先端に塗るとスルッと入りやすくなりますよ!

座薬を使用する間隔はどのぐらい?

座薬を使ってもすぐに熱が下がらずグッタリしていると、どうしても数回使用しなければいけない場合もあります。

 

しかし、熱が下がらないからと間隔をあけずに座薬を使用すると、胃腸を痛めるなど副作用が心配になります。

 

最低でも6時間は間隔をあけて使用することをオススメします。

 

熱がピークの時は、座薬を使っても熱が下がらないこともあります。

 

熱が下がらないということは、体が免疫力を高め病気に反応して戦っているサインですので、無理に座薬を使用する必要はありません。

 

その場合は、氷枕や熱さまシートで体を冷やすなどして薬以外で対応することも大切ですね(´・ω・`)

 

まとめ

  1. 赤ちゃん用の座薬は比較的副作用が少ない
  2. 座薬には解熱・鎮痛作用のほかに便秘を改善する効果もある
  3. 座薬を使用する時間やタイミングは、熱以外にも全体的に評価してから使うと効果的
  4. ワセリンで肛門を傷つけず座薬を挿入できる
  5. 氷枕なども併用しながら座薬を使用する

 

月齢が小さいほど抵抗力が弱く、熱が出る頻度も多いです。

 

座薬やそれ以外の方法と併用することで、座薬をより効果的かつ安全に使用することができます。

 

今回紹介した座薬を使用する時の注意点を参考に、座薬を使用してみてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんの咳が続くのはなぜ?長引く時は熱なしでも病院に行くのが良い?

赤ちゃんの便秘にはマッサージと砂糖水・オリゴ糖が効果アリ?!何日続くと病院へ?

赤ちゃんの便秘を解消する正しい綿棒の使い方!頻度が多いとくせになる!?

離乳食初期の便秘解消法!食材/水分補給/綿棒で対策!何日続くと病院へ?

赤ちゃんの下痢が治らないのは食事が原因?続くなら病院に行くべき?

赤ちゃんに市販の下痢止め薬を飲ませて効果ある?副作用も気になる!

赤ちゃんの熱は何度から?風呂・解熱剤はダメ?下がらない時の冷やし方!

赤ちゃんの熱が38度も!お風呂は入っていい?手足が冷たい時の対処法!

赤ちゃんの薬の飲ませ方!シロップはスポイトで/粉薬はペースト状に!

赤ちゃんに座薬が効かないのはタイミングや量・間隔が間違ってるからなの?

赤ちゃんに座薬は何度から使えるの?効果や副作用・正しい入れ方とは!

Sponsored Links
Sponsored Links