新生児のころの沐浴を卒業して、一緒にお風呂に入れるようになると、毎日のお風呂の時間もまた楽しくなっていきます。

 

でも、まだまだ首の据わらない赤ちゃんだと、なかなかお風呂に入れるのが大変です。

 

1人で立てるようになるまでは、ちゃんと支えてあげないと浴室内は危ないです。

 

ママは片手で自分を洗って、もう片手で赤ちゃんを支えて・・・となると、とても大変ですよね。

 

ママだけ後で入りなおすのも面倒だし、部屋に赤ちゃんを1人にして、もし泣いてしまったらと心配でなかなかゆっくりお風呂に入っていられません。

 

できれば赤ちゃんと一緒にお風呂を済ませてしまいたいですよね。

 

そこで今回は、赤ちゃんのお風呂を一人でする入れ方と、赤ちゃんのお風呂グッズを紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんのお風呂の入れ方にコツはある?

実家や義理の親の実家で親と同居していたり、パパが早く帰ってくるという家庭の方もいるかと思います。

 

そうであれば、ママと赤ちゃんの2人でお風呂に入っても、先に赤ちゃんを洗ってほかの人に赤ちゃんを受け取ってもらえれば赤ちゃんのお風呂も少しは楽ですよね。

 

でも、「夜遅くまでママと赤ちゃんの2人きり」という家庭も多いかと思います。

 

冬はあまり汗をかかないのでお風呂を1日おきに入れているなど、家庭によっていろいろあるとは思いますが、多くの方は毎日お風呂に入れているかと思います。

 

私も毎日お風呂に入れたい派なので、わが子と毎日一緒に入っています。

 

赤ちゃんのお風呂を一人する入れ方の基本はこちらになります。

 

浴室、脱衣所、リビングに必要なものをスタンバイ

まずはバスタオルなど赤ちゃんをお風呂に入れるときや入れた後に必要なものを事前に準備しておきます。

 

なるべく早く終わらせたいので、できるだけ事前に準備しておくのが良いですね。

 

ママの体を洗う

赤ちゃんと自分、どちらから洗うか迷いますよね。

 

私は自分から先に洗うことをおすすめします。

 

赤ちゃんから洗ってしまうと機嫌が良くなって泣いてまったりするので、機嫌が変わらないうちにサッと自分のカラダから洗っておいたほうがいいです。

 

自分のカラダを洗っているあいだは、赤ちゃんをバスチェアに座らせておきます。

 

もし脱衣所に赤ちゃんを待たせる場合は、浴室のドアは開けておいて顔が見えるようにしてくださいね。

 

そうしないと、心配になって赤ちゃんが泣いてしまうかもしれませんので。

 

赤ちゃんを洗う

自分のカラダを洗い終わったら、赤ちゃんを抱っこしてカラダを洗っていきます。

 

片方の手で作業をするので、石鹸やガーゼなど必要なものは手の届くところにおいてくださいね。

 

湯ぶねに入る

湯ぶねに入る時は足が滑らないように注意してください。

 

赤ちゃんはのぼせやすいので、冬でも長風呂はしないほうが良いです。

 

タオルで体をふく

あらかじめ脱衣所にセットしておいたバスタオルで赤ちゃんをくるみ、自分も体をサッとふいたら、リビングへ超特急です。

 

お手入れ&水分補給

自分の着替えをすませ、赤ちゃんが落ち着いてきたらお肌のお手入れタイムです。

 

もしおなかが空いていそうなら、母乳やミルクなどで水分補給をしてあげます。

 

以上が、一人でする基本的な赤ちゃんのお風呂の入り方になります。

 

だいたい入浴時間はおよそ15分ぐらいかと思います。

 

我が子がまだねんねの赤ちゃんの頃は、お風呂が終わってから脱衣所の温度を冬の寒い時期はだいたい25度ぐらいにしておいて、そこで寝かせておいたりしていました。

 

そのあいだ私は裸で子供に服を着せたりしなければならないし、お風呂の扉を閉めてしまうと心配なので開けっ放しで入るなんてこともよくありました。

 

それはそれは・・・寒すぎです。

 

足をバタバタさせて移動したのか、脱衣所のすみっこの壁に頭をぶつけて泣いていたこともありました。

 

気になって自分のお風呂どころじゃありません・・・

 

とにかく、赤ちゃんがまだ小さい頃は色んなことに気を配らないといけないので、落ち着いてお風呂になんか入れません。

 

私はだいたい夜の遅い時間帯にお風呂に入れていたのですが、もし可能であれば昼間の暖かい時間帯に赤ちゃんだけお風呂に入れて洗ってあげて、ママは赤ちゃんのお昼寝の時間にササッとお風呂を済ませるという方法でもいいですね。

 

腰がすわってからは、私の膝で赤ちゃんの体を支えながら洗っていました。

 

これでやっと両手を使って洗うことができるようになったのですが、頭を流すときなどは赤ちゃんにお湯がかからないように気をつけないといけなくなりました。

 

赤ちゃんはじっとなんてしてくれませんからね。

 

カミソリとか、触ってほしくないものに手を出すんですよね・・・

 

夏の暖かい季節であったり、昼間の暖かい時間帯であれば、浴槽にお湯を張ればそこに赤ちゃんを座らせておくのも一つの方法かもしれませんね。

 

そうなるとママが湯船に浸かれませんが・・・。

 

やはりここは、便利なお風呂グッズを使うと少しは楽になりますよね!

 

いくつか赤ちゃん用のお風呂グッズを紹介します。

赤ちゃんお風呂グッズ① ベビーバスチェア

ベビーバスチェアはお風呂で使う赤ちゃん用の椅子になります。

 

自分がカラダを洗っているあいだ、このベビーバスチェアに座らせておけば、赤ちゃんがすべって転んだり、危ないものに触るのを防ぐことができます。

 

私がおすすめベビーバスチェアをこちらになります。

 

 

首が据わる前から使えて、セーフティバーやアンパンマンのおもちゃもついているので、ママが頭を流す少しの間なら目を離すことができます。

 

取り外して洗ったり乾かしたりできて衛生面でも安心です。

 

我が子はけっこう足が太めだったのですが、すんなり座れましたよ。

 

ただ、アンパンマンのグッズには気をつけてくださいね。

 

赤ちゃんがアンパンマン好きになって、色んなおもちゃが「アンパンマン」になりますから(笑)

 

一応「バスチェア」なので、お風呂で使う椅子になるのですが、

 

私は部屋にこのバスチェアにバスタオルをしいて、赤ちゃんに離乳食を食べさせていました。

赤ちゃんお風呂グッズ② 浮き輪

赤ちゃんの浮き輪としては、こちらの「スイマーバ」が最近はかなり人気です。

 

 

スイマーバをつけてぷかぷかと浮かんでいる姿はかなり可愛いですよ。

 

SNSを見てみると、スイマーバをつけた赤ちゃんの投稿をたくさん見かけます。

 

スイマーバは浮き輪からぬけてしまうと危ないので、ベビーバスチェアと違って目は離せませんが、こちらも少しのあいだなら両手があいた状態で自分を洗うことができます。

 

それに赤ちゃんが水に慣れてくるとすごく楽しんでくれます。

 

私もかなり早い時期にスイマーバを購入したのですが、我が子は首が太くてなかなか首につけるのが大変だったのを覚えています。

赤ちゃんお風呂グッズ③ 浴室マット

赤ちゃんは敏感なので、シャワーの音で泣き出す場合もあります。

 

また、浴室の床がひんやりしてびっくりするかもしれません。

 

その時に浴室マットがあれば足がひんやりするのを防ぐとともに、転倒防止にもつながります。

 

こちらのプーさんの浴室マットはアルファベットもプリントされているので、一緒にアルファベットの勉強をしたりして赤ちゃんとのお風呂タイムを楽しくさせてくれます。

 

 

まとめ

  1. 赤ちゃんを一人でお風呂に入れるにはまずは事前の準備が大事
  2. できるだけお風呂タイムは時間をかけずサッとする
  3. 便利グッズを使って楽しいお風呂タイムに!

 

赤ちゃんが生まれてからでも、自分ものんびりお風呂に入りたいものですよね。

 

その時はできるだけパパに協力してもらってくださいね。

 

はじめは大変かと思いますが、赤ちゃんが成長するにつれて楽になって、一緒に入るのが楽しくなってきます。

 

楽しいお風呂タイムになるようにしてあげてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのお風呂はいつまで毎日入れる?時間帯・温度や泣く時の対策とは!

赤ちゃんの沐浴で上手に背中を洗うには?時間で夜泣き予防になる!?

赤ちゃんのバスチェアは必要?使い方や口コミでおすすめのブランドを紹介!

赤ちゃんの蕁麻疹はお風呂や離乳食が原因?湿疹との違いと対処法は?

赤ちゃんが中耳炎になったらお風呂はダメ?原因・症状・見分け方とは!

沐浴で耳に水が入ると危ない?耳栓は必要?押さえ方や水抜きに注意!

Sponsored Links
Sponsored Links