赤ちゃんが口に入れるものは、何でも清潔に保っておきたいですよね。

 

中でもミルクに直接触れる哺乳瓶の消毒については特に気になってしまいます。

 

とはいえ、昼夜問わずミルクをあげたら毎回哺乳瓶をきれいに洗って煮沸消毒して乾燥させて…

 

私も赤ちゃんのためだと思ってなんとか頑張っていますが、寒い夜だと布団から出るだけでもツライのが本音です。

 

そこで調べてみたり保健師さんに聞いてみてわかった、毎回煮沸消毒をするのはいつまでなのか、すぐに乾燥させたいときのやり方や保管方法について紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

哺乳瓶の消毒が必要な時期

生まれたての赤ちゃんはママからもらった免疫を持っている、というのはよく聞く話ですよね。

 

でもその免疫力は生後3ヶ月頃までで低下してしまうそうです。

 

それからまた少しずつ免疫力が高まっていって、細菌やウイルスへの抵抗力も身についてきます。

 

私は保健師さんから、「少なくとも3ヶ月頃まで哺乳瓶はちゃんと消毒してね」というアドバイスをもらいました。

 

そうは言っても3ヶ月頃の赤ちゃんは首が座ったかどうかというくらいで、まだまだいかにも赤ちゃんだし心配だな~と感じていました。

 

そして5ヶ月を過ぎて離乳食を始めた頃には食器も全部消毒して使っていたのですが、ふと気付けば手やタオルや抱っこひも・ママの服なんかも楽しそうに吸っている我が子。

 

そんなの消毒してないよ!(笑)

 

と思ってリもしたのですが、特にお腹を壊したり風邪を引いたりすることもなく、元気に色んなものを口に入れているのを見て、そんなに神経質になる必要はないかな?と思えました。

 

6ヶ月頃には毎回消毒はしなくなり、使ったらすぐに哺乳瓶用の洗剤とブラシできれいに洗って、キッチンペーパーの上に置いて乾かしていました。

 

ときどき、マグカップの茶渋を取るような感覚で煮沸消毒をすることもあります。頻度もそのくらいです。

 

不安な人は6ヶ月以降も毎回消毒していると思いますが、その場合は、自分自身が「そろそろいいかな?」と思えた時が止め時ですね

 

赤ちゃんが色んなものを口に入れるようになってきたら無理に毎回消毒を続ける必要はないし、

まだ不安なら無理にやめる必要もないので、いつまでするかは自分と赤ちゃんに合わせて判断してみてくださいね

煮沸消毒のやり方や時間

哺乳瓶の消毒方法は主に、薬液つけ置き、煮沸消毒、電子レンジ消毒の3種類あります。

 

その中でも自宅にある鍋ですぐにできる、昔ながらの手軽な消毒方法が煮沸消毒になります。

 

煮沸消毒の基本的なやり方はこちらになります。

 

  1. 洗った哺乳瓶とかぶるくらいの水を鍋に入れて火にかける
  1. 沸騰したら3分ほど煮て、乳首・キャップ・フードを入れさらに3分煮る
  1. トングなどで取り出し、清潔なふきんかキッチンペーパーの上で自然乾燥
  1. 乾燥したらフタつきの容器で保管

 

たったのこれだけなので、ヤケドにさえ気を付ければ難しいことはありませんね。

 

プラスチック製の哺乳瓶でも耐熱温度が100度以上あればOKなので、使用している哺乳瓶の説明書きを確認してみてください。

 

哺乳瓶が複数ある場合は時間があるときにまとめて煮沸消毒しておけば、夜中の授乳が複数回になってもすぐに使えるので安心です。

すぐに乾燥させたいなら食器乾燥機が便利

煮沸消毒した後は自然乾燥をさせるのが基本ですが、外出の予定があるなど置きっぱなしにしたくないときもありますよね。

 

そんなときは食器乾燥機に入れて熱風で乾燥させてしまうというやり方が便利です

 

私が出産した産院で教えてもらった消毒方法は煮沸ではなくつけ置きでしたが、乾燥は食器乾燥機でしているとのことでした。

 

食器乾燥機が自宅にない場合は、煮沸消毒をしたらとにかく熱いうちにすぐ取り出して乾かせば、冷めてしまった時よりは乾きやすいです

煮沸消毒なら乾燥させない保管方法もアリ

私は、最初に教わった通り、煮沸消毒した後に自然乾燥させてから使用または保管、という流れが習慣になっていましたが、

 

実はそれほど時間をおかずにすぐに哺乳瓶を使うときは、しっかり乾燥させなくてもいいそうです。

 

煮沸消毒のやり方は同じで、煮沸した後に哺乳瓶を鍋から取り出さずにフタを少しずらして中の熱湯を捨て、そのまま置いておきます。

 

冷めたら水滴が残っていてもそのまま使えます。

 

濡れていたら雑菌が繁殖しちゃうんじゃないの?って私も思ってました。

 

保健師さんに聞いてみたら、哺乳瓶だけじゃなくて鍋もお湯も同じように殺菌されているから大丈夫と聞いて納得。

 

それに、ミルクを作るときに使う水も一度沸騰させたお湯ですし、湯冷ましだって同じですよね。

 

あっという間に雑菌でいっぱいになってしまうようなことはないので、すぐに使うようなときに限っては鍋の中に入れておいてもOKです

 

まとめ

  1. 最短でも生後3ヶ月までは毎回消毒したほうがいい
  2. 離乳食が始まる頃(5~6ヶ月)には洗剤で洗うだけで良いかも
  3. 早く乾燥させたいときは食器乾燥機が便利
  4. 煮沸消毒後すぐに使うならはしっかり乾燥させなくても良い

 

消毒が必要な時期はしっかりと毎回消毒して、赤ちゃんを雑菌から守ってあげたいです。

 

ある程度雑菌に強くなってきたら、消毒する間隔を広くしていけば良いかと思います。

 

あまり神経質になりすぎないことも、笑顔で子育てするコツですね!

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

赤ちゃんのミルクはいつまで?大量に吐く・黄色くなる・飲まない原因は何!?

赤ちゃんが飲む水の煮沸はいつまで必要?販売してるペットボトルのは大丈夫なの?

赤ちゃんのミルクで使う水は硬度が大事!ポットは必要?温度/量にも注意!

外出時のミルクの作り方!お湯/湯冷ましの水/哺乳瓶の消毒はどうするの?

赤ちゃんが哺乳瓶でミルクを飲まない!嫌がる原因は何?持つ角度も重要!

赤ちゃんに哺乳瓶はいつまで必要?持たせる方法や卒業のさせ方とは!

Sponsored Links
Sponsored Links