はじめての出産を経験するママには、赤ちゃんが元気に成長してくれて出産もそろそろ…という時に考えなければならないのは、里帰り出産するかどうかですよね。

 

里帰り出産した時に、お互いが気持ちよく生活するためにも事前に準備しておきたいですよね。

 

今回は、里帰り出産をした時に自分もしくは旦那さんの両親にお世話になるにあたってのお礼の方法について紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

そもそもお礼をする理由って何?

里帰り出産のお礼をする理由として一番最初に思いつくのは、お世話になることへの感謝からですよね。

 

自分の実家といっても妊娠中で体調などを気遣いながら一緒に生活するのですから、お世話になる方々への感謝の気持ちが一番かと思います。

 

他の理由としては、旦那さんへの体裁を保つということもあるみたいです。

 

これは特に私たち妊婦側の実家で里帰り出産する時には必要とされるのではないかと思います。

 

反対に旦那さんの実家で里帰り出産をした場合も、お互い気を遣いますので、お礼をしたほうが後々良いですね。

お礼で渡す金額の相場はいくら?

お礼の金額の相場については、色々調べてみたのですが、土地柄やお世話になった度合いなど色々あるようですね。

 

だいたい二人での生活費を多めに見積もると、1か月で2万円程度あたりが妥当のようです。

 

初めての里帰り出産ではなく、二人目の出産ということで上の子も一緒に里帰りさせるというときは、プラス5千円(1か月分見積もっていたりしているみたいです。

 

ということは、里帰り期間を2か月と考えると、4万円程度は見積もっておくと良いですね。

 

ちなみに私の場合、里帰り期間は約1か月半で、自分の実家に里帰りしたのですが、3万円をお礼として渡しました。

 

里帰り期間中には、赤ちゃんが産まれた後のオムツやミルク代・病院までの送迎などのお金も考慮すると、さらに良いのではないかと思います。

実家の親と義両親でお礼は変えたほうが良い?

実家にいる自分の親と旦那さんの義理の親で、お礼の内容を変えたほうが良いか悩んだりしませんか?

 

基本的には、自分の親と義理の親でお礼を変えなくても問題ないです。

 

どちらの親に世話になる場合でも、一番大切なのはお世話になることへの感謝を表すことにあるからです。

 

参考に私やママ友の経験も含めた内容を紹介しますね。

 

ママ友に聞いてみると、とにかく迷った場合は、現金かもしくは現金に贈り物をプラスして渡している人が多かったです。

 

現金のみとなると受け取る側も堅苦しくなりがちなので、何か相手が好きそうな物を贈ってあげるのも良いかと思います。

 

ママ友は洋菓子などのギフトセットのようなものを贈っていましたよ。

 

特に旦那さんの両親に贈り物をする場合は、旦那さんと相談してみるのも良いです。

 

とにかく相手の気持ちを思いやるということが大事ですね。

 

私の場合は自分の実家に里帰りしたのですが、「これからたくさんお金がかかるから・・・。」と言われ、最初は受け取ってもらえませんでした。

 

とはいえ、これは私たち夫婦を思って気遣ってくれていたので、産後落ち着いた頃にそっと現金と商品券(父の好きなビール券)を主人から渡してもらいました。

渡す時の封筒やタイミングについて

里帰り出産でお礼を渡す時は、お金をそのまま渡すよりかは、ご祝儀袋のような封筒に入れて渡したほうが良いです。

 

お礼という意味よりも生活費を渡すという意味合いが強い場合は、ご祝儀袋でなく白い封筒でも良いかなとも思います。

 

ただ、お金をそのまま渡したり、茶封筒や派手な柄の封筒で渡したりすることは、マナー違反でちょっと失礼かなと思います。

 

最低限のマナーを知っておいたうえで、気持ちよく受け取ってもらえるようにしたいですね。

 

お礼を渡すタイミングについては、実家・義両親ともに初日の挨拶時にお渡しするのがベストだと思います。

 

もしくは、無事に里帰り出産が終わって、自分の家に帰るときに渡すのも良いですね。

 

自分の実家の場合は、旦那さんから「これから宜しくお願いします。」と一言添えて渡したりすると、旦那さんの印象がグッと良くなりますよ。

 

また、実家が遠いなどで夫婦二人ではなく、単身で実家に行くこともあるかと思います。

 

その場合は、旦那さんからお礼を預かってきたと伝え、あとから旦那さんより電話を入れてもらうと、気持ちが伝わるのではないでしょうか。

 

どうやってお礼を渡したり感謝の気持ちを伝えるかは、事前に夫婦で相談して準備しておいたほうが良いですね。

 

なかなか受け取ってもらえなかったり、渡すタイミングを逃してしまっりした場合は、産後のバタバタが落ち着いたころに、お礼の手紙(子供の写真入り)と贈り物を贈ったりすると喜んでくれるかと思います。

 

遠くに住んでいる両親であればなかなか孫に会えないので、写真を贈ったりするととても喜んでくれます。

 

私の場合は、スマートフォンで撮った写真をよく親に送っていましたよ。

まとめ

  1. お礼のお金の相場は1か月2万円ぐらいが妥当
  2. お金と一緒に洋菓子などの贈り物を添えるのもアリ
  3. お礼のお金はご祝儀袋か白い封筒に入れて渡す
  4. 渡し方やタイミングは夫婦であらかじめ相談して決めておく
  5. お礼の方法は実家・義両親の性格に合わせて柔軟に対応する

 

赤ちゃんの誕生は自分たち夫婦だけでなく、私たちの親であるおじいちゃん・おばあちゃんも嬉しいものです。

 

里帰りして出産するまでの間は、産まれた赤ちゃんと一緒にみんなで幸せな時間を過ごしてくださいね。

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

里帰り出産のメリットは何?生活費や病院の予約/連絡はどうしたらいいの?

出産一時金の差額はいつ振り込みで返金される?退職後・扶養でも申請可能なの?

出産手当金をもらう条件とは?パートや扶養・申請時期が退職後でも大丈夫?

妊婦検診の補助券が余ったら換金できる?他県に引っ越し・足りない時は?

妊娠初期症状は風邪に似てる?鼻水・咳・熱・頭痛・喉の痛みはいつから出てくる?

妊娠初期のつわりはいつから?しない人はなぜ?ピークや症状について!

Sponsored Links
Sponsored Links