みかんは刃物も使わず手軽に食べられる果物の1つで、離乳食にもオススメな食べ物です。

 

ほどよく酸味や甘みがあるので、みかんが大好きな赤ちゃんも多いです。

 

しかし、あまりにも食べすぎると下痢になってしまうこともあるので、食べすぎに気をつけないといけません。

 

もちろん、初めてみかんを食べるときはアレルギーに注意が必要です。

 

初めてみかんを食べさせるときは、薄めたみかんの果汁を少しずつ飲ませることから始めると、赤ちゃんもみかんの味に慣れて食べるようになりますよ!

 

今回は、赤ちゃんにみかんを食べさせる時期や量、注意したいアレルギー症状などについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

 

赤ちゃんにみかんはいつから食べさせられる?

みかんを食べさせる時期は、離乳初期の5・6ヶ月からでもOKです。

 

離乳食初期はおかゆがベースとなりますが、おかゆ以外にも果物の果汁なども与えても全然大丈夫な時期です。

 

食べさせるみかんの量は、初めのうちはスプーン1杯から始めます。

 

「食べる」というよりみかんの果汁を「飲む」という感じですね。

 

そのままではみかんの薄皮があって食べづらいので、初めのうちは果汁だけを与えるようにしてくださいね。

 

スプーン1杯から始めて、アレルギーがないことを確認したら、徐々に量を増やしていくといいですよ!

 

みかんの味に慣れてきてからのみかんの量はとくに指定はありませんが、1歳くらいまでのあいだは1/2個分程度で良いかと思います。

 

あまりたくさんの量をあげてしまうと下痢になってしまいますので、量には気をつけてくださいね。

離乳食でみかんを与える方法

みかんはそのまま食べさせるのは、だいたい1歳を過ぎるくらいからになります。

 

離乳食初期ではまだしっかりと噛めないので、それまでは果汁を与えることになります。

 

みかんの下ごしらえの方法を紹介します。

 

  1. みかんの皮をむく
  2. みかんの薄皮をむく
  3. こし網にむいたみかん入れ、スプーンで潰して果汁を出す
  4. こした果汁を加熱する
  5. (初めての場合)白湯で果汁を薄める

 

こし網がないときは、100均でお茶をこすフィルターやこし網が売られているので、あるとすごい便利ですよ!

 

私の場合は、みかんの味に慣れてきたら少し白湯で薄めて、手作りの「みかんジュース」や「みかんゼリー」をおやつにあげていました。

 

自然な甘さがあるので、お砂糖などの調味料は入れずにできてオススメですよ。

みかんの栄養について

みかんには、ビタミンCやビタミンA、カリウムなど様々な栄養素が含まれているので、オススメの離乳食材の1つです。

 

水分や食物繊維も多いので、便秘のときには便を出しやすくする効果もあります。

 

ビタミンが豊富だと風邪予防の効果もあったり、みかんってけっこうお手軽なフルーツですよね。

 

みかんの薄皮もビタミンや食物繊維が豊富です。

 

でも、赤ちゃんのうちは消化機能が未熟で腸に負担がかかり下痢になってしまう可能性が高いです。

 

2歳くらいまでは皮はむいてみかんを食べさせるほうが良いですね。

 

2歳を過ぎても、みかんの薄皮が噛みにくいということで食べないという子も多いです。

 

果実に十分栄養があるので、無理にみかんの薄皮を食べさせる必要はないですよ(*’ω’*)

みかんにアレルギーはあるの?

みかんは小麦や牛乳に比べるとアレルギーになる可能性は低いですが、全く0%というわけではありません。

 

どんな食べ物でもアレルギーになる可能性はありますので、初めて食べる食材には注意が必要です。

 

とくに初めて食べさせるときには、万が一病院に行くことも考えて午前中にトライすることをオススメします。

 

もし、「アレルギー症状が出たけど、病院が閉まっている!」なんてことがないようにしたほうが安心ですね!

 

アレルギー症状としては、呼吸症状、消化器症状、皮膚症状などがあります。

 

もし赤ちゃんの呼吸が苦しそうな場合は、すぐに救急車を呼んでください。

 

とくに多い症状はじんましんなどの皮膚症状です。

 

じんましんがちょっと出てしばらくしても症状が悪化しない場合は、当日か翌日に病院を受診すれば大丈夫ですよ。

 

アレルギーが出るかどうかは、実際に食べてみないと分からないので不安も大きいですよね?

 

なので、少しずつ食材を与えていくことが大切ですよ!(^^)!

 

まとめ

  1. 赤ちゃんにみかんを与えるのは5・6ヶ月からOK
  2. 初めてみかんを食べさせるときは白湯で薄めてスプーン1杯から
  3. 1歳を過ぎるまでは加熱処理を行う
  4. 赤ちゃんは消化機能が未熟で下痢をしやすいので、2歳ごろまではみかんの薄皮は取りのぞいてあげる
  5. みかんは栄養成分が豊富で風邪予防や便秘予防の効果がある
  6. みかんもアレルギーになる可能性があるので食べさせる時には注意が必要

 

みかんはスーパーで手軽に手に入るし、調理もしやすいので、離乳食として使いやすいフルーツの1つです。

 

少し下痢やアレルギーに注意して食べられるようになったら、手作りのゼリーやジャムなどアレンジもできてオススメです。

 

調理法次第では色んな食感が楽しめますので、色んなみかんの食べ方にチャレンジしてみてください☆

 

今回はここまでになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

★関連記事はこちら★

離乳食食器でおしゃれで人気なのはコレ!100均/日本製/陶器/木

離乳食の開始時期が早いとアレルギーになる?どんな初期症状が出るの?

離乳食初期で下痢気味になる原因は何?食材の与えすぎ/アレルギーなの?

離乳食で初めてのヨーグルトはいつから?加熱・保存方法・アレルギー症状も気になる!

赤ちゃんに牛乳はいつから?上手な飲ませ方・与え方やアレルギー症状について!

離乳食初期のメニュー食材に野菜をプラス!玉ねぎ/白菜/大根/トマト/ブロッコリー

赤ちゃんの蕁麻疹はお風呂や離乳食が原因?湿疹との違いと対処法は?

離乳食を食べない!手作りより市販品の方が外出時も楽だし良いのかな?

夏バテで離乳食を食べない!夏野菜を使った食欲がわくメニューとは!

離乳食のおやつを電子レンジで簡単手作り!蒸しパン/チーズケーキ/かぼちゃきんとん

Sponsored Links
Sponsored Links